誕生前

脳の発生は、受精後3週間程度で神経管が形成され、それが前脳、中脳、菱脳に分化していきます。そして、前脳は大脳と間脳へさらに分化し、菱脳は橋や小脳などへと分化していきます。ニューロンは、脳室帯にある神経前駆細胞が分裂することによって生み出されます。誕生したニューロンは、多くの場合、新しいニューロンによって押し出されるようにして目的地までたどり着きますが、大脳皮質のニューロンは、新しいニューロンが自ら能動的に目的地まで移動します。このように新しいニューロンが誕生し、移動することで脳の構造は形成されていきます。受精後17週頃に脳の基本形が完成します。これ以降、ニューロンは基本的に増加することはなく、細胞死によって誕生までに半数程度まで減り続けています。ニューロン自体に死ぬことがプログラムされているというのです。

私が講演の中で、最近の乳児知見を紹介する中で、「20世紀後半に発見された神経科学の二つの重要な所見」として紹介するのが、「神経細胞の自然な細胞死」と「シナプスの過形成と刈り込み」そして、その所見をもとに、ダーウィニズムが、「遺伝子によって作られた粗い神経組織が、二つの段階を経て無駄を削りつつ成長する」ということを提唱したということです。

誕生し、移動したニューロンは、他のニューロンや身体部位とのネットワークを形成し始めます。髄鞘化のプロセスも胎児期から徐々に始まっていることがわかっています。髄鞘化とは、ニューロンの軸索を、筒状の層である髄鞘と呼ばれるリン脂質で包むことを指すようです。この説明はよくわかりませんが、すなわち、跳躍伝達の速度が向上するそうです。

このように誕生してから脳がどのようにできてくるかという研究と同時に、最近は胎児の研究がさかんになりました。胎児が、母親の胎内で、どのような発達をしてるのか、どんなことを行なっているのか、それは、どのような動機で行なわれているかなどに興味があります。まず、よく疑問に持つのは、胎児に外界の声が聞こえているかという点です。胎教といって、「胎児にモーツアルトを聴かせるといい」とか、「父親も生まれる前から、胎児に話しかけるといい」とか言われています。それについて、森口は、こう説明しています。「胎児は、羊水の中に浮かんでいます。それはプールの中にいるようなものです。さらに、母親の心音など臓器の音が聞こえてくるわけですから、外部からの音は本当に小さいようです。」

初期の研究では、胎児ではなく、誕生児の研究から胎児の聴覚を推定していたそうです。例えば、生まれたばかりの新生児は、初めて聞く物語よりも誕生前の数週間に母親が音読した物語の方を好むことが示されているそうです。ということは、子宮内にいるときに、母親の一つ一つの音声が胎児に伝わっているわけではないでしょうが、声の低周波音を知覚しているのではないかと考えられます。最近では、心拍数などによって直接的に胎児の聴覚が機能していることが示されています。やはり、母親の発話がいくぶんか胎児には届いていることのようです。ただ、モーツアルトなどの胎教には科学的根拠はなく、何がどのようにして胎児に影響を与えるかは不明であると森口は言います。

また、味覚についてもわかってきています。本来、味覚とは舌の上を食べ物が通る時に感じるものですから、胎児はおへそから栄養をとっているわけですから、どうなのでしょう。

誕生前” への12件のコメント

  1.  先生の講演が聞きたくなるこの度のブログです。
     「母親の心音など臓器の音が聞こえてくるわけですから、外部からの音は本当に小さいようです。」胎教に良いとされていたものを取り入れようとする家族像に、何だかほのぼのとしたものを想像します。お腹の中の子どもに良かれと思って話しかけたり、その誕生を心待ちにするような雰囲気の中にいる母親の心音というのは、胎児にとって何よりの音楽なのでしょうね。羊水の中で聞こえてくる心音、その他の低周波が、その子を肯定する音であること、その雰囲気をつくることがもしかしたら父親のできる役割なのかもわからないと思いました。

  2. 〝ニューロンは基本的に増加することはなく、細胞死によって誕生までに半数程度まで減り続けています。ニューロン自体に死ぬことがプログラムされている〟とありました。ニューロンはこの世に誕生するまでには、できた数の半分になっているんですね。ということは単純にいうと、胎児の頃が一番脳内細胞が多い、ということになるということですか。そこから、過形成からの刈り込みにより、無駄を排除していく作業をお母さんのお腹の中にいる頃からしているということなんですね。
    胎教について、クラシックを聞かせると良いということが叫ばれていた時代もあったのを記憶していますが、一番はやはり、お母さんの音なのだと思います。父親は自分の声を聞かせるよりも、妊娠により不安定になっているかもしれないお母さんの音を、安定させることがお父さんのその頃の子どもにできることなのかもしれませんね。

  3. 誕生してから脳がどのようにできてくるかという研究、そして胎児が、母親の胎内で、どのような発達をしてるのか、どんなことを行なっているのか、それは、どのような動機なのかという胎児の研究にはとても惹かれますし、何より神秘さを感じます。また、脳の基本形が完成してから「ニューロン自体に死ぬことがプログラムされている」とあったことには驚かされます。人体には数多くの神秘がある印象ですが、本当に無駄なものはなく、全てに意味があることが本当にすごいなと思います。他にどのような神秘があるのか、その背景、理由をもっと知りたいなと思えてきます。聴覚においては、心拍数などによって直接的に胎児の聴覚が機能していることが示され、やはり母親の発話がいくぶんか胎児には届いていることがわかっているのですね。さらに味覚についてもわかっているとあり、次回がより楽しみです。

  4. 先生の講演の中での「神経細胞の自然な細胞死」と「シナプスの過形成と刈り込み」の話は衝撃的でした。赤ちゃんが白紙で産まれてくる訳ではないということ、しかも、必要ないものを調整しているというのは驚きですね。人は生まれながらにして、能動的な存在であるということを感じます。胎児の研究も盛んになってきているんですね。母親の胎内で最初は一つの細胞のような赤ちゃんが、どんどんと成長していく様子は不思議というか、いや、もう不思議としか言いようがないような気持ちになります。胎児の聴覚に関する研究もおもしろいですね。「胎児は、羊水の中に浮かんでいます。それはプールの中にいるようなものです」とありましたが、確かにこの状況では、外からの音を聞くということはほとんど難しそうです。子どもの成長というよりは親の成長のために必要なことなのかもしれませんね。

  5. 脳について゛脳の発生は、受精後3週間程度で神経管が形成され、それが前脳、中脳、菱脳に分化していく゛とありました。この受精後3週間程度から脳として形成されていく、なんだか不思議な感じがするくらいに短い期間に形成されるのは、人の摩可不思議な部分だと思います。そこから、ニューロンの動きによって完成されていくのですね。それが゛受精後17週頃に脳の基本形が完成゛とあることを考えたときに、そこから胎児として約20週はいるであろう母体のなかで、どのような機能をもち、どのように脳が成長していくのだろうと思うと、胎教という゛「胎児にモーツアルトを聴かせるといい」とか、「父親も生まれる前から、胎児に話しかけるといい」という説がでることは、理解はできますが、守口氏のいう、胎児は水のなかにうかんでいるようなものであり、母親の心音などで、外音が聞こえにくいということから、胎児は母体のなかで、どのようにいきる力を育んでいるのだろうと思います。というより、脳がそのような機能をそもそも持ち合わせていると考える方がいいのではとも思います。

  6. 「脳の発生は、受精後3週間程度で神経管が形成され、それが前脳、中脳、菱脳に分化していきます」という言葉を聞いて、正直驚きました。こんなにも早く、神経系が形成されていくのですね。はじめにそのような器官を形成し、自ら構成していく形を作っていくという目的でもあるのでしょうか。また、新しいニューロン自らが能動的に目的地まで移動することで、脳の構造は形成されていくというように、様々なの器官や構造は、思っているよりも能動的に働きかけているという印象を持ちました。そう考えると、人間の生まれ持った能動性というもの意味や理由といったものが再認識できます。

  7. 確かに一時期、お腹の赤ちゃんに声をかけてあげる、モーツァルトを聞かせてあげるなど、聞いたことがあります。その時は赤ちゃんはコンクリートの壁の中にいるわけではないので、お腹の外の音など聞こえているのだろうと信じていましたが、今回のブログを読んで「聞こえない」ということに納得しました。味覚に関しても思い返せば不思議ですね。藤森先生の話の中でも味覚の話を聞きましたが、森口氏が言われるように栄養はへそから摂取しているので、口ではありませんね。一つ一つの事をただ当たり前と捉えるのでなく、そもそもなんでだろう?と考えると不思議ですし、新しい発見が出てきそうですね。

  8. 脳の研究の興味と同時に「胎児が、母親の胎内で、どのような発達をしてるのか、どんなことを行なっているのか、それは、どのような動機で行なわれているかなどに興味があります」ということろに強く共感します。一体真実というか胎児の時の成長というのは神秘的なのでどんなことが起きているのか気になります。やはり胎児の時にお母さんの声というのは少なからず届いているのでね。音読していた物語の方を好むというのも面白いですね。父親のできることはやはり話しかけることの1つになるのですかね。また味覚についてですが、羊水の中でどんな意味を持つのですかね。

  9. 胎児についての研究もとても面白そうですね。「生まれたばかりの新生児は、初めて聞く物語よりも誕生前の数週間に母親が音読した物語の方を好むことが示されている」ことには、驚きました。おなかの中にいる時にも外の世界とつながっているのですね。胎児に関しての研究がすすめられることは、とても大切ことかもしれません。そして、保育士がこうした研究結果を保護者の方々に伝えていくことも必要ですね。生まれる前のお腹にいる時から、一人の子どもとして働きかけることが大切なのだと感じました。

  10. 一つの細胞から乳児が生まれてくるというのはとても神秘的であり、とても不思議な現象だと改めて感じます。赤ちゃんが生まれることはそれ自体が奇跡が繰り返し起きているようにも思います。また、脳の基本形が出来上がっていく過程の中で、ある程度胎児の形になるまで、ニューロンは増えていくものだと思っていたのですが、受精後17週ごろの脳の基本計が出来上がってきたところからニューロンの刈込が始まっているのですね。胎児のころから始まっているという考えがあるから胎教という言葉も生まれてきたのですね。モーツアルトの話はよく聞く話ですね。父親もよく話しかけることをするといいとありますが、こういうことを知ると、どこか残念さみたいなものを感じてしまいます。しかし、母親の言葉はやはり体がつながっている分、幾分かは赤ちゃんに届いているのですね。そう考えるとやはり母親の影響というのは乳児にとっては初めてのコミュニケーションであり、重要な位置を占めていますね。

  11. 生命の神秘を感じました。一つの細胞、ニューロンから脳が形成され、それが分岐、分裂を、繰り返し人の体を作っています。何度聞いても不思議だなぁと思います。
    髄鞘の話は大学の時に学びました。シナプスの軸索につく筒状のもので、シナプス間の情報伝達を向上されるものでしたね。情報をとびとびに伝達させるためにスピードが上がるというような説明を受けた気がします。懐かしいです!
    胎児の音の話は面白いですね。プールの中にいるようなとありましたが、水のなかにいたらなかなか外の音は聞こえませんね。しかし、母親の声はたしかに聞こえてそうですね。母親が読んだ物語を好むという実験結果、とても面白いです。胎児がどんな音を聞いているのか、自分もそれに似た音を聞いてみたいです。

  12. 受精後から発生が始まっているという事実、当たり前と言えば当たり前なのでしょうが、不思議と言えば不思議で、受精によって人間になるためのプログラムが作動し始めているということですね。「受精後17週頃に脳の基本形が完成します。」とありました。妊娠4か月頃既に脳の基本形が出来上がっている事実にも驚かされますが、その後のニューロンの動きにもビックリです。細胞の死と共にニューロン数も減っていく。生物がやがて死ぬようにプログラムされていることは「ニューロン自体に死ぬことがプログラムされている」から?細胞も死ぬ、ニューロンも死ぬ。生きることは同時に死ぬことでもある。「絶対矛盾の自己同一」。こんなことを思いついてしまいます。これについて書き始めるとコメントがまた長くなってしまうので、深入りはせずに・・・。それにしても生物的プログラミングとは凄いことですね。受精後もそうですが、胎児の成長についても知れば知る程ますます興味津々。なぜなんだろう、どうしてなんだろう、と考えてもその答えを見つけ出す材料を持ち合わせていないと、やはり「神業」で片づけてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です