顔知覚

森口自身も、DCCS課題中の脳活動を、NIRSを用いて計測したそうです。3歳と5歳を対象にして研究を実施したところ、5歳児は課題に通過できましたが、3歳児の半数が課題に通過できなかったそうです。また、5歳児は左右の下前頭領域を活動させたのに対して、課題に通過できた3歳児は右の下前頭領域を活動させていたそうです。この結果は、実行機能課題において、年少の子どもに比べて、年長の子どもは前頭葉の一部領域を強く活動させたことを示していることになると言うのです。NIRSでは、脳の一部の活動しか計測できないので、それ以外の脳領域の活動が年齢とともに低下したのか否かは、明らかではないそうです。年少の子どもの前頭葉においても相互作用説と一致するような発達プロセスが見られるかは、今後検討すべき問題ではないかと森口は言います。

これは、どういうことなのでしょうか?この5歳児と3歳児における下前頭領域の活動の違いは、私たちが3歳児と5歳児に対する接し方が何か違うのでしょうか?ただ、脳の構造発達は、多くの部位において出生後急激に増加し、その後刈り込まれていくのに対して、前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟しているということを理解する必要はありそうです。この部位が、実行機能に関係するからです。というのは、学術的には、実行機能は、行動、思考、感情を制御する能力であり、認知プロセスのことを指すからです。この関係について、森口は、より深く考察しています。それについては、もう少し後で紹介しようと思っています。

では、もう一つの人間らしさである社会脳の発達はどうなのでしょうか?社会脳は、情動認識に関わる扁桃体や、顔認識に関わる紡錘状回などに加えて、心の理論や意図理解にかんする脳内機能も含んでいるのです。この内容については、2012年の6月あたりで、千住博士著「社会脳の発達」という本を読み進め、このブログで解説しています。私は、5年以上前から、この社会脳について非常に関心を持ってきました。私の「見守る保育」の英語版のサブタイトルを、「… on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad」としたのは、この「社会脳の発達」という本に刺激されてのことでした。

しかし、この社会脳に関わる各部位の活動は、発達的にどのように変化していくのかということについて、脳研究があまり進んでいないため、はっきりはしていないそうです。特に乳児については難しいそうで、fMRIが使える児童期以降の子どもを対象にした研究はあるそうです。それによると、顔知覚研究では、子どもと大人の脳活動には違いがあることが示されているそうです。10歳から12歳の子どもと大人の顔知覚時の脳活動を調べた研究によると、大人も子どもも顔知覚時に紡錘状回を活動させますが、子どもは大人よりも、広い範囲の紡錘状回や側頭の領域を活動させているそうです。

一方で、子どもよりも大人の方が顔を知覚した際に紡錘状回の広い範囲を活動させるという知見もあるそうです。この研究では、紡錘状回は青年期にならないと十分活動しているとは言えないと主張しているそうで、相互作用説よりは成熟説を支持する知見といえるかもしれないと森口は言います。

顔知覚” への12件のコメント

  1.  「脳の構造発達は、多くの部位において出生後急激に増加し、その後刈り込まれていくのに対して、前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟しているということを理解する必要はありそうです。」刈り込まれていく部位があるのに対して、成熟していく部位がある。面白いですね、脳を脳と一口に言えない理由を感じます。知れば知るほど脳の奥深さに気付かされるようです。
     社会脳について、「相互作用説よりは成熟説を支持する知見といえるかもしれない」という森口氏の見解に、なるほどそうかもわからないと思えたのは、大人になってからも発達し、むしろ成熟するにつれて広がりを見せていくもののような気がしたからです。それは幼いから未発達である、ということとはイコールではないような気がするのですが、生まれてから死ぬまでの人間同士のつながりを考えた時、この脳の働きは成熟へと向かっていく類のような気がしました。

  2. 「その後刈り込まれていくのに対して、前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟しているということを理解する必要はありそうです」とありました。前頭葉はそのような特徴を持っているのですね。その前頭葉が実行機能に関係し、その実行機能は行動、思考、感情を制御する能力であり、認知プロセスのことを指すとありました。藤森先生の話の中にこれからの教育として重要になるのは「関連付ける知識」であるという話があります。私たちも様々な体験をし、経験をすることで物事を知っていきます。その中で似ているような出来事や、考え方を他のものと比較したり、一緒に考えてみたりすることでより理解が深まるというような経験をすることがあります。そんなことと、この前頭葉、実行機能、そして、子どもの発達が関係しているのかなと思えたのですが、どうなのでしょうか。また、顔知覚研究では「子どもよりも大人の方が顔を知覚した際に紡錘状回の広い範囲を活動させるという知見もあるそうです」ということも分かっているのですね。この場合の大人と子どもの違いがなぜ生まれるのかというのも気になりますね。

  3. 「NIRSでは、脳の一部の活動しか計測できないので、それ以外の脳領域の活動が年齢とともに低下したのか否かは、明らかではない」とありました。脳の一部の計測が可能になっただけでもすごいことなのでしょうが、今後その計測範囲が広がってきたら、もっと真相に近づくと思うとすごくワクワクします。また「脳の構造発達は、多くの部位において出生後急激に増加し、その後刈り込まれていくのに対して、前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟しているということを理解する必要がある」とあり、脳の領域によっては刈り込まれる時期のものと成熟する時期のものがあったりと複雑で難しい印象を受けますが、理解の範疇を超えているためか魅力を感じています。そして、顔知覚研究では「相互作用説よりは成熟説を支持する知見といえるかもしれない」とあり、脳の全域全てを1つの説でまとめるのは難しいのかなと感じました。その脳領域に合った形がきっとあるのだろうなと思いました。

  4. 〝前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟している〟とあり、その他の領域とは異なる方法で成長を遂げていく、ということに面白さを感じます。
    その他の領域はたくさん作ってからの刈り込みによる方法ですが、前頭葉だけは成熟していくということで、成長の仕方が違うというのはどのように捉えていけばいいのでしょうか。その場所や領域にあった成長をみせているというのは確かなことですね。
    また、顔知覚についても大人と子どもでは脳の働く場所や働き方が違うということで、不思議なことが人間の脳内では行われているんだなと思いました。それはなぜなのか、というのは興味深いところです。

  5. 藤森先生の言われる゛5歳児と3歳児における下前頭領域の活動の違い゛文章を読んでいるなかで気にかかる部分でした。前頭葉の下前頭領域のなかでも使う場所が違うというのは、考えるなかで、自ら行動する自発的部分のように、物事を順序だてるとかそういったもののときにどうすればいいかというような分野的に入ってくるのでしょうか。仮定すれば、そのような経験の積み重ねが下前頭領域の左右を5歳頃では活動させていたことに繋がるのかと思います。
    ゛大人も子どもも顔知覚時に紡錘状回を活動させますが、子どもは大人よりも、広い範囲の紡錘状回や側頭の領域を活動させている゛とありました。そしてこのことは、゛相互作用説よりは成熟説を支持する知見といえるかもしれない゛と守口氏の見解があり、その様々な脳の活動へ対して、一つの説だけでまとまるものではなく、説にある理論へその脳がどういったものにはいるのか、と柔軟な形であると考えられました。

  6. 社会脳が、どのように構築されていっているのかは未だ不明のようで、顔知覚については「子どもと大人の脳活動には違いがあることが示されている」ことがかかれていました。しかし、その点においても「紡錘状回」を広く活用するのが子どもなのか大人なのかが明確でないということから、社会脳は新しい環境や刺激を受けることで「紡錘状回」の活用の仕方も変わってくるようにも思います。子どもたちは、他者の顔をどのように知覚しているのでしょうね。これがわかれば、将来のパートナーとなる人のような「好みの顔」というパターンを見つけ出すことも可能になるのかもしれないとも感じました。

  7. 多くの部位において出生後急激に増加し、その後刈り込まれていくのに対して、前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟しているということは重要な事柄ですね。確かに前頭葉の働きを考えてみると、逆に刈り込まれてはいけない物が備わっているように感じます。ここでは社会脳に関してまだ研究が進んでいないとう事ですが、私はてっきり進んでいるとばっかりに思っていました。顔知覚研究では子どもの方が活動させている意見、それとは対象に大人の方が活動をさせている意見が出ているそうで・・・どちらかが正しいのか私には分かりませんが、こうした疑問が解明されることが楽しみであり、また自分たちの実践にどうつなげてくかが大切なのかもしれません。

  8. 「脳の構造発達は、多くの部位において出生後急激に増加し、その後刈り込まれていくのに対して、前頭葉は、3歳児、5歳児においても成熟しているということを理解する必要はありそうです」とあり、前頭葉はシナプスとは違い成熟していくのですね。刈り込まれていっては困る部分とそうでない部分が脳に分かれているということでしょうか。このように脳の中で細かく各分野ごとに機能が違うということだけでも不思議なことですね。また顔知覚研究の脳活動では大人、子どもどちらが多く働いているかという違いも見受けられます。この違いからどんな発見につながり、それをどう子どもに還元できるかということろに行き着きていくのでしょうか。脳の話は難しいです。

  9. 相互作用説と成熟説と顔認証の場合は成熟説のほうが有力で指示される知見がいえるのですね。つまりは生得的に人が持っている能力であり、社会性といった人間の一番の強みとなる特徴的なものは遺伝的に人間が持っているということを表しているのでしょうか。相互作用説的に脳が発達しているということだけが言えるのではなく、成熟説といったほかの説が有力視されるということはどういったことが考えられるのでしょうか。それぞれ異なった方法においても脳の使い方や発達が言えるということなのでしょうか。まだまだ、「指示される」という点を踏まえてみると研究途中なのですね。

  10. 脳についてはまだまだ解明されていないところが多くあるようです。ということは、これから脳のいろいろな機能がわかるようになるということですから楽しみですね。もっとも、専門外の私でもわかるように解説してもらえるなら助かりますね。シナプスが刈り込まれていくことに対して前頭葉は成熟していく。脳の成長とは刈込と成熟が同時に進行していく過程のことか、と推測します。素人は勝手にこんな思いを抱きます。「実行機能は、行動、思考、感情を制御する能力であり、認知プロセスのことを指す」とあり、実行機能のことがわかります。「制御する能力」は社会生活を円滑に営む上で必須な能力だと思うのですが、実行機能と社会脳の関係の究明も今後に期待したいところです。顔の知覚については相互作用説と成熟説双方が支持されている、ということですからこれも今後研究結果待ちということですね。研究の世界は奥深い。

  11. 森口氏の3歳から5歳を対象に行った実験では、3歳の一部と、5歳の子が課題に通過することができたんですね。そして、通過することのできた子どもたちは下前頭領域の活動が見られたんですね。この領域が実行機能にかかわっており、行動、思考、感情を制御する能力を制御する認知プロセスのことを指すとあります。園で行われているお手伝い保育の様子を見ても、年長さんは小さい子の気持ちをわかりたいなどの様子が見られます。自分の感情を制御することで他者の気持ちや行動をより理解することができるのでしょうか。年長さんがお手伝いに来て、ちゃんとその役割を果たしてくれるのはこういった発達の違いがあるからなのかなと感じました。

  12. 3歳児、5歳児で脳の前頭領域の活動場所が違うのはなぜなのでしょう。そして、脳の活動が変化するとしたら、子どもたちとの関わり方にもなんらかの変化をつけた方がいいのかもしれません。脳の発達についての研究は保育にも大きな関係性があると感じました。保育の現場にいると、常に子どもたちとの関わり方はこれでいいのか?と考えなくてはいけません。こうした、研究を先生がブログで解説してくれ、読ませていただくことで、新しい視点で考えることができたり、自分の子どもとの関わり方に自信を持つことにつながったりしています。これからも、日々学び保育士としての知識を深めた行きたいと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です