脳研究

乳児の能力を測るために、実に様々な方法を考え出すものですね。そのうちいくつかは、園でもやってみたくなります。幼児健忘についての研究ではこんなのもあります。研究者らは、幼児が、記憶時に持ち合わせていなかった語彙を用いて、言語的に再生することができるかどうかを調べたそうです。例えば、「ボール」などの語は、言語再生に必要な語彙なのですが、これらの語彙を記憶時に持っていなかった子どもで、テスト時にその語彙は持っている子どもが、テスト時に使用するかを調べたそうです。その結果、そのような例はひとつもなかったということのようです。つまり、幼児は、記憶時に持ち合わせていなかった語彙を、テスト時に獲得していたとしても、その語彙を使用して記憶を再生することはなかったということになります。もちろん、この研究からは、「言語再生しない」のか、「言語再生できない」のかはわからないのですが、非常に興味深い研究だと森口は言っています。

幼児健忘については、まだ研究の数が十分でなく、今後の研究の進展が待たれる状況だそうです。長期記憶の研究は、かなりの時間と労力を要するので、研究が進展しづらいのですが、非常に興味深い研究領域と言えるので、この問題に興味を持って取り組んでくれる人が増えればいいと森口は思っているそうです。

最近の乳幼児についての海外の研究が、来年から実施される保育指針の改訂に大きな影響を与えています。その一つが、脳の機能の拡大についてです。神経学の研究は、20世紀以前から報告されてきました。それが、20世紀末に開発された脳機能計画によって、最近、急速に進んでいるようです。もちろん、今では、心を生み出しているのは胸にあるのではなく、脳にあるということは、誰でも知っていますし、専門的にいっても、神経科学者だけでなく、心理学者も賛同しています。しかし、脳がそのまま心であるかということについて、森口は、首藤瓜於による「脳男」の一節を紹介しています。

「“心”は脳の作用にしか過ぎないのだから、人間の“心”を知るためには脳という物質を研究する以外ないのだ、と。しかし、子どもたちと長い時間過ごしていると、脳と心とはやはり別のものなのではないかという気がしてくるのだった。」

脳の構造はなんだか難しいので、簡単に関係するところだけを説明します。まず、脳を解剖学的形態から分けると、脳の85%を占めているのが大脳で、認知機能や情動などと深く関わります。10%程度占めているのが小脳で、姿勢の制御や運動機能などに重要な役割を果たしています。残りは脳幹で、生命維持に必須の役割を果たしています。

この中で、よく取り上げられるのが大脳です。まず、左脳と右脳に分かれていて、その役割はよく論じられるところです。もう一つは、大脳の表面にあるのが大脳皮質で、発生的な区分で、人間と他の動物の共通点も多く記憶などと関わり、大脳辺縁系とよばれる領域を構成している原皮質、ほ乳類ではわずかにしか存在せず、嗅脳などの嗅覚と関連する領域に一部見られる古皮質、そして、脳の表層にあり、一般的に「脳のしわ」と言われるような特徴的な形態を持っているのが新皮質です。

また、大脳皮質は大きく四つの領域に分かれています。中心溝より前で、外側溝より上の領域を「前頭葉」、中心溝より後ろで外側溝より上の領域を「頭頂葉」、外側溝より下の領域を「側頭葉」と言います。また、頭頂後頭溝と言われる脳の後ろにある脳溝より後ろの部分を「後頭葉」と言います。この辺りの脳の部分が、よく説明に使われます。