小さい頃の思い出

私たちは、幼児の頃のことはあまり覚えてはいません。特に、3、4歳以前のことはほとんど覚えていません。これをフロイトは、「幼児健忘」と名付けました。おもしろいもので、この幼児健忘は、幼児期から見られるそうです。ある研究では、子どもの「最初の記憶」がどのように書き換えられるかを検討したそうです。4歳から13歳の子どもを対象に、2回の研究を実施したそうです。まず、一回目に、参加児は自分の最初の記憶を三つ聞かれます。二回目の調査は2年後に行なわれ、子どもに最初の記憶を一回目と同様に自由に再生させたそうです。再生できない場合は、その子どもが一回目で再生した記憶と他の子どもの記憶を混ぜて提示し、どれは自分の記憶だったかを聞いたそうです。その結果、三つの記憶の時期の平均月齢は、一回目の調査で44.4ヶ月、二回目の調査では56.5ヶ月と大きな違いが見られ、二回目の調査では、「最初の記憶」の時期が、だいぶ遅くなっています。また、多くの子どもにおいて、一回目と二回目の記憶再生に重複がなかったそうです。最初の記憶は次々と書き換えられてしまうようです。

この結果について、保育園の保育者はちょっとショックですね。0歳から2歳児くらいまでの先生のことや、保育園でやったことなどほとんど覚えていないということです。保育者は卒園児に対して、「ねえ、私のこと、覚えている?」と一所懸命に聞くことがありますが、無理なのですね。

さらに、この研究から、年少の子どもであればあるほど、記憶の一貫性が低いことがわかったそうです。10歳頃には記憶は定着しているようですが、幼児では、「最初の記憶」がころころ変わっているそうです。幼児の記憶は固定化がされにくいために、ある年齢で覚えていたものが、別の事象に塗り替えられて、思い出しにくくなってしまうそうなのです。記憶の固定化ができるのが児童期以降であり、それくらいの年齢で再生できる記憶は結局4歳頃になってしまうというのです。

これを聞くと、ある疑問を持ちます。例えば、「まだ、話ができない赤ちゃんに対しても、小さいうちに色々と言葉がけをしなさい」と言うことがありますが、一生懸命に2歳以下の赤ちゃんに話しかけても、それを覚えていないのではないか、それは忘れてしまうのではないかという疑問です。言語を持たない間に蓄積された記憶を、忘れるのではなく、言語を獲得した後に取り戻すことができるかという問題です。

それについて、ピアジェはこう考えました。シンボルである言語の獲得の前後では、情報を記憶に取り込む過程である符号化が、質的に異なり、言語獲得の記憶は、獲得後に取り出せないのではないかと述べているそうです。最近の研究も、ピアジェの考え方を支持し、言語を持たないときに、記憶した内容は、言語獲得後には言語的に再生されないことを示しているそうです。

この研究では、実験者が2~3歳児と玩具で遊び、その玩具のライトの付け方などの五つの標的行動を示しました。.この時点で、幼児は、標的行動をすべてできるようになりました。その半年後と1年後に、幼児は再び実験に参加し、先に遊んだゲームについて思い出し、言語的に報告するように教示されます。その後、記憶時に使用した玩具が用意され、幼児はそれを用いて標的行動を非言語的に再生するように求めてみたところ、非言語的に再生するのは容易だったのですが、言語的に再生することはできなかったそうです。