脳領域

社会脳に関わる各部位の活動の中で、10歳から12歳の子どもと大人の顔知覚時の脳活動を調べた研究によると、大人も子どもも顔知覚時に紡錘状回を活動させますが、子どもは大人よりも、広い範囲の紡錘状回や側頭の領域を活動させているそうです。一方、子どもよりも大人の方が顔を知覚した際に紡錘状回の広い範囲を活動させるという知見もあるそうです。では、心の理論についてはどうでしょうか?それについては、前頭前野内側部において、大人よりも子どもの方が広い領域で活動することが示されているそうです。例えば、皮肉を理解するためには発話者の意図を理解する必要がありますが、皮肉を理解する際の9歳から14歳の子どもの脳活動をfMRIで計測すると、大人よりも、前頭前野内側部を含めた、前頭前野の広い領域が活動するそうです。

また、神経科学者サクス博士のグループは、6歳から11歳の子どもを対象に、物理的な出来事、人間の外見や人間関係についての話、人間の心的状態についての話を聞かせ、その際の脳活動をfMRIで計測してみたそうです。その結果、6歳から8歳の子どもでは、右の側頭―頭頂接合部において、人間の外見や人間関係などの話と、人間の心的状態についての話に対して同程度の活動が見られたそうです。一方、9歳から11歳の子どもでは、その脳領域は、人間の心的状態にのみ特異的に活動することが示されているそうです。

これは、どういうことかというと、心の理論と関わる脳領域は、児童期から成人期にかけて、前頭前野の内側や側頭―頭頂接合部などにおいて活動が特化していくことがわかっているのです。では、幼児はどうかというと、まだ研究は少ないようですが、ERPを用いた研究が報告されているそうです。それによると、4~6歳児が、コンピュータ版の誤信念課題を与えてみたそうです。この課題は、画面上に箱を二つ置き、主人公がそれぞれの箱に、動物を入れます。その後、主人公がその場を離れた際に、箱は両方開き、片方の箱から動物が現われ、別の箱に移ります。主人公は動物が別の箱に入ったことを知りません。この映像を見た後に、主人公がどこに動物がいると思っているかを聞いてみました。そして、その際の脳波を調べ、課題の成績がいい子どもと、悪い子どもの波形を比較したそうです。その結果、左の前頭葉において、課題の成績がいい子どもは、悪い子どもよりも、大人に近い脳波成分が見られたそうです。

脳活動の計測手法や実験素材が異なるので一概には言えないそうですが、これらの研究から、乳幼児期から心の理論に関わる脳領域は活動していることが示唆されているようです。そして、児童期を通じて脳活動が局在化していくという知見は、相互作用説を支持しているように見えます。しかし、必ずしも相互作用説と一致しない知見も報告されているそうです。ということは、すべての脳機能の発達が、単一の理論で説明できるとも限らないようです。

ここで、心理学者である森口は、こんなことを問題にしています。それは、脳の構造や機能の発達的変化については、脳計測という手段はたしかに新しいのですが、それは、心理学的に研究した発達過程の脳機能を調べているに過ぎず、脳そのものを知るのではなく、脳研究に関する新しい方法論を通じて、乳幼児の心の世界についての新しい像を描いてみたいと考えます。

脳領域” への12件のコメント

  1.  「脳研究に関する新しい方法論を通じて、乳幼児の心の世界についての新しい像を描いてみたい」何とも興味深いですね。今後の展開がますます楽しみになります。
     「すべての脳機能の発達が、単一の理論で説明できるとも限らないようです。」製品にもバージョンアップがあるように、改善され、更新されながらより良いものへと進化していきます。それは逆を言えば、未完成のものでも製品として売り出されている、という見方もでき、脳もまた最前線ながら振り返れば完成前という現時点での研究を受け、その理解を深めていくということが何とも面白く、それが生きるということ、学ぶということなのかと思いました。

  2. 皮肉を理解する際の9歳から14歳までの子どもの脳活動を計算すると、大人よりも、前頭前野内側部を含めた前頭前野の広い部分が活動するとありました。「大人よりも」とあるとやはり驚いてしまいます。しかし、活発に活動しているということは、その時期に、脳がより発達しようとしているからということにもなるのでしょうか。また、心の理論の研究でも、「乳幼児期から心の理論に関わる脳領域は活動していることが示唆されました」とありました。脳の領域が活動しているということが分かるというのはとてもおもしろいですね。実際にある行動をしたことから結果を導く研究もたくさん紹介されていましたが、このように行動では見えにくい、実際にも見えにくいけど、確かに脳は活発に反応しているということが分かると、見えていなくても、しっかり発達している子どもの姿を理解できるように感じました。乳児から様々な力を持っているということももっと分かってくるのかもしれませんね。

  3. 〝乳幼児期から心の理論に関わる脳領域は活動していることが示唆されている〟とありました。やはり、大人からは見えなくても、子どもは心の理論を駆使して感じ、考え、行動しているということなんでしょう。ということは、子どもは白紙状態で生まれてくるというのは、このような脳の研究からも否定できてくるように感じました。
    子どもの自分たちからは見えない部分の研究というのは、子どもの新たな部分が見えてくるようでとても興味深いものですね。これからもこのような研究を通して、いろんなことが分かってくることは、子どもを理解することに直結するものであり、そのことにより子どもの見方も変わってくるのだと思います。

  4. 心の理論に関する、前頭前野内側部において「大人よりも子どもの方が広い領域で活動することが示されている」のですね。皮肉の理解の例でも、大人よりも、前頭前野内側部を含めた、前頭前野の広い領域が活動するとありましたが、ピーステーブルにおける話し合いによる解決を仲裁している子をたまに見かけますが、その子たちを見ていると、いつも寄り添うことが上手だなと感動します。相手の心を察し、寄り添う力は、変に気を使う大人よりもストレートな子どもたちの方が優れているのかなと思えてきます。また、研究が少なかったり、一概には言えないことでも「乳幼児期から心の理論に関わる脳領域は活動していることが示唆されている」のですね。これらの研究がより発展し、だからこそ乳幼児期から必要な環境などが明白になれば、「見守る保育」の裏付けがさらに進みそうで楽しみになります。

  5. ゛乳幼児期から心の理論に関わる脳領域は活動していることが示唆されている゛とありました。このことを考えたときに、脳と心の理論の関係性のなかに、人の心が関わる課題に対して脳がより活動し、反応を示すのですね。以前に聞いたことのある話に子どもが親にされていることを他の子どもが同じことをしたときに、違う対応をされたらなぜ?と疑問をもつ、というような話があり、これも理論的に違う反応に反応したという形として、考えれるのでしょうか。また、人間の心的状態に対しての脳の活動が見られるのは、生得的にもったもの、共存共生の遺伝子的にもっている人らしさなのかと考えられました。

  6. 様々な研究によって脳の機能を解明しようとしているのは理解できますが、ある器官がどのような働きをするのかということよりも、子どもが何かの行動をした時の脳の働きを観察し、新しい子ども像を構築していくことに意味があるという、森口氏の提案がしっくりきます。また、「脳研究に関する新しい方法論を通じて」というように、脳の構造を理解するということは、このためであることを把握すると、脳への新しいアプローチの仕方というのも、今後は大きく変わってくるのかなとも感じました。

  7. いくつかの脳の機能を調べるために、様々な手法を用いて研究をしているのを聞くと、単一の理論で説明できるほど、簡単なものではないというのは何となく理解できます。最後に森口氏の言葉が書かれていますが、脳そのものを理解しているという訳ではないのですね。心理学的に研究した脳の機能を調べているだけで、確かに脳そのものではないのかもしれません。そう思うと、まだまだ新しい発見がたくさん出てきそうな気がします。「新しい像を描いてみたい」と言われていますが、素人からすると漠然としていてイメージがつきませんが、また赤ちゃんの驚くような能力が見つけられるのが楽しみです。

  8. 大人より子どもの方が特化しているところもありその逆もある。次第にそれが逆転していく印象を受けます。脳がどんな動きをしてどんなことが起きているということを理解するには専門の人でないとわからないところですが、「脳そのものを知るのではなく、脳研究に関する新しい方法論を通じて、乳幼児の心の世界についての新しい像を描いてみたい」というのが藤森先生をはじめ、森口氏が行いたいことであり現場としてもそれを理解したいところですね。

  9. 「必ずしも相互作用説と一致しない知見も報告されているそうです」とあります。まだまだ、脳の機能や構造は研究途中であり、はっきりとした結果が出ているというわけでもなさそうですね。しかし、実際のところ様々な研究によって脳の動きや反応が出ているということは言えるのがわかります。そして、成人のもつ脳の利用する領域と乳幼児の利用する脳領域の違いから見て、脳が発達している中で使う領域に差があることも見えてきました。そこから見える子どもの保育の環境とはどういったものか。少なくとも自発的な活動ということが脳にとって非常に重要であるということがわかります。まず、ここから読み解けることを保育の中でも実現・実践できていけるように考えていきたいですね。

  10. いや~今回のブログで紹介された「脳計測」という方法についても、う~む、と唸ってしまいます。研究者とはかくもいろいろと実験方法を編み出すものだと感心します。しかし、これっ、という決定的な方法を生み出せていない。よって「すべての脳機能の発達が、単一の理論で説明できるとも限らないようです。」との結論に至る。そして「脳計測」という新しい実験方法を用いても「心理学的に研究した発達過程の脳機能を調べているに過ぎず、脳そのものを知るのではな」いと森口先生。それでも「乳幼児の心の世界についての新しい像を描いてみたい」という学者の真の欲求が様々な方法による様々な実験とその結果を公表することに繋がるのでしょう。保育現場にいる私たちは真摯に「新しい像」を求める学者の皆さんの業績を参考にしながら眼の前の子どもたちの保育・教育に当たっていく。役割をわきまえた上でコラボしていければいいですね。

  11. 脳そのものを知るのではなく、脳研究に関する新しい方法論を通じて、乳幼児の心の世界についての新しい像を描いてみたいという一文がすごく印象に残りました。脳研究の新しい方法論を通じることで、新しい乳児の心の世界を描くなんてとってもわくわくしました。
    ERPを用いた研究結果で課題の成績がいい子どもと、悪い子どもの波形を比較したとき、左の前頭葉において、課題の成績がいい子どもは、悪い子どもよりも、大人に近い脳波成分が見られたとあります。相手の気持ちに立ってもの事を考えることが、やはりとても大切なことだなと改めて感じました。こういった研究結果をどう保育に生かすのかはまだまだ分かりませんが、少しでも考え、周りの先生たちの動きを見て学んでいきたいと思います。

  12. 脳の発達に加え、心の理論が出てきましたね。心の理論はとても面白く、先生のブログで心の理論が出て来るといつもワクワクしてしまいます。心の理論もとても難しい話だと思いますが、他者の視点に立って考えたり、相手の気持ちを考えたりする人としてとても大切なところだと思います。そして、今回の研究で左の前頭葉が大人と同じくらいの周波成分が出た子が、課題の成績が良かったとあり、脳との関係性を感じさせてくれました。心の理論についてのブログを読んでいる時にいつも感じていたことが、相手の気持ちを考えたりする部分で、差が生じてしまうのは、何が原因なのかということです。もしかすると、脳が関係しているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です