味覚や痛み

胎児における味覚についても研究が進んでいます。胎児は羊水の中にいますが、羊水の成分のほとんどは水ですが、ほんのわずかながら母親の食習慣が影響することが知られているそうです。ある研究では、キャロットジュースの影響を調べたそうです。妊娠中の母親が3つのグループに分けられ、A群の母親は、出産前に決められた量のキャロットジュースを飲み、出産後は、水だけを飲みました。B群の母親は、出産前には水を、出産後にキャロットジュースを飲みました。C群の母親は、出産前にも後にも水を飲みました。このような食生活を続け、出産した後に、乳児がキャロットジュース入りのシリアルを好むかどうかを調べてみたそうです。もし、出産前の食習慣が胎児に影響を与え、胎児の味覚が機能しているのなら、出産後にA群の乳児は、C群の乳児よりもキャロットジュースを好むはずです。ちなみに、B群は、出産後の母乳の影響を調べるために行なったものだそうです。

その結果、A群とB群の乳児は、C群の乳児よりも、キャロットジュースを好んだそうです。胎児の味覚は、機能しているということがわかりました。だとしたら、母親の偏食も困りものかもしれないと森口は言います。まわりがうるさく言うと、妊婦のストレスが高まるので難しいところですが、体内環境への一定の配慮は重要ではないかと森口は言うのです。

次に、胎児の痛みに関する知覚も研究されています。この研究は、2つの点で重要です。まず、いつ頃から胎児が痛みを感じるのかという点が、中絶の時期を決める際に重要な意味を持つと言われています。胎児が痛みを感じているのであれば、中絶をするべきではないという議論です。もう一つは、意識の発生と関わる点です。痛みが、主観的なものであるためです。タンスの角に小指をぶつけても、ある人は全く痛くないと報告し、別の人は死ぬほど痛いと報告します。神経科学者ラマチャンドラン博士が、「脳の中の幽霊」という本の中で紹介している幻肢痛の存在がこのことを裏付けていると言われています。幻肢痛とは、交通事故などで四肢をなくした人が、その四肢がないにもかかわらず、痛みを訴えることです。実際には、四肢がないのですが、患者はかなりの苦痛を訴えるそうです。

胎児の痛み知覚は、脳機能計画によって検討されているそうです。NIRSを用いた研究では、早産児のかかとを刺激すると、25週で生まれた早産児でも、体性感覚野の活動が見られたそうです。行動的研究からはちょっと信じられないことが報告されているそうです。在胎27週頃に生まれた早産児は、痛み表情をしないのですが、28週で生まれた早産児は、痛そうな表情をすることが示されているというのです。これらの研究から考えると、受胎後6ヶ月から7ヶ月程度で痛み知覚が見られる可能性が示されているのです。胎児は、そのような早期から、痛みを主観的に感じているようです。この時期を意識が発生する時期だと考える研究者もいるそうです。

近年、胎児の研究の進展は著しく、直接的に胎児の行動を調べる研究も増えてくるのではないかと森口は考えているようです。たとえば、明和博士らは、4次元超音波画像診断装置を用いることで、胎児がおしゃぶりらしき行動をすることを示しているそうです。このような胎児研究から、生得性という概念についても新しい知見が生まれているようです。

味覚や痛み” への12件のコメント

  1.  味覚については、なるほど想像が追いつくと言うのでしょうか、羊水への影響の有無について何となく予測を立てながら読み進められたような感がありましたが、痛みについては、何とも衝撃的な内容でした。以前何かの本で、「動物は痛みを痛みと認識していない。なぜなら言語がないから」という内容の文章を読んだことがあるのですが、それがもしそうなのだとしたら、胎児は痛みについて、刺激について、どのような感覚でそれを捉えるものなのでしょう。そんな個人的な想像が働きましたがそんなことは隅に置いて、胎児がお腹の中で既に生きている人間であるということを今更ながら再認識するようなこの度のブログです。

  2. 味覚のキャロットジュースの実験では、やはりというか、出産前でも後でも母体の影響を受けるということなんですね。出産後の母体からの影響は主に授乳によるものだと推測できます。我が子は授乳によって卵の成分が体に入って、それが反応して卵アレルギーになっていたということでした。ということは、胎児の頃も嫁が卵を食べると反応していたのでしょうか。
    痛みに関して、胎児の頃から痛みを感じているということで、当たり前ですが、お腹の中にいる時から生きているんだということが感じられます。

  3. 味覚に関するキャロットジュース実験というものが行われていたのですね。胎児には母親が好むものはあまり影響しないものなのかなと勝手に思っていましたが、そういう訳でもないかもしれないのですね。そうなると「母親の偏食も困りものかもしれない」とあるように、あまりにも偏食過ぎてしまうと胎児にもなんらかの影響が出てしまうのかもしれませんね。また、痛みに関する知覚も研究されているとありました。「在胎27週頃に生まれた早産児は、痛み表情をしないのですが、28週で生まれた早産児は、痛そうな表情をすることが示されているというのです」というのにも驚きました。1周しか違いがありませんが、この1週がとても大きな境になっているということになるのですね。また、痛みと意識の発生が関連していると考えられているのですね。意識というのはどういうことなのでしょうか。なんだか、難しいですが、面白そうな話ですね。

  4. 胎児における味覚についての研究で、胎児の味覚は機能しているということがわかったのですね。これは今回のキャロットジュース実験のような明確に示されたものは知りませんでしたが、胎児には味覚が備わっていると聞いたことがあります。しかし、「胎児の痛みに関する知覚」は全く聞いたことがなかったのが新鮮且つとても驚きました。在胎27週頃に生まれた早産児は、痛み表情をしないのに対し、28週で生まれた早産児は、痛そうな表情をすることが示され、この時期を意識が発生する時期だと考える研究者もいるとあることから、痛覚と意識には関連性の強い相関関係のようなものがあるのかなと想像しました。また「直接的に胎児の行動を調べる研究も増えてくるのではないか」とあり、どのような方法でアプローチするのかがとても気になりました。

  5. 森口氏のいう味覚の母体からの影響というのは、゛体内環境への一定の配慮は重要ではないか゛というのは、意識しないといけないものでありますね。よく、喫煙や酒などを飲んでいると、アレルギーや何らかの障害を持つリスクが上がるという話を聞きます。私は、男ですが、周りの環境として考える必要は十分にあると思います。また、゛受胎後6ヶ月から7ヶ月程度で痛み知覚が見られる可能性が示されている゛とありました。これは、中絶のギリギリが22週くらいと言われているので、それとは、周期が離れているものの、やはり、研究であり、もしかすると、22週のときには、ある一定の場合は、痛みを感じる知覚があると考えることができました。母胎にいることから主観的に痛みを感じることは、文中にある生得性をもっていることを改めて感じます。

  6. 胎児の研究というのもなんだか不思議のように感じます。目視できない相手の研究となると、様々な工夫が必要だと思いますが、母親への食事の形態でそれが把握できるのですね。羊水が母親の食生活に影響を及ぼすということは、まさに胎児と母親が一体となっていることを理解できますが、それが、生まれてからも残り続けるというのは、母親の生活習慣がいかに大事であるかということがわかりました。しかし、「まわりがうるさく言うと、妊婦のストレスが高まるので難しいところ」というような点もあるということで、難しいところなのですね。

  7. キャロットジュースの実験は面白いですね。ただ出産前の食生活が影響するといっても、中にはつわりで食事が偏ってしまう人がいるような気がします。それはそれで、少し可哀想な気がしますし、それこそ一番辛い妊婦さんに細かく言うとストレスを感じ、そのままストレートに胎児に影響してしまう方が怖いです。痛みに関しても、受胎後6ヶ月から7ヶ月程度で痛み知覚が見られる可能性があるということですが、中絶という事を考えると心が痛みます。少し関連するのか分かりませんが出産時は母親はかなりの痛みを伴うと思いますが、赤ちゃんも同時に痛みというか辛い時間を過ごすと聞きました。一番は中絶をしないという決断ですが
    、胎児が痛みを感じる時期が明確になれば中絶する人は減る気がしますが、この辺も知らない方がいいという意見も出て、賛否両論のような気がします・・・。

  8. 「母親の偏食も困りものかもしれない」というコメントがなんとも印象に残りますね。1歳10ヶ月になる息子はその影響かはわかりませんが、他の子がカレーが出て真っ先にカレーを食べているのに息子だけ野菜に手を伸ばしたそうです。この歳になってもその影響はあるのですかね。考えてみると産前は野菜中心の生活だったのかもしれないと振り返りますが、はやり赤ちゃんは母親の受ける影響というのが大きいことがわかります。痛み関してもそんな早い時期から感じるとなると既に胎児から身体全てが完成されているようなイメージを持ちます。胎児の研究が進めば進むほど驚きが増していきそうです。

  9. 今回の内容もとても興味深い内容でした。おなかの中にいる時から、母親の影響を少なからず受けるのですね。妊婦の方が、食生活に気を使ったり、飲み物も制限したりするのは、よく見かけますがそうした意識は大切なのですね。痛みに関して書かれていましたが、中絶するかどうかの議題にもなるとかかれており、確かに大切な点だと感じました。研究によって痛みを感じる時期もわかってきていること、6か月と7か月の1か月間の間に差があることに驚きました。研究によって様々なことが明らかになっていて、それを知ることはとても面白いので、他にもいろいろと学べたらなと感じました。

  10. 痛覚が出てくる時期がはっきりしてきたのですね。とても驚きです。味覚においても母親の影響を子どもはかなり受けているのですね。出産中の母親はこういったところ注意しなければいけないことになりますね。味覚や痛覚といったものはどういったところから反応が出てくるのかとても気になりますね。しかし、味覚においても痛覚においても、その信号は脳から出てきており、その出方を見ることは脳の機能を改めて発見することにもつながっていくというのがわかります。そして、生得性といった知見からも見ることができるようになるのですね。赤ちゃん研究は知れば知るほど人間の神秘性を感じることになります。

  11. 胎児の味覚実験も面白いですね。実験の結果から胎児は羊水中で既に環境の影響を受けていることが推察されます。食生活、特に嗜好品と言われるものの摂取については、とても気を付けなければならないことだとわかります。喫煙や飲酒の影響は殊に知られていますが、食べものにも配慮する必要があるようです。しかし、そのことが母胎のストレスになるとどうか、ということがありますね。妊娠しているのに喫煙している女性がいるようですが、私個人としては、あ~ぁ、と残念に思います。ストレスから解放されるために喫煙する。胎児と母親のストレス関係についても知りたいものです。胎児はいつから痛みを感じるか。このことが中絶と関わっていることの指摘にはハットさせられます。中絶について胎児の痛みの観点から考えたことはありませんでした。痛みと意識の発生。この連関についても興味関心をそそられますね。「受胎後6ヶ月から7ヶ月程度で痛み知覚が見られる可能性が示されている」とあります。しかも1週の違いで表情の有無がわかってきている。胎児研究の進展に関しても今後注目していきたいですね。解説、よろしくお願いします。

  12. 胎児における味覚の実験、とても面白いですね。その結果、A群とB群がC群に比べてキャロットジュースを好んだんですね。出産前、後でも母親の食生活が子どもにも大きく影響していることがわかります。母親の食事が触接に子どもに影響してくるわけですから、確かに母親の偏食は困りものですね。当たり前ですが、人類にとって、食事がいかに大切か感じました。
    そして、痛みの話では、受胎後6ヶ月から7ヶ月で知覚される可能性が示されているんですね。はやいですね。驚きです。そしてこの時期を意識が発生する時期という考えもあるんですね。乳児は何も知らない、なにもできないと思っていた考えが明らかに違っているような気がします。受胎後6ヶ月で意識が生じるのは驚きと生命の不思議を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です