短期から長期へ

認知心理学では、人間の心のモデルとしてコンピューターを用いる試みとして情報処理理論が進展したそうです。しかし、当然人間の心は計算機ではありえません。処理の仕方も、いくらコンピューターにたとえても人間とは違います。ただ、コンピューターのように人間の心を捉えることで、行動主義では扱えなかった精神活動を説明できるようになったという点が重要なのだと森口は言うのです。

認知心理学における情報処理理論の例として、アトキンソン博士のモデルについて森口は説明しています。アトキンソン博士らのモデルは、三つの記憶貯蔵庫を制御するシステムを仮定しており、記憶貯蔵庫がハードウエアに、制御システムがソフトウエアに該当します。記憶貯蔵庫は、感覚レジスター、短期記憶、長期記憶の三つから構成されるとしました。

情報処理を考える上で、次のような例を森口は提示しています。朝目覚めて、新聞を読むとします。新聞の一面に目をやると、どこからかハエが飛んできて、あなたは思わず目を閉じてしまいます。このとき新聞の一面に関する情報は感覚レジスターに保存されます。外界から与えられる情報は、必ず感覚レジスターに入力されるのです。その情報は短い期間だけ記憶され、数百ミリ秒たつとそれらの情報は失われたり、新しい情報に上書きされたりします。

新聞の一面で、目を引いたのは、ディズニーランドの新しいアトラクションに関する記事でした。感覚レジスターに入った情報のうち、ディズニーランドの情報のみが短期記憶に転送されます。この情報を忘れまいと、何度もそのことを考えます。このような過程を経て、短期記憶にあった情報は、長期記憶に転送され、ディズニーランドの新アトラクションと既に長期記憶に保存されていたドナルドダックが結びつけられて貯蔵されるのだというのです。

感覚レジスターに入力された情報は意識にのぼりませんが、短期記憶に貯蔵された情報は意識することができます。近年、異論はあるものの、この短期記憶の処理には限界があり、七つ程度の情報しか処理できないとされているそうです。この短期記憶は、概念的に少しズレはあるものの、作業記憶(ワーキングメモリ)とも言われます。これについては、以前のブログでも取り上げました。短期記憶に保持されるのは数十秒程度だとされているそうですが、そこで、保持された情報の一部は、長期記憶に転送されるそうです。長期記憶には、長期的に情報が保持され、取り出しにくくなることがあるものの、その情報は基本的には失われることはないと考えられているそうです。

この説明を聞いて、「たしかになるほどこのようにして情報処理は行なわれているのだ。」とおもしろいですが、逆にだからどうなのだという気持ちも湧いてきます。人間は、このような複雑なことを、本人が意識せずに行なっていることには感心しますが、この知識を、どのように保育に生かせるのか、子ども理解につながるのかはよくわかりません。しかし、研究というものは、そういうものなのでしょうね。

私のブログで初めてワーキングメモリという言葉が出てきたのは2014年4月にポール・タフ著である「「成功する子 失敗する子」という本を読み進めていたときです。この本のタイトルからすると、ワーキングメモリは、参考になるかも知れません。