2017韓国三日目午前

ソウルでは、「思いやりのあるソウルをめざす」という政策課題のもと、子育て支援では、民間オリニジップの質を国営の水準まで向上させようとしています。また安全に保育ができる状況にある特設民間センターを保証し、学校給食と保育のアシスタントの支援、医者のサービスと保育センターのモニタリング・グループの支援をしています。また、保育所だけでなく、家庭で子育てする親にも子育てサービスを拡大し、子どもの赤ちゃんの広場をソウル25区ごとに1 ヶ所設置しています。

韓国三日目の午前中は、このうちのひとつである中区にある子育て支援センターに行きました。ここの利用者は5歳以下の中区民か、ソウル市民なら誰でも利用できます。事業としては、「キッズトイ」といって、おもちゃを貸し出しします。内容として「乳幼児の発達段階に適した刺激的で安全なおもちゃを貸しています」とあります。ここでは、年会費を払えば、無料で利用可能だそうです。1回2点以下14日以内にレンタルできるそうです。保育園、幼稚園にも貸し出ししており、そこには、1回3点以下14日以内にレンタルするそうです。延滞利用に対しては、1件当たり500ウォン(50円)かかるそうです。例として、おもちゃ二つをレンタルして、13日までに返却しなければならないところ15日に返却した場合は、500ウォンx2(レンタルしたおもちゃの数)x2(延滞期間)=2,000ウォン(200円)の延滞料を払います。そして、計3回以上延滞した日付だけレンタル停止するそうです。

同様に、「キッズリーディング」という絵本図書館があります。ここで、親子で絵本を読んでもいいですし、借りていくこともできます。ここで、とても興味を引いたものに、「キッズストーリーという場所があります。ここは、職業体験室と言われるもので、子どもたちは、「乳幼児と一緒に様々な生活体験!」というキャッチフレーズのように、色々な生活体験ごっこ遊びができるようになっているのです。それは、日本のキッザニアとは違って、本物体験ではなく、園で行なうごっこ体験です。ですから、同時に、保育園、幼稚園の領域作りの参考モデルにもなっているようです。利用としては、乳幼児1人当たり2,000ウォン(200円)(保護者1人無料、1人追加時1,000ウォン追加)、団体1人当たり1,500ウォン(10人以上、引率者は無料)です。そして、最大2時間利用可能だそうです。

 ほかにも、「ズケア(時間制保育 – 幼児)」「キッズケア(時間制保育 – 乳児)」という一時保育があります。利用料は、1時間当たり4,000ウォン(400円)(30分未満超過2,000ウォン、30分以上超過4,000ウォンの費用が発生します。

その他に「キッズヒーリング」といって、子どもの発達相談室があります。また、相談室の紹介もするそうです。そして、障害巡回支援事業として、保育園での障害幼児、小学校進学のための準備などの相談プログラムの研修や各園の検査と評価を行なっているそうです。最近、発達相談件数が非常に増えたそうで、どこも事情は同じようです。

また、ほかにも月に教育プログラムがあり、カレンダーを見てみると、「児童行方不明誘拐予防教育」とか、「すぐに学び、すぐに書く絵本活用法」などが開催されているようです。情報提供としては、「子育て情報育児の常識」「外出情報」「文化行事情報」「保育園利用案内保育園案内」などがあります。