臨界期から敏感期へ

脳に関する話題のひとつとして、脳の臨界期ということが、特に早期教育を勧める人たちの話題によく載っていたことがありました。しかし、この臨界期という言い方は、その意味からして誤解を生じやすく、強すぎるということで、最近は、特に人間の行動などを対象にする場合、敏感期ということが多くなってきているそうです。敏感期は、臨界期ほど厳密なものではなく、ある時期が他の時期よりも経験の影響が大きい時期であり、ただ、その時期の影響は永続的で非可逆的であるとまでは言えないというもののようです。

知覚の刈り込みについて例に出した顔知覚は、生後1年頃までに、経験の影響で起きることから、顔知覚の発達の敏感期と言えます。しかし、臨界期とは言えないそうです。杉田博士がこの点を、ニホンザルを対象にした研究から検討しているそうです。この研究では、サルの乳児は誕生後6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月のいずれかの期間、あらゆる顔を見る機会がありませんでした。一方、顔以外の、色や形などを見る機会は与えられました。顔遮断期間後、サルたちは、1ヶ月間ヒトの顔、もしくはサルの顔のうち、一方だけ見る機会を与えたそうです。1ヶ月経過後に、ヒト・サルの顔が弁別できるかを検討したそうです。その結果、いずれのサルも、顔遮断期間後の1ヶ月間で接した種の顔のみ弁別ができたそうです。

たとえば、6ヶ月の顔遮断期間後に1ヶ月間サルの顔のみ見ていたサルは、その後ヒトの顔に接する機会が与えられてもヒトの顔は弁別できなかったのです。そして、興味深いのが、最初の遮断期間の長さは何ら影響がなかったという点でした。つまり、生後6ヶ月間顔を見ないでも、24ヶ月間顔を見ないでも、顔に弁別能力は変わらなかったのです。遮断期間後の最初の1ヶ月間が重要だったのです。

この研究では、サルは遮断期間でも、顔以外の色や形などを見る機会はあったので、知覚の刈り込みにおける敏感期は、視覚経験が始まってからの期間ではなく、顔に接してからの期間であることが推測されるのです。色や形の情報を処理する脳領域と、顔を処理する脳領域が異なるために、このようなことが起きるのではないかと森口は考えています。

では、言語発達の敏感期はどうなのでしょう。オオカミに育てられたとされるカマラとアマラなどの事例報告から、言語発達には臨界期があると主張する人がいるそうです。研究者は、そのような解釈に慎重だそうですが、ものごとを批判的に見ることができない人たちがその節を流布しているようだと森口は言います。彼らは、オオカミに育てられた子どもたちは言語を発達させられなかったので、生後数年間の経験が重要だと主張しているそうです。このような主張は、鈴木博士の著書「オオカミ少女はいなかった」などで明確に反駁されているそうです。生後数年間の言語入力が言語発達において重要なのは、間違いありませんが、オオカミに何年間も人間が育てられることはありませんし、このような逸話を根拠に早期教育を勧めるのは感心できないと森口は警告しています。

彼は、言語発達の敏感期についての根拠ある研究は、脳損傷の研究だと考えています。多くの人において、言語を処理する脳領域である言語野は左半球にありますが、早期の左半球の損傷は言語機能の発達に影響を与えるのかどうかの研究があるそうです。