2017韓国三日目午後2

三日目の午後に訪れた私立オリニジップは、ヌリ課程の意味をよく感じることができました。日本では、私立園の方が人件費に公立園ほどかけていないために、立派な園舎や、豊富な教材があるところの方が多い気がします。しかし、韓国では、どうも私立の方がそれほど補助金がない中、園児を集めるために一生懸命なようです。そうすると、保護者の要望に応えて、何かを教える、何かができるようになるという早期教育に走る気がします。また、その形態も、一斉に保育者から子どもに指導する形で行なわれてしまいかねないところ、ヌリ課程のおかげで、保育室内には、部屋のまわりにきちんと領域が造られているのです。ここここで遊んでいる子どもたちの姿は見ることはできませんでしたが、少なくとも、自由時間は、子どもたちが自ら選び、取り出し、遊んでいるであろうということは想像できます。「さあ、◯◯で遊びましょう!」といって、保育者が決めたものを決めた数だけ出して、遊ばせたり、「次はこれ!その次はこれ!」と保育者が子どもたちを次々と指示し、課題をこなしているような保育をある時間はしていないだろうということも推測できます。このような環境があるだけでも、違うでしょうね。

私たちが見学した時間は、午後でしたから、特別だったかも知れませんが、あるクラスでは英語教育を一斉に行なっていましたし、ある部屋では、フレーベルの恩物を子どもたちが使っていました。この恩物については、ブログで2014年一月に何回かにわたって書いていますので、興味を持っている方はそちらを読んでいただければと思いますので、簡単に触れます。韓国の保育で使っていた恩物は、第二恩物徒呼ばれるもので、「球」「円柱」「立方体」の三体を選び二者識別をテーマにしています。ちょうど見たときは、「立方体」をつるして回転させていましたが、それは、回る像を見ると、形が変形して、中に「円柱」が見えるときがあることに気がつくというものです。この時間帯は保育者が指示して、子どもたちに意図したことをやらせている時間ではありましたが、ヌリ課程がなければ、一日中、このような保育が展開されるかも知れません。

もう一つ、ヌリ過程の役割がわかりました。それは、園庭に対する考え方です。この園は、市内の中心地にあるため、ビルの一つの階に保育室があります。当然園庭はありません。しかし、設置が決められていますので、その園から外に出て、ビルの違う入口から入り、階段を登って行くと屋上に出ました。そこが、この園の園庭だそうです。契約をして、園庭として使わせてもらっているそうです。そこには、きちんと菜園もありました。そして、隅にはしゃれた小屋が建ててあり、そこで本を読んだり、ちょっとしたコーヒーブレイクができるような空間が用意されていました。私たちは、そこでハーブティと韓国の特徴的なお菓子を頂きました。