情報処理

私は、森口氏が危惧しているように、「こんな早い時期にこんなすごいことができます」ということが、強いインパクトを与えるためにそのような研究が発表されているということではなく、実際に乳児観察をしている中で、ずいぶんと早い時期にこんなすごいことができるのだという感動を、日々経験をしているからです。だからといって、なんでも乳児が有能だというわけではありません。しかし、保育では、長い間乳児は無能だということを前提として、乳児に対応してきた気がしているからです。また、できないからといって、無能だということではなく、大いなる学び手であるということを認識すべきだと思っているからです。本当のことは、まだまだはっきり解明されてはいかないでしょう。研究には、絶対ということはありません。特に乳児においてはなおさらです。

さらに最近の研究で、乳児における情報処理能力について行なわれています。森口は、認知発達の情報処理理論家として著名なシーグラー博士の著書「子どもの思考」の中からこんな一節を紹介しています。

「ほとんどの4歳児は、20以上数えられるレベルに達しているが、このレベルの子どもは、数の系列の恣意的な部分も、規則的な部分も理解している…29、39、40、などの9で終わる数の所で数えやめる子どもの人数が、他の場所でやめる子どもに比べてずっと多い。これは、子どもが十の位の名前に一桁の数を付け加えるという規則を知っており、次の十の位の名前を知らない場合には、当然のパターンである。」

情報処理理論では、子どもが問題をいかに解決するか、その際にどのようなエラーをするか、目標にどのように到達するかという視点から、認知発達を検討するそうです。その際に、子どもの認知過程を、コンピューターと結びつけて議論するそうです。

1950年代頃から起きた認知革命は、発達研究にも情報処理の考え方を波及させたそうです。情報処理理論は、ピアジェ以降の主要な認知発達理論のひとつだそうです。コアノレッジ理論が乳幼児を主なターゲットにしているのに対して、情報処理理論は乳児期から青年期の認知発達をターゲットとしているそうです。

この理論も、ピアジェ理論の問題点が進展する契機になったそうです。ひとつは、ピアジェが用いた課題が難しく、子どもの能力を正当に評価できていない点だそうです。たとえば、三つの山問題では、子どもは自分と違う位置にいる人形の視点に立つことができません。ピアジェによれば、これは子どもが自己中心的であることに由来していると言いました。しかしながら、ドナルドソン博士によれば、ピアジェの用いた課題は子どもにとってなじみがなく、子どもの能力を正当に測定できていないというのです。三つ山問題に対する反証としてドナルドソン博士の出した例は、かくれんぼです。

ある部屋をAからDまで壁で四つに仕切りました。この中で、子どもは、自分が持っている人形を、警察官の人形から隠すように教示されます。警察官の視点からはAやBが見えない場所だとすると、そこに人形を隠さなければなりません。この課題は、自分の視点とは異なる視点をとる必要があるという意味で、三つ山問題と同じ構造をしています。ですが、この研究では、ほとんどの幼児が正解することができたそうです。