検証

最近の研究で、次々に乳幼児の有能性が示されています。また、その能力は早い時期から備わっているという研究も多く示されています。私たち大人は、色々なことができます。例えば、他人の心を理解する能力も兼ね備えています。ですから、当然私たちはどこかの時点でそのような能力を持ったわけですから、それがいつ頃からかという研究は行なわれるわけです。私は、赤ちゃんを見ている中で、その行動観察からすると、わりと早い時期から赤ちゃんはそのような能力を持っていると考えます。ただ、それは、自ら行動には表わさないかも知れませんが、それは持っていないと考えることとは違うと思っています。

しかし、研究では、もう少し慎重になる必要がありそうです。例えば、乳児において視線で計測されるのは暗黙的な理解の研究であり、幼児のように言語で説明させるのは明示的な理解の研究ということになります。それに対して、誤信念課題を作ったパーナー博士らは、発達心理学専門誌で心の理論特集を組み、明示的な誤信念理解の重要性を強調しているそうです。その主張としては、標準版誤信念課題は、幼児に直接他者の誤信念を問うものですが、乳児の課題はあくまで乳児の視線行動から、間接的に誤信念理解を推測しているに過ぎないというのです。また、乳児の実験では、他者の行動から心を推測するルールを用いているわけでなく、登場人物が最後に見た場所を探すことを予測しているに過ぎない可能性などの様々な解釈が示されているのです。つまり、乳児が他者の誤信念を理解していることを想定しなくても、乳児の行動は説明できるというのです。

このことは、チンパンジーの研究において重要になっているそうです。チンパンジーのように、心の理論を持っているかどうかわからない対象を扱う場合、チンパンジーが誤信念課題を解決したように見えても、研究者は厳しい解釈で望み、別の可能性を検討するものなのです。それに対して、乳児研究は解釈が甘くなりがちであり、慎重な解釈は重要であるという主張です。この議論は、いまだにつきず、乳児研究と幼児研究のギャップが埋まるためにはもう少し時間がかかるかもしれないと森口は言います。

このように慎重になるのは、乳児が早期から他者に対して感受性を見せる、社交的な存在であることの研究は、特に発達障害の子どもに対して早期介入をするためにも、生後早期における他者認識の能力の検討は非常に重要な研究課題なのです。

森口は、このような近年の研究は、いささか有能さが強調されすぎているように見えると危惧しています。それは、ここ数十年の発達し理学研究における重要な発見は、今までの考え方を覆すものが多いからでしょう。4歳半で獲得されると考えられてきた誤信念理解が1歳半になり、近年では7ヶ月で類似した能力を持つ可能性が示されているのですから。そして、1歳半の乳児の誤信念理解の研究は様々に追試され、その妥当性が示されつつあるので、この研究結果が正しいのは間違いなさそうですが、すべての研究がこのような検証を受けているわけではないと森口は言います。また、検証を受けたところで、「こんな早い時期にこんなすごいことができます」というインパクトと、「その結果は追試されず、他の解釈もでき、その結果は怪しいです」というインパクトとを比べた場合、前者の方が高いのは明らかだと言うのです。徹底的な検証で後者が正しいことが証明されてもあまり脚光を浴びないという現状があると言います。これは、新生児模倣の研究において顕著に見られることだと森口は主張します。