2017韓国三日目午後3

日本では、選挙結果が自民党の圧勝でしたが、実際には幼児教育に関して今後どのような政策がとられていくでしょうか?今年の五月に政府は、経済財政運営の指針(骨太の方針)で、幼児教育と保育の早期無償化を明記する方針を示しました。そして、財源については歳出削減や税、新たな社会保険を対象に、年内に結論を出すと言っていました。高等教育については「人材投資を強化するための改革のあり方も早急に検討を進める」との表現にとどめ、6月2日の経済財政諮問会議での議論を踏まえ、9日に閣議決定すると言っていました。

文部科学省は今年の9月27日、日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、中国、韓国の7か国の教育状況を統計データで示しています。それは、「諸外国の教育統計」平成29年(2017年)版として公表したものです。そこでは、高等教育在学者の人口千人あたりの人数は、韓国が63.8人ともっとも高く、日本は23.4人と中国についで2番目に低いことが明らかになっています。

また、私立学校の割合について、幼稚園や保育所などの就学前教育では、「日本」73.9%、「アメリカ」30.8%、「イギリス」(初等中等学校も含む)6.0%、「フランス」12.3%、「ドイツ」65.2%、「中国」52.5%、「韓国」79.2%ということで、韓国が一番多いようです。韓国では、私たちが何園か見学したところのような企業所内保育園は、財団のような私立が運営しているので多くなるのかも知れません。ちなみに日本は韓国についで多いようです。しかし、私立小・中学校となるとその割合は日本がもっとも低くなります。それが、また大学や大学院、短期大学などの高等教育になると、「日本」74.5%、「アメリカ」27.6%、「イギリス」0.1%未満、「ドイツ」6.7%、「中国」23.0%、「韓国」80.3%となり、日本は韓国についで2番目に高くなります。なお、フランスは、「私立大学」は学位授与権が認められていないそうです。

今回の韓国就学前教育施設見学の最後の園は、公立園を見学しました。この園は、ちょうど私の園のように地下一階から地上四階までの園でした。しかし、他の園同様、全体はゆったりした作りになっているのですが、各保育室は何か窮屈そうに見えます。もちろん、各保育室には領域毎の教具、教材は色々と工夫されています。ここで、初めて見たおもしろいごっことして、映画撮影ごっこセットがありました。撮影用カメラの他、メガホンや撮影スタートの合図に使うガチンコがありました。また、ある部屋のは電子黒板が置いてあり、パソコンのタブレットのような使い方をするそうです。

ランチルームも整っていて、そこで子どもたちがおやつを食べていました。メニューはジャガイモをふかしたものでした。食べるときに、子どもたちは低い座卓でどう食べるのかと思っていたら、多くの子どもたちはあぐらで食べていました。韓国では、男女ともあぐらや立て膝で座るのが正式のようです。

今回韓国の施設見学で今後の課題について考えたことは、私が最近一番大事にしたいと思っている「子ども同士の関わり」のあり方の気がします。保育室が年齢別に仕切られている形態は、小学校のように保育者が子どもたちに一斉に何かを教えることが多いことを表わしている気がします。空間的環境、物的環境が整った後、人的環境をどう用意するかという点が、韓国では次の課題の気がしています。

2017韓国三日目午後3” への8件のコメント

  1.  「高等教育在学者の人口千人あたりの人数」において、また、「就学前教育」「大学や大学院、短期大学などの高等教育」においても韓国が最も高い数字を表しています。この度の韓国報告で、その理由がなんとなくわかるような気がしてきます。子育て支援や、ヌリ課程、子どもを育てるということへの投資がとても行われいてるイメージです。「現在、幼児教育に各国力を入れるべきだと主張し、現在の保育に警告を出し、教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること、そしてそれを先導しているのがOECDです。」10月28日のブログに書かれていることが思い出され、それを実践している、ということになるのでしょうか。日本は、このような韓国をはじめ、各国の姿を見て、どのような方向へ進んでいくのか、とても興味が湧きます。
     「映画撮影ごっこセット」これにもまたとても興味が湧きますね。素敵な発想だと思いました。このような着眼点でごっこゾーンを盛り上げていくのですね、とても参考になります。

  2. 高等教育在学者の数は日本は少ない方から数えた方が早いんですね。日本はもっとたくさんいて、世界でもその数は上の方だと勝手に思っていました。一方で韓国は世界で最も高いということで、今回の報告を読みながら、その要因を考えていくと、子育て支援事業やオリニジップ内の環境などなど、たくさんの投資がされていて、そのことが少なからずも影響を受けているのかも…と勝手に考えました。そして〝高等教育在学者数〟にも表されている通りに小さい頃からの「学ぶ気持ち」が大きくなっても失われていないことを世界はどのように捉えていくのでしょうか。そして、幼児教育と保育の無償化に取り組んでいくであろう日本は、お隣の韓国のこの状況から何を学び、今後どのような動きをみせていくのか、注意してみていかなければなりませんね。

  3. 今回の選挙で自民党が「幼児教育と保育の早期無償化を明記する方針」を挙げていましたが、最近ネットニュースでその方針が覆る傾向にあるのではないかと取り上げていました。今後の動向が気になるところです。
    高等教育在学者の人口千人あたりの人数で1位の韓国とワースト2の日本の差がすごいあって驚きました。また私立の割合は、『フランスは、「私立大学」は学位授与権が認められていない』など、各国での私立の立ち位置にもよりそうですが、韓国はこちらでも1位なのですね。今までの韓国報告から子育て支援や教育にとても力を入れている国であるように感じたので納得のいく思いです。
    「映画撮影ごっこセット」など、凝ったごっこ遊びグッズはとても参考になりますし、子どもたちの盛り上がってる姿が容易に想像できます。ごっこ遊びをより発展させていくためにも良いかもしれませんね。

  4. 「高等教育在学者の人口千人あたりの人数は、韓国が63.8人」とあり、日本との違いにも驚きました。韓国の中ではそれだけ高等教育を受けるという事が重要な社会になっているのですね。また、私立学校の割合の多さも驚きました。韓国と日本では各国と比較して断トツに多い割合になっているのですね。ドイツの少なさにも驚きますが、イギリスの数字はどういう事なんだろうとなかなか気になってしまうような数字です。この数字は国がどれだけ教育を重視しているのかという表れでもあるのでしょうか?映画撮影が体験できるごっこゾーンはおもしろいですね。様々な職業が体験できるようなごっこゾーンというのはおもしろいですね。私たちも園の環境を考える上でとても参考になる、刺激になる環境が韓国にはたくさんあるということを感じます。

  5. 「諸外国の教育統計」でだされた高等教育在学者の割合や私立学校の割合など、日本や韓国の教育へ関する考えかたが今後どのように変わっていくのかが、ヌリ課程によって見えてくるように思います。世界的に乳幼児保育の形が変わってくることを感じます。また、環境のごっこ遊びにある映画撮影ごっこセットは面白いですね。普段、見ることが少ない場面を子どもがどのようにつかい表現しているのか、楽しめそうな環境ですね。お楽しみ会もあることから、345歳のごっこへ撃あそびができるように舞台に見立てたものや小道具を用意すると、自然に遊びを始めます。劇は、年齢別でするのですが、遊びのなかでは、もちろん異年齢です。しかし、そこでのメリットは大きく、読むひとや役になるひとを読める人が読む役になったり、上の子がしたのクラスの劇をするので、それを見る機会になっています。こうした子ども同士の関わりが時間がある行われる環境があることが質の高さを向上させるのかなとも思いました。

  6. 高等教育在学者の人口が韓国が一番多いわけですが、意外だったのは日本が下から二番目に低いということです。自分の周りに高校に行った事がない人がいないので、てっきり多くの人が在学していると思っていました。ちょうど韓国で地震が起きて受験が大変な事になっているニュースを見ました。やはり高校、大学と学歴をかなり重視しているという事でしょうか・・・。しかし藤森先生が課題を感じた「子ども同士の関わり」という部分は韓国だけでなく、日本でも課題のはずです。しかし教育に熱心な韓国ならば、「子ども同士の関わり」が重要と分かれば、すぐにでも実践しそうな気がします・・・。

  7. 映画撮影ごっこのように、その園の独自性から塗り課程を環境として用意していくというところもあるようですね。今の時代、ユーチューバー撮影ごっこセットのようなものも出てくるのかもしれませんね。また、「私立学校の割合について、幼稚園や保育所などの就学前教育」では、日本は韓国に注いで2位となっているということで、画一的教育が未だ根付いていることが理解できます。それを脱却するには、政府による「幼児教育と保育の早期無償化」というものが、乳幼児教育に関心を寄せる大きなきっかけになってくれることを願っています。

  8. 「高等教育在学者の人口千人あたりの人数」の調べというのは意外でした。高等教育に進む割合というのは乳幼児教育も大きく関わってくるのでしょうか。やはり、質の良い保育を受けた子どもというのは学歴が高く知能も高いという結果が出ている中でこうした結果が出ているというのは興味深いですね。国がどれだけお金をかけるかという問題もあるとは思いますが、さまざまな理由がありそうでさね。映画セットもなかなか興味があります。最近は家庭でそれぞれ動画を撮れることからそういったゾーンが設けられるているのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です