異なる種類の感覚

乳児における知覚の感覚間協応には、三つの考え方があります。一つ目は、個々の感覚が発達とともに協応していくというもの、二つ目は、新生児は生まれながらに感覚間協応を備えており、その能力の精度が向上するというもの、三つ目は、知覚の発達とは、生後まもなく複数の感覚が協応して働くというような超感覚的な状態から、視覚や聴覚などの個々の知覚に分化していく過程であるというものです。

共感覚とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる現象のことです。共感覚者は、数字を見たら色を感じたり、音を聞いたら色を感じたりするそうです。以前は、このような共感覚者は非常に限られた人だけが持つ特殊な能力だと考えられていましたが、現在は数パーセント程度の人が共感覚を持っていると見積もられているそうです。詩人の宮澤賢治も共感覚者だったという逸話が残っていますし、森口の知り合いでも、音楽に携わっている方の中には、共感覚者の方が多いという印象を持っているそうです。共感覚者が「数字を見たら色を感じる」と述べたところで、周りの人間には理解できないので、共感覚者は肩身の狭い思いをするようです。しかし、最近の脳研究の進展、特に、脳活動を画像化できるfMRIなどのおかげで、共感覚は客観的に検討可能になったようです。

共感覚にも様々な種類があるそうですが、ある研究で、言語音を聞くと色を感じる共感覚者の脳活動を計測したそうです。言語音を聞くと、それに関連する脳領域が賦活するのは当然ですが。もし共感覚者が言うように色を感じているのだとしたら、色知覚と関連する脳領域も賦活するはずです。この研究の結果、共感覚者においては、言語音を聞いたときに、色知覚と関連する視覚領域が活動することが明らかになったそうです。重要なのは、統制群として参加した共感覚を持たない大人において、そのような脳活動が見出されなかった点だそうです。このように、脳画像の結果を証拠として提示することで、私たちは共感覚者の心の世界を理解することができるのではないかと森口は言います。

共感覚において発達研究が大事なのは、なぜ共感覚が起きるのかという問題に踏み込めるためだと言います。それには、いくつか仮説が提唱されています。有力なのは、脳の刈り込みに関係する仮説だそうです。発達早期には、脳内のニューロン同士は広範なネットワークを形成するのですが、生後の経験により、そのネットワークの必要な部分は残り、そうでない部分は刈り込まれます。共感覚者では、この刈り込みがうまくいかないため、通常であれば、刈り込まれるはずの視覚と聴覚のつながりなど、感覚間のネットワークが残ってしまい、共感覚が生じるのではないかという考え方です。

もう一つの考え方は、脳の他の領域との関連を強調する説だそうです。この仮説では、刈り込み仮説と同様に、感覚間のネットワークが刈り込まれず、残っていることが前提となっています。ただし、ネットワークが残っていても、非共感覚者の場合は、前頭葉などの領域からそのネットワーク間の情報のやり取りを遮断する、抑制信号が出されているため、共感覚のような現象が起らないというのです。一方、共感覚者の場合は、その信号が出されていないため、感覚間の情報のやり取りがなされて、共感覚を経験することになると考えるのです。