早期教育の間違った根拠

ある刺激に対して通常の感覚だけでなく、異なる種類の感覚をも同時に感じてしまう人が現在数パーセント程度いるということは、初めて知りました。そんな人がいるのですね。しかし、本人は、それを特に他の人とは違うという認識が薄いために、私たちは気づかないのかも知れません。しかも、その共感覚は、乳幼児期には、成人期よりも見られるのですが、生後の経験によってそのネットワークの中で必要な部分は残り、そうでない部分は刈り込まれていくのに対して、共感覚者では、この刈り込みがうまくいかないために、残ってしまっていると考えられているようです。

そして、この共感覚には音と色という、聴覚と視覚のつながりにおいて見られるのですが、形と色についても研究されているようです。その結果、生後2ヶ月の乳児には赤色や緑色と図形の形に関連する共感覚が存在し、また、3ヶ月で黄色や青色と図形の形に関連する共感覚が存在し、その後8ヶ月頃までに消失するということがわかったそうです。その結果を受けて、森口は、「乳児は、大人とは全く異なる、色と形に満ちた、ありありとした世界を見ているのかもしれません。これもまた、“異なる乳幼児”の証拠のひとつであると言えそうです。」と語っています。

次に、脳機能の発達を考える上でよく論じられるのが「臨界期」と「敏感期」の問題です。しかし、森口が危惧するように、この発達は、早期教育などの間違った根拠に使われることが多く、理解が難しいところです。まず、「臨界期」とは、「個体の一生の中である経験の効果が他の時期に見られないほど大きく、永続的で、非可塑性的である時期、すなわち、後に改変・修復ができない時期」のことを指します。このことを示した古典的な研究は、ローレンツ博士が示した刷り込み現象、いわゆるインプリンティングと言われているものです。“生後間もないハイイロガンの雌のヒナが、生まれて初めて見た人間を母親と認め、よちよち歩きでどこへでもついてくるようになった…“という有名なものです。

また、臨界期の例のひとつに、ノーベル生理学、医学賞を受賞したヒューベル博士とウェーセル博士のネコの視覚を対象にした研究があるそうです。それは、生まれたばかりのネコの片眼を遮蔽し、遮蔽期間の長さの影響を調べたものです。その影響は、生後3~4週から15週くらいまでの間にネコの目を遮蔽したときが強く、それ以降遮蔽してもその影響はほとんどなかったというものです。生後数ヶ月間の経験が、視覚の発達に不可逆的な影響を与えることを示唆したというものです。この結果は、先天的に白内障を患っている人たちの視覚機能を考える上で非常に重要な研究だそうです。

このような研究があるのですが、実際には厳密な意味での臨界期は、ほとんどないそうです。この挙げた例の場合、生後数週間から3ヶ月くらいまでが臨界期ということになりますが、その期間の間に両眼とも遮蔽し、その後両眼に光刺激を与えた場合には、両眼ともに視覚に問題を抱えないそうです。つまり、臨界期が言うような生後数ヶ月間という期間だけが重要なわけではなく、眼が機能し始める時期に、片眼だけ用いているという点が重要だと言います。様々な工夫をすることによって、その時期は操作することができるというのです。

そんなこともあって、臨界期という言い方は強すぎるということで、最近は、特に人間の行動などを対象にする場合、敏感期ということが多くなっているそうです。