2017韓国三日目午後

午前中の見学が終わり、その日の昼食は韓国伝統料理である「サムゲタン(参鶏湯)」でした。最近、日本でもよく食べるようになっていますが、鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだスープです。まず、よくかき混ぜて、もち米をほぐし、鶏肉を骨からほぐし手から食べます。一日目の夕食に食べた「カルビタン」と同様、「タン」とは、スープのことです。鶏肉の他に、朝鮮人参が丸ごと入り、干しナツメ、栗、松の実、ニンニクも入っているので、薬膳料理とされています。

昼食後の午後は、オリニジップ2カ所を見学しました。昨年、初めての韓国研修ということで、わりと整った園を見学したのですが、今回は、孔先生が、その他の普通の園も見学した方がいいということで見学先を手配してくださいました。まず、最初は、個人立のオリニジップです。そこでは、園長先生始め、子どもたちが非常に歓迎をしてくれました。

まず、玄関でお出迎えしてくれた園長先生は、その日のために韓国の民族衣装であるチマチョゴリを着ていました。この衣装は、現在は観光地でレンタルされていて、着ている女性を見ることはありましたが、普段はあまりありません。また、チマチョゴリと一言で言いますが、実は、男女共通の上着であるチョゴリ(襦)と、巻きスカートであるチマ(裳)によって構成されています。

玄関には歓迎の言葉が飾られています。そして、入った玄関ホールには床一面に世界地図が貼ってありました。各国に行って世界地図を見ると、当然ですが、その国が真ん中になるように配置されています。私たちが普段目にする世界地図は、日本が真ん中で、右にアメリカ、右にアジアからヨーロッパが描かれています。ドイツで買うと、日本は右端に描かれてあります。ここ韓国の床に貼られた世界地図は、韓国が真ん中に大きく描かれてあります。

年長さんの部屋に入ると、年長さんも皆チマチョゴリを着て歓迎してくれました。そして、韓国独特の目上の人に対してのお辞儀を披露してくれました。両手を顔の前で自然に合わせます。これをハングルで「コンス」と言うそうです。クンジョル(韓国伝統の最上級のお辞儀)の前や後、それから目上の人の前ではこの姿勢をとるそうです。両手を合わせる際、親指と親指をクロスさせ、残りの指は綺麗に揃えます。男性は左手が上に来るようにし、女性は右手を上にします。そのままの姿勢でしゃがみ、手はそのままで床に頭をつけるようにお辞儀をします。

その後、まずホールに行きました。そこには、この園が街の中心部にあるために体を動かす園庭がないために、大型室内遊具が置かれていました。チマチョゴリを着た子どもたちは、韓国の伝統遊びを披露してくれました。伝統的な双六、矢を筒に投げ入れる遊び、リフティングのように足で蹴る遊び、輪を棒で転がす遊びなどです。そして、週一回、伝統的な太鼓の練習をやるそうです。

この後、保育室を見て歩くのですが、もしヌリ課程がなければ、いろいろな認知的なことを教えることをしそうな気がしました。あまり子どもたちが楽しい雰囲気がなく、やらされ感が強い保育ではありますが、どのくらいのそれを使うかわかりませんが、ヌリ課程に定められた領域が保育室に用意をされていて、子どもたちの自主性は少し保障されている気がしました。