顔の弁別

最近の研究では、6ヶ月程度の乳児は母語以外の発話音も弁別できるのですが、6ヶ月から12ヶ月の間に弁別できなくなることが示されています。これだけ聞くと、母語以外の言語に対する感受性が低くなっているだけのようにも思えますが、この期間に母語に対する感受性が高まることも報告されているそうです。つまり、母語に含まれる音の弁別は得意になる一方で母語以外の音の弁別は苦手になると言うのです。

近年は、ERPを用いた実験もされているそうです。これらの研究でおもしろいのは、ERPを指標にした場合、11ヶ月児でも母語以外の言語に含まれる音を弁別している点だと森口は言います。つまり、行動実験の場合は、10ヶ月程度の乳児は母語以外の言語の2音を区別できないのですが、ERPを用いた研究では、11ヶ月児が母語以外の音を弁別していることになるのです。つまり、行動実験では検出できないことも、脳波を用いれば検出できることがあるようだというのです。

このような知覚の刈り込み過程は、顔認識にも見られます。これについても、一時期テレビなどでも紹介され、ブログなどでも紹介したように、サルの顔の区別についてです。これについて森口はこのように紹介しています。

ある国際学会のパーティに参加したとします。そこで、アメリカ人が紹介され、談笑したとします。次の日、別の場所でその人とすれ違ったのですが、その人が昨日談笑した人であるかは確証が持てません。一方、国内学会の懇親会で、日本人が紹介されたとします。すると、次の日に喫煙ルームでその人に出会った際には、その人と容易に認識できます。このように、私たちの顔認識は、自分がなじみのあるカテゴリーには強いのですが、なじみのないカテゴリーには弱いことが知られています。この現象自体は古くから知られていたのですが、最近の研究が示したのは、これも刈り込みの結果だということです。

最初に示されたのは、他種効果だそうです。サイエンス誌に掲載されたパスカリス博士らの論文で、発達研究者には衝撃的な内容だったそうです。この研究では、サル条件と人条件があります。サル条件では、6、9ヶ月の乳児が、一枚のサルの顔写真を提示されました。その写真に馴化した後に画面が変わり、その写真と、新しいサルの顔写真の2枚が提示されました。古い写真と新しい写真が対で提示されるわけですから、サルの顔の弁別ができているとしたら、乳児は新しい写真をより長く見るはずです。ヒト条件では、サルの代わりに人間の顔写真を使います。

その結果、6ヶ月児は、ヒト・サルいずれにおいても、新しい顔を長く見たのです。サルの顔もしっかりと弁別していたのです。一方、9ヶ月の乳児は、ヒト条件では新しい写真を長く見たのですが、サル条件では古い顔も新しい顔も同程度見つめたそうです。この結果は、6ヶ月児はサルの顔を弁別できるのですが、9ヶ月頃までにその弁別能力を失うことを示しているのです。また、大人を対象に同じ実験を行なった場合、サルの顔を弁別することは出来なかったのです。どうやら、幼い乳児は、人間以外の動物の顔を区別することができるのですが、音声知覚同様に、1歳頃までに人間の顔だけを区別するようになっていくようです。

以前ブログで書いたように、年齢が上がるにつれてできなくなることもあるのだと私は思っているのです。