絶対から相対へ

ある音を聞いただけで、他の音とは独立して、その音にラベリングできる能力を絶対音感と言うことがあります。他の音との関係から音をラベリングする相対音感と対比されます。この定義に従うと、絶対音感は、音のカテゴリー弁別と、それに適切なラベリングをするという連合学習の二つの要素から成り立っているそうです。絶対音感を持つ人は、これらの能力が優れているということになります。

絶対音感には臨界期や敏感期があるとされています。ある総説論文では、絶対音感を保持する成人の87.5%が、5~6歳頃に音楽を始めており、9歳を超えて音楽を始めた人はいないとされています。大人に絶対音感のトレーニングを施した場合の成功例はないようで、5~6歳児に同じトレーニングを施して比較したところ、子どもの方がトレーニングの成果が出たという研究もあります。興味深いことに、3~4歳児だとトレーニングの成果があまり出ず、早すぎても遅すぎても絶対音感は身につかないようです。ただし、音楽の初期経験は、絶対音感を持つのに必要ですが、十分条件ではないようだと森口は言います。音楽経験の質にもよりますし、楽器の状態にも影響されるそうです。調律の乱れた楽器を使うと、絶対音感は育まれないようです。

このように、幼児期に音楽のトレーニングを受けると、絶対音感を持っているという可能性があります。ですから、幼児期から音楽をやらせた方がいいという早期教育が一部推奨されていますが、私は、逆に、では、絶対音感を人類は必要としただろうかと疑問を持ちました。絶対音感を身に付けることによって生きていく上で有利になるのだろうかと思ってしまいます。それよりも、社会で生きていく上では、それと対比される相対音感の方が必要ではないかと考えます。ですから、赤ちゃんは、絶対音感を刈り込んでいき、自然に相対音感を持つようになるのではないかと推測していました。

ある研究では、8ヶ月の乳児が、絶対音に感受性があるのかを調べたそうです。実験手続きは、馴化・脱馴化法が用いられたのですが、用いた刺激が少々複雑なのでここでは省きますが、結果、乳児は絶対音感者であるようだということが示されました。同じ実験を大人に実施したところ、絶対音感の変化には反応せず、相対音の変化に気づいたそうです。大人と乳児のコントラストがきわめて興味深いところだと森口は言います。いつまでは絶対音優位で、いつ頃から相対音優位に変わってくるかについての詳細な検討は今のところなされていないそうですが、絶対音から相対音への発達的変化には言語を聞く経験の影響が指摘されているそうです。言語音は、基本的に相対音であるため、聴覚の変化に影響を与える可能性があると考えられているようです。

このように脳という視点から乳幼児を捉えた際に、大人が持っていない知覚能力を持っている可能性が次々と示唆されているようです。しかし、大人と乳幼児の心の世界や能力が異なっているとしても、ここまでですと、結局のところ乳幼児の脳が未熟であるにすぎず、異なった能力を持つことの意義はあまりないように思えます。どうして、赤ちゃんは、大人と異なった能力を持ち備えているのでしょうか?きっと、肯定的な意味で必要だったのでしょう。

絶対から相対へ” への12件のコメント

  1.  絶対音感の存在は、早期教育の助長に貢献している部分が小さくはないのではないかと思えてきました。テレビなどで小学生が東大生に漢字をどれだけ知っているか挑戦してみたり、それこそ絶対音感を感じさせるような楽器での演奏を幼い子がしてみせたり、そういったことが取り沙汰されるのは、それはもちろんテレビだからで、よく思うのですが、それこそこの世の中にはとんでもない数の職業があり、日本だけではない世界があります。漢字を知っていたり絶対音感をもっていることはもちろんすごいことですから否定は全くしないのですが、全員が漢字博士になったり音楽家になってしまったら世界経済は回らないわけで、その子に適合した天職とも呼べる仕事に出会う為に、というよりもむしろ子どもが素直な気持ちで自分で選べるように、保育者や保護者は、本当の意味でその子の将来について適切な教育、保育を考えるべきだと思います。

  2. 5〜6歳、3〜4歳という年齢差が絶対音感のトレーニングの成果に影響があるとありました。大人にとっては1〜2年はあまり変わりのないような時間経過ですが、子どもにとってはとても変化のある期間なんだなということを感じます。「絶対音感を身に付けることによって生きていく上で有利になるのだろうかと思ってしまいます」とありました。やはりこのようにそもそも考えるということが大切なんだなと考えさせられました。「絶対音から相対音への発達的変化には言語を聞く経験の影響が指摘されているそうです」とありました。ちょうど今読んでいる本で、人と動物の絶対音感について書かれてあったので、ブログの内容とリンクして驚きました。動物は言葉ではなく、音で人の声を聞いているので、犬などは名前という言葉に反応している訳ではないとありました。まさに、藤森先生の考えておられるように、人は生きていく上で、絶対音感を必要としていないということが分かる内容でした。だからこそ、「赤ちゃんは、絶対音感を刈り込んでいき、自然に相対音感を持つようになるのではないかと推測していました」ということになるのですね。

  3. ゛3~4歳児だとトレーニングの成果があまり出ず、早すぎても遅すぎても絶対音感は身につかない゛とあることは、とても興味深いものがあるなと思いました。5~6歳ごろと言えば、就学前頃で、言語面の発達もより、言語の量も増し、会話のなかにも相手のことを考えるような話かたが見られているような姿が浮かびます。絶対音感は脳内で刈り込まれたはずの人がもつ力で、生きていくなかで活用することが難しく、社会のなかで生きるための力として、必要性に欠けていたことにより、ある時期のトレーニングによりという研究結果があるのかと考えることができました。それが、脳内で刈り込まれた絶対音感としての能力は、脳のメモリーのようなところから消えていくのは、9歳ごろということにつながるのかなと思えました。
    また、゛いつまでは絶対音優位で、いつ頃から相対音優位に変わってくるかについての詳細な検討は今のところなされていない゛とあり、赤ちゃんの頃は、絶対音感をもっており、社会で生きていく上で、必要な相対音感を能力としてもつようになると考えられ、発達のなかでの多様な関係が持たれるなどの要因が脳内にあるシナプスの活性化に働きかけるような気がします。

  4. 絶対音感を保持する成人の87.5%が、5~6歳頃に音楽を始めているのに対し、「9歳を超えて音楽を始めた人はいない」や「3~4歳児だとトレーニングの成果があまり出ず」とあり、早すぎても遅すぎても絶対音感は身につかないのは興味深いですね。しかし、効果があるのが5〜6歳ごろと断定されてしまうと、その時期の早期教育を助長する傾向が出てしまう気がします。「絶対音感を人類は必要としただろうか」という藤森先生の疑問が印象的でした。もちんん持っていることで職業柄であったりとメリットがあると思いますが、生きていく上ではそこまで不自由ないものだと思えます。また、8ヶ月の乳児が、絶対音に感受性があるのかを調べた研究の結果、「乳児は絶対音感者であるようだということが示されました」とあり、驚きましたが、藤森先生の推測にあった「赤ちゃんは、絶対音感を刈り込んでいき、自然に相対音感を持つようになるのではないか」がよりしっくりきました。乳児期に絶対音感があることには、人類が生きていく上でとても意味があったからだろうなと思えます。

  5. 〝絶対音感を人類は必要としただろうか〟という藤森先生の見解は衝撃的でした。絶対音感はテレビで見たことがあり、その時は「すごい」と憧れにも近いことを思いましたが、そう思うのではなく「本当に必要なのか」という疑問を抱くところが見方の違いなのだと思いました。
    そして、生きていく上で必要のないものが刈り込まれていく過程において、〝言語音は、基本的に相対音である〟という根拠があり、相対音の方が生きていく上で必要な能力であることが明らかです。絶対音感を持っていないので、持っている人がどのように音や言語を聞いているのかという興味が湧きました。

  6. 絶対音感も個性の一つであると思っていましたが、幼児期での音楽との触れ合いによって刈り込みがなされなかった一つの能力というようになるのでしょうか。人には多くの個性が存在しますが、それらすべてが乳幼児期での経験からくるものであるならば、それらの刈り込みが影響してくるといいことなんでしょうね。絶対音感をつけさせようという大人の意図よりも先に、絶対音感を楽しめる人材にすることが先決であると思ってしまいますが、絶対音感を身につけられる時期が限られているとなると、よくわからないけどピアノを習わせておこうという判断もわからなくはないです。ただ、その後生きる上で、多くの支障をきたすものであるなら考えようですね。

  7. 「絶対音感」と聞くと持って生まれた才能と思っていましたが、今回のブログを読むと、そうでもなく、環境によって身につくものなんですね。持つことで良いか悪いか?どちらかいいか分かりませんが、職場で持っている職員に聞くと、日常の音に対して敏感に反応して、ずれていたりすると気になってしまうと言っていました。
    乳児は絶対音感があるという結果には驚きましたが、しかしいつからか相対音感に変わってしまうということは、やはり必要がないから刈り込まれたということでしょうか。何となく思ったことは、乳児の時には母親の声をずっとお腹の中で聞いていた分、母親の声の質、トーンなどが染み付いて、結果的に聞き分ける事ができのかな?と思いました。実際はどうなのか分かりませんが、やはり生存戦略に少し関係があるのでしょうか・・・。

  8. 「絶対音感を身に付けることによって生きていく上で有利になるのだろうか」という疑問にはなにかハッとさせられるような思いになりますね。絶対音感を持っている方がいいのでは、早期に音楽に触れさせていたらいいのではと瞬間的に思うところはあります。しかし冷静に考えてみるとどうなのでしょう。生活の中で聞く音、全てがこれはなんの音とわかるのはすごいですが、そこから逃れられないと考えるとそれはそれで苦しいのでしょうね。「赤ちゃんは、絶対音感を刈り込んでいき、自然に相対音感を持つようになるのではないか」とあるようにこれが自然の刈り込みなのですかね。

  9. 脳の内容が続いていますが、絶対音感や言語の刈り込み。つい私たち大人は自分が持っていない能力を子どもたちが持っているといかに素晴らしいかということを考えてしまいます。しかし、実際のところうまく刈り込めていないと考えるとちょっと考えてしまいますね。とくに絶対音感は実際に身近に話題が出てくる機会が多いですし、それを持っていることがとてもいいことのように感じます。しかし、社会に生かす能力としては絶対音感が本当に必要なのかと考えるとそうでなく、相対音感のほうが確かに必要な能力なのだと思います。絶対音感も脳の刈り込みにおいて残された能力というのを改めて感じました。人は社会に適した必要な刈り込みをしていると考えると、自然と残っていくものには必ず意図があり、必要なものであるのだと思います。発達と同じですね。大人の考えが子どもにとっては大きなお世話なことは多いのかもしれません。

  10. 絶対音感。音楽に親しみを持つ私としては、この絶対音感に関心があります。絶対音感を持つ人と、私のような相対音感で生きている人、とこでどう違ってくるのか。「早すぎても遅すぎても絶対音感は身につかないようです。」とありましたが、絶対音感はやはり身につくもの、のようです。しかし、今回のブログの後の方では「乳児は絶対音感者であるようだということが示されました。」から、「身につく」というよりも、持って生まれてきた才能、ということが言えるのでしょう。私自身も含めて人間は基本、その頃は「絶対音感者」であった、ということでしょう。そして藤森先生曰く「赤ちゃんは、絶対音感を刈り込んでいき、自然に相対音感を持つようになるのではないかと推測」、これが正しいような気がします。絶対音感保持者は、この刈り込みがうまくいかなかった方ということで、その刈り込みをうまくいけなくした原因は一体何だろう?と思うのです。刈り込みを阻止する環境の存在?いろいろと考えを巡らせるとおもしろいですね。

  11. 絶対音感の話を聞いて、自分の考えを改めるいい機会になりました。正直、絶対音感を持っている人に憧れを抱いています。音の違いを聞いただけでわかったり、音楽自分で奏でたりと自分にはできないことができ、一芸にもなっていいなと思っていました。しかし、それは人類の歴史や、生命の維持に必ずしも必要かと言われれば、確かにそうではないような気がしてきます。社会で生きていく上では、それと対比される相対音感の方が必要ではないかとあり、他者と協力して生きてきた人間にとって、周りを見る、聞いて比較するといったことは大切な力ですね。
    音楽は小さいころからやっておかないといけないなんてよく言われていますが、絶対音感を保持する成人の87.5%が、5~6歳頃に音楽を始めており、9歳を超えて音楽を始めた人はいないと、こういった研究結果があるんですね。そういう意味で音楽を始める時期って大切なんですね。これも、脳が変化する時期にということになるのでしょうか。子どもの発達をとらえることがやはり大切なんだなと感じました。

  12. 小学校の時に、家にあるキーボードで遊んだことがきっかけでピアノをずっと触っていた時期がありました。楽譜を読むのはあまり得意ではありませんが、そのおかげで簡単な曲なら聞くと少し弾けたりします。そのおため、大学でもピアノでつまずくことはなかったので、良かったなと思います。今回のブログから人間にとって、絶対音感よりも相対音感が必要性があるということを知ることができました。幼いころから音楽を始めることが音感を身に着けるために必要で、保育の生活の中で楽器や歌を使う場面がありますが、しっかりと調律を合わせることが必要だと考えたことがあります。しかし、人間にとって相対音感を身に着けることの方が必要だとすると、必ずしも調律が合っていなくてもありなのかな?とも思いました。私は、歌や楽器が好きなので、保育の中で子どもたちが音楽を楽しめるような環境を作っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です