異なる乳児

森口は、脳研究に関する新しい方法論を通じて、乳幼児の心の世界についての新しい像を描いてみたいと考えます。そのヒントは、シナプスの刈り込みや、脳機能発達に関する相互作用説にあると言います。これらの理論や証拠によれば、脳には出生後様々なネットワークを作り、その後必要なものだけを残すというプロセスがあります。これは、乳幼児が、ある刺激や課題に対して大人とは異なる脳領域を活動させて情報を処理していることを意味していることになるそうです。ということは、乳幼児の心の世界は、私たち大人が想像し得ないような、大人とは異なった世界がある可能性があるということになります。

近年、この点に関して興味深い知見が得られています。有名な本では、ブログでも取り上げた日本では、2010に発行されたアリソン・ゴプニック著「哲学する赤ちゃん」です。この本の中では、赤ちゃんは、大人の未熟な存在ではなく、全く別な、もしかしたらある側面において、大人よりも優れた能力を持っていて、賢い生き物かもしれないと言うことが書かれてあります。ですから、この赤ちゃんから大人は学ぶべき事があるのではないかとさえ言っています。かつては、乳幼児の中に、「小さな大人」としての能力を探していました。しかし、脳研究に着想を得た新しい研究によると、乳幼児は大人が持たないような能力や認識を持っている可能性があると言われています。このような乳幼児観を、森口は、大人とは異なった心の世界を持つ、「異なる乳幼児」観と呼んでいます。

では、何がどのように異なっているかを考えてみます。特に、森口は言語音知覚の発達について考察しています。これについては、私が一時講演で話していたことですが、一般的に日本人は英語の“L”と“R”の弁別が得意ではありません。これは、日本語がLとRを区別して発音しないためです。このこと自体はそれほど不思議なことではありませんが、興味深いのは、日本人の乳児はLとRの区別ができるという点です。どうやら、乳児は生まれてから半年ほどはどのような言語であれ、発話音を音声カテゴリーによって弁別することができ、生後1年ぐらいで、養育環境で耳にする言葉以外の弁別が出来なくなると言うのです。

乳児は、どこで生まれてくるかを自分で選ぶことができません。日本人がアメリカで生まれ育つことがありますし、エジプトに移住することだってあります。そのため、乳児は生まれてきたときはどのような音声も弁別できるような聴覚を持っており、生後の経験によって自分にとって必要な言語、日本で育つのであれば、日本語に聴覚が適応していくのだと考えられているのです。これは、脳の刈り込み過程を反映していると思われます。まずは、広範なネットワークを作り、どの言語にも対応できるようにしておきながら、特定の言語に適合するように刈り込んでいくのです。

これの研究でよく用いられるのが、ヘッドターンパラダイムです。スピーカーから連続で音が発せられるのですが、ときどき発せられる音が変化します。その際に、乳児は頭を特定の方向に回転させるとご褒美がもらえるというものです。この方法によって、最初の音と途中で出る音を区別していることが推察できるのです。

実験の結果、6ヶ月程度の乳児は母語以外の発話音も弁別できるのですが、6ヶ月から12ヶ月の間に弁別できなくなることが示されたそうです。