韓国子育て政策

韓国は、日本以上に少子国家です。そこで、様々な政策を打ち立てています。その一つが0歳児までの保育料無料化です。また、子育て支援策を行なっています。それは、日本でも行なっていることと同じものが多いのですが、おもしろいものもいくつかあります。そのひとつが、小学校300校に学校給食プログラムの助手を置くというものがあります。これは、交換勤務の働く母親の負担を軽減するプログラムです。また、ここに60歳以上の年配の女性を雇用し、子どもたちにテーブルマナーを教えることもしていますが、それは、中高年女性の雇用創出になっているそうで、6500人が雇用されているそうです。

また、韓国での子育て支援という項目で検索すると、多く出てくるのは、多文化家族への支援です。ソウルでは結婚による移住人口の81. 5%が女性です。これは韓国男性は、配偶者としてアジア諸国のベトナムなどの女性と結婚することが多くなったということのようです。しかし、彼女らは、母国と文化が異なり就労もむつかしいために、うまく定住できるように多文化家族のために“ハヌルタリ”計画があるそうです。この計画とは、国際結婚の準備学校として、男性配偶者のため結婚式前の国際結婚オリエンテーションを行なったり、また多文化家族向けの子育てサービス支援や、結婚した移住女性のためのキャリア形成と自営業の支援、各国のマタニティ文化についてのDVDを配布したりしているそうです。そして、多文化家族に寄り添うレインボー・フォーラム・エージェントを作り、プロジェクトのモニタリングやプランの提案もします。

ほかにも、ひとり親家庭への支援では、「シングル・スマイル・プラン」があります。ソウルでは、全世帯の80%が父親のいない家庭だそうです。そのため、低所得のひとり親家庭の高校生に学習教材や無料のオンラインクラスを支援しているほか、無料の健康診断サービスと心の健康のクリニック・センターを開設しています。そして、このシングルマザーの能力強化のために学校、オンラインによる自習システム、子育て費用の支援等もあるそうです。

政策課題として、「活き活きとしたソウルをめざす」というスローガンのもと、主婦のための仕事創出として「ハッピー・マム・プロジェクト」があります。結婚や出産で職業経験から取り残された女性のためにキャリア形成と自営業(起業)の支援、また、長期間、資格を取っても使われないでいる人のために、その免許証を生かすプランもあるそうです。これは社会とのつながりを断たれた専門技能を持つ女性たちを雇用市場につなげる意図があるそうです。アパートを訪問し、キャリアについてアドバイスする雇用訪問サービスや、ファッション産業や結婚ビジネスなどに結びつけ、地域特性のある部門で女性が働けるよう地域の労働市場を動かすなどをしているそうです。この活動は、ソウル市内25区のうち、現在は8 地区が動いているそうです。

それらの助成のために、子育て支援もあります。起業をめざす女性のために子育ての支援もあり、子育て、食事サービス、障害のある子どもを持つ家庭への支援や産褥期の女性へのケアをしているそうです。また、福祉や教育、文化イベント、子育てなどの情報について総合的なインターネットサービスも供給しているそうです。コンビニなどでも、ベビーカーの貸し出しをしている店もあるそうです。

韓国子育て政策” への13件のコメント

  1.  「日本でも行なっていることと同じものが多いのですが、おもしろいものもいくつかあります。」なるほどたくさんの面白い支援策が実施されているのですね。「ひとり親家庭への支援」の背景にある韓国の家族事情を初めて知りましたが、このような支援を実施できる社会の雰囲気は、どの家庭にも居心地の悪さを感じさせないものなのかもわかりませんね。時代に合わせた社会の変革の必要性を感じます。
     それと同時に、その変革が、長期的な見通しに基づくべきであることを先日のブログから学びました。国によってその変化は異なるかもわかりませんが、これからの社会を考えた上での支援策が何よりその国を救うことになるでしょう。ホットからクールへ、物事はこうして繋がりをもっていることを改めて感じます。

  2. 韓国の事情はそのようになっているのですね。学校に60歳以上の女性を雇用し、テーブルマナーなどを教えるという取り組みはおもしろいですね。学校という中で様々な年代の人、様々な考えを持った人と関わることができるのはいいことかもしれませんね。また、韓国の男性の結婚相手がアジア諸国の人であることが多く、多文化家族が増えているという現状があるのですね。日本でもこれからはこういった家族の形態が今よりももっと増えていくのかなとも思うと、参考になる部分がたくさんあるように思いました。「ソウルでは全世帯の80%が父親のいない家庭」とあり、驚きました。ソウルはそのようなことになっているのですね。変化していく現状を受け入れて、それに合わせた対策、支援をすること、先を読んでしっかり対策していくことの大切さを教えてもらえるような取り組みが韓国ではどんどん行われているのですね。同時に私自身、日本ではどのような取り組みが行われているのかもっと知らなければいけないなとも思わされました。

  3. 韓国は、日本以上に少子国家なのですね。充実している子育て支援などはこの現状からくるものでしょうか。日本はまだそれほど深刻さを感じていないが故に遅れていたりするのかなと感じました。深刻になってからの解決策ではなく、深刻になる前から未然に防ぐ予防策が重要だと感じました。また「シングル・スマイル・プラン」とありましたが、その背景にある「ソウルでは、全世帯の80%が父親のいない家庭」とあったことには衝撃を受けました。この原因が何なのかがとても気になりますが、この背景があるために「ハッピー・マム・プロジェクト」など様々な政策が生まれたのだと推測すると、やはり事が起きてからではなく、先を見通した予防策が必要であることをこの韓国の政策から日本は参考にさせてもらう必要があると思います。韓国以外にも各国の事情から悪くなるケースを避けられるような取り組みを考えていって欲しいですし、日本でも起きた悪いケースから生まれた解決策などから他国も参考にしてより良い形を築いていって欲しいなと思います。

  4. 〝ソウルでは、全世帯の80%が父親のいない家庭〟という状況にあるんですね。驚きました。ですので、そのための支援事業というものが存在しているということなんですね。ただ支援するということではなく、先を見据えてのものであることが望まれます。
    これまでの韓国報告を読んでいると、受験戦争の国という勝手なイメージを持っていたのは、自分の刷り込みによるものであったことを感じさせます。そんなことはなく、しっかりと国をあげて、子どものことを考えているという印象を受けます。
    そんな風に思うと、ふと、海外から見た日本はどうなのか、という疑問が浮かびます。どうなんでしょうね。

  5. 様々な取り組みを行うなかで、子育てしやすい社会づくりがなされているのですね。特に気になったものは”「シングル・スマイル・プラン」”ソウルでは、全世帯の80%が父親のいない家庭とあることが驚きであり、背景には、多文化との結婚も少なからずあると考えれば、全文で上がっていた”多文化家族への支援”という内容により、今後変わってくるのかなと思いました。このような取り組みからも韓国の女性の社会進出の増加により、子育てしながらでも働ける政策の重要性を感じ、日本でも多くの女性の社会進出が増加しているなか、その支援として充実しているのかなど興味を持てるものがあり、そのことと0歳から集団生活を通して学ぶ場所の質の高さがその双方の良さを引き出すように考えることができました。

  6. こうして韓国が行っている子育て支援を聞くと、とても充実していますね。逆に日本では、どのような子育て支援を行っているのか気になりましたし、テーブルマナーを教える支援のような、日本独自の支援策があるのか気になります。ただ充実しているということは、それだけ家庭だけでの子育てが難しく、地域や国が協力体制をしかないと厳しいという現状ですし、韓国の実情で80%の家庭が父親が不在というのは驚きました。そういった現状を踏まえた支援策、そして長期的な計画など、政策を考える場合はありとあらゆる想定を考えて練らないといけませんね。

  7. 「ソウルでは、全世帯の80%が父親のいない家庭」という部分に驚きました。政策として、子育て支援が充実している理由がここにあったのですね。また「小学校300校に学校給食プログラムの助手を置く」であったり、「多文化家族のために“ハヌルタリ”計画」といったユニークな政策もありました。確かに、多文化結婚に対する知識というのは誰も教えてくれませんし、それを支援することが少子化の対策にもなるという考えもあるのですね。

  8. 日本にも子どもに対する政策はいくか知っていますが、韓国の子育て政策というのは思った以上に多く、なおかつピンポイントな政策であるなという印象を受けます。そうでなくては政策でないとは思いますが。しかし韓国は80%が父親がいないというのも驚きでした。さらに「60歳以上の年配の女性を雇用し、子どもたちにテーブルマナーを教えることもしていますが、それは、中高年女性の雇用創出になっているそうで、6500人が雇用されているそうです。」とあるように年配の方もこうしたところは安心ひて働けるということでしょうか。細かい部分で少し日本との違いが見えますね。

  9. 韓国の家庭事情や、子育てについてあまり知りませんでしたが、日本以上の少子化であることや、社会の現状に合わせて様々な取り組みがされていることを知ることができました。このように、国として力を入れていることは素晴らしいことですね。社会の変化に合わせ、取り組みも変化していく必要性が感じられました。日本でも、同じような問題点や改善策が見られますが、韓国で行われている取り組みを知り、参考にしたりすることは大切だと思います。そのためにも、国同士でのつながりは大事にしたいと感じました。そして、今回のような韓国研修はまさにそういった機会になっていて、とても貴重であると思いました。

  10. 韓国が日本以上に少子化国家だったことにまず驚きです。日本と同じように子育て支援をいくつか行っているんですね。60歳以上の年配の女性を雇用し、子どもたちにテーブルマナーを教える取り組みが挙げられていますが、とても面白いプログラムですね。小学校のときの記憶をさかのぼれば、年配の方と触れ合う機会なんて、祖母、祖父に会うことくらいだったような気がします。様々な年齢層の人と交流があることはそれだけ考えの幅も広がりそうでいいなと思いました。
    ソウルでは全世帯の80%が父親のいない家庭とありとても驚きました。5家庭に1家庭しか父親がいないんですね。両親の存在を当たり前に思っていましたがそうではない社会もあるんですね。時代の流れなのでしょうか。どうして母子家庭がこんなにも多いのかなと思いました。それに対しても様々な支援が取り組まれているんですね。現状を見つめ対策を打ち出していて、まさに「活き活きとしたソウルをめざす」ですね。

  11. 韓国においても海外からの移住者が多くなってきているのですね。日本も最近では海外から移り住む人が多いと聞きます。特に東京に行くとより多国籍な人がとても多く住んでいるように感じます。自園でも幾人か日本ではない方のお子さんを預かっていたりと多国籍化が進んでいる中で、とくに中学校などではこういった海外の保護者の方に向けての対応が必要とされているということを聞いたことがあります。日本においても、これからしっかりと考えていかなければいけない事柄になっていくでしょうね。また、ひとり親家庭も多くなっているのですね。ソウルでは80%が父親のいない家庭というのはとても驚きました。そういった保護者の方々においては学習教材や無料のオンラインクラスといった支援が行われているというのは心強いでしょうね。先日のOECDの「社会的流動性」というものとかかわってくる内容であり、やはりこういったことを受けているのでしょうか?

  12. 面白い取り組みがありますね。「国際結婚の準備学校」・・・これは結構重要です。同じ日本人でも文化や慣習の違いは結婚を維持継続していく上である種のハードルになります。ましてや国際結婚は大変だと思います。文化習慣の違いと価値観の違い。ハードルはとても高い、でしょう。好きだ惚れたはある一定時間有効でしょうが、文化習慣や価値観の相違は結構プレッシャーとして圧し掛かってくるでしょう。それでも、ここで藤森先生から頂いた教訓を思い出すのです。「他人だと思うといいのです」。これは重要です。他人だと思うと同居しているに際して相手を思いやることになると思います。これは離婚しない秘訣ですよ。さて、ソウルでは、全世帯の80%が父親のいない家庭だそうです。」これは結構ショックなデータです。では東京はどうなのでしょう?それはともかく、ソウル市の対策は手厚いな、と思います。では、東京はどうでしょう?

  13. 日本の少子化ということをいわれますが「韓国は、日本以上に少子国家です」といったように、世界で少子化という現象が問題になっているというように考えると、少子化という問題への取り組み方も変わってくるような気がしますね。「60歳以上の年配の女性を雇用し、子どもたちにテーブルマナーを教えること」という取り組みは面白いですね。そして実際に6500名もの方が携わっているのも驚きです。日本でも、シルバー人材という形でお話をされに来られる方がいらっしゃいますが、マナーといった所を教えますといったことは言われたことがありませんね。こうしたことを知るとまた学ぶいいきっかけになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です