情報処理の発達

ワーキングメモリに関して、近年特に注目が集まっているそうです。ワーキングメモリとは、ある認知活動に必要な情報を一時的に保持しつつ、保持している情報を処理する際に必要とされるメカニズムのことですが、それは、保育、乳幼児理解にどのような意味を持つのでしょうか?

まず、情報処理理論で言えば、子どもはメモリなどのハードウェアと、方略などのソフトウェアを持ったコンピューターにたとえられます。すると、子どもが認知発達領域においての特徴は、ハードウェアとソフトウェアが変化する点になります。子どもが情報処理能力を向上させ、新しい方略オア発展させるというのは、メモリを4GBから8GBに増設するように、また、ソフトウェアをバージョンアップするということになります。このように考えて、子どもの認知発達の機序を論理的思考ではなく、情報処理能力から考えるということを行なったのです。

情報能力が年齢とともに発達することは多くの研究者が一致するところですが、年齢とともに情報処理の容量が増加していくとする研究者もいれば、処理容量自体は子どもでも大人でも大きな違いはなく、情報処理効率の変化を指摘する研究者もいるそうです。そして、この効率の変化の要因は、脳の成熟、認知方略の発達、自動化などによると考えています。自動化とは、新しい問題を与えられたときに、当初は自分の処理容量のすべてを使って解決していたものが、何度も同じ問題を解くことによって処理容量の一部を使用するだけでよくなる様子のことを指します。この考え方からすると、情報処理の発達が、ある段階から別の段階への認知発達に寄与するというのです。つまり、子どもが十分な情報能力を持つことで、与えられた問題に対してより複雑な形で表象することができるようになり、新しい思考様式ができるようになると言うのです。

では、情報処理能力はどのように測定するのでしょうか?ケース博士は、情報処理能力を、処理効率と記憶空間に分け、それぞれを独立に測定しました。前者はある特定の処理が実行される測度によって、後者は短期記憶に保持できる項目の数によって測定したのです。具体的には、処理効率の課題では、子どもは星や木などの七つの単語のうちいずれかを聴覚的に提示され、その単語をできる限り早く再生することを求められました。たとえば、星という単語が聞こえたら、その単語をできる限り早く口答で答えるのです。単語を提示されてから反応するまでの潜時が測定されました。

また、記憶空間の課題では、単語を様々に組み合わせて、子どもが単語をいくつ覚えることができるかを検討しました。例えば、「星・木」などの単語のセットを覚えるように求められます。この課題を3歳から6歳に与えたところ、3歳児の処理速度は平均で800msだったのに対して、6歳児は460msであり、記憶能力も3歳児は平均で三つの単語を正しく覚えられましたが、6歳児は四つから五つの単語を記憶できるという結果が得られたそうです。

このような観点からピアジェの研究を説明しています。情報処理理論では、課題の持つ特徴と子どもの情報処理能力を分析することによって、ピアジェ理論では説明できないことを説明できるようになったそうです。