前頭葉機能

脳の機能的発達についての三つの考え方を提示しています。一つ目が、成熟説で、脳の各領域の構造的発達が、そのまま機能的な発達につながるというものです。二つ目は、スキル学習説と呼ばれるもので、ある問題に熟達化することによって、脳の機能局在がなされるという考えです。三つ目は、相互作用特化説というもので、ある特定の脳領域は、単独で活動するのではなく、他の脳領域とともにネットワークとして活動するというもので、大脳皮質内のいくつかの脳領域においては、脳領域同士が相互作用し、競合することで、機能がある領域に特化していくというものです。スキル学習説と相互作用説は完全に区別することはで来ませんが、成熟説とこれら二つの説の区別はできると言います。ただ、証拠はないので、どの考えが正しいのかはこれからの研究課題であると森口は言います。

では、人間として最も大切な、人間らしさを表わす前頭葉機能と社会脳の発達はどうなのでしょう。前頭葉機能の発達は、実は実行機能の発達に対応しているのです。そして、社会脳の発達は、社会的認知の発達に対応するのです。実行機能は、柔軟に課題を切り替えたりすることで、目標志向的な行動を実現する能力のことです。ということで、神経心理学的な研究から、実行機能は前頭葉との関連が強いことが指摘されているのです。

もし成熟説が正しいとなると、実行機能課題を与えた場合に、ある年齢までは前頭葉は活動せず課題が遂行できませんが、前頭葉が活動するようになってから課題の成績が向上することが予測されるのです。一方、相互作用説に立てば、子どもにおいては前頭葉の一部領域を比較的広範に活動させるものの、年齢とともに活動が局在化することが予測されるのです。これを確かめるために、go(ゴー)、no go(ノーゴー)課題というものがあります。この課題では、ある刺激が出された場合、参加者はボタンを押し、別の刺激が出された場合は、ボタンを押さないように求められます。子どもは、9歳と11歳の時にこの課題を与えられ、9歳時と比べて、11歳時においては下前頭領域の活動は強くなっていたそうです。課題の成績とこの領域の活動に関連が見られたことから、この領域が課題の成績の向上に関連していると考えられます。興味深いことに、9歳時に比べて、11歳時において、背外側前頭前野などの前頭葉の他の領域の活動が弱まったそうです。この結果は、同じ課題でも、年少の子どもの脳活動は比較的特化しておらず、年齢とともに活動が特化していくことを示しているというのです。

また、前頭葉の成熟には長い期間を要するので、成熟説に立てば、成熟早期から前頭葉の活動は見られないはずだと森口は言うのです。しかしながら、近年、発達早期から前頭葉の活動が見られることが示されているそうです。NIRSを用いた研究で、ワーキングメモリ課題中の乳児の前頭葉の活動が調べられたのです。この研究では、乳児に玩具を与え遊ばせた後に、その玩具を布の下に隠したのです。隠した後の遅延時間中の乳児の脳活動を調べたのです。隠された玩具を探索できなかった場合とできた場合の脳活動の違いを検討したところ正しく探索できた場合において、前頭領域の活動が高いことが示されたそうです。

森口自身も、DCCS課題中の脳活動を、NIRSを用いて3歳と5歳を対象にして計測したそうです。

前頭葉機能” への8件のコメント

  1. 前頭葉機能の発達は、実行機能の発達に対応していること、そして、実行機能は「柔軟に課題を切り替えたりすることで、目標志向的な行動を実現する能力のこと」とありました。また、近年では発達早期から前頭葉の活動が見られることが示されているともありました。乳児の日々の姿を見ていると、この前頭葉を発達させているような姿が見られるように思います。乳児であっても自ら選択し、遊びを深めています。最善の行動になるために選択するような行為は園の中で、多くの子どもが行なっていることだと思います。それは、誰かにやらされていたり、強制されている訳ではなく、自分で考えて行動しているからということが言えるのでしょうか。前頭葉を使ってあらゆることを判断する、選択するということができるためにはやはり、大人が先回りしないような関わり方をしているかと関連してくる部分もあるのでしょうか。

  2.  「脳の機能的発達について」なるほど、成熟説だけで脳の働き、発達を説明しきれないことがわかります。前頭葉の活動が開始されるまでその機能は機能しない、というように脳はなっていないようですね、「相互作用特化説」を知ることで、脳にはやはり多様性があり、可塑性があり、柔軟性があるということを改めて感じさせます。
     「9歳時と比べて、11歳時において」研究者の研究内容、その方法がしっかりとした見通し、そしてその結果を得られるまでの期間を耐え忍ぶ忍耐力や、検証し続けようとする努力が必要であることを時々ふと思います。そういった覚悟でもって取り組まなければ得られない成果というものがありますね。

  3. まず〝実行機能は前頭葉との関連が強い〟とあり〝実行機能は、柔軟に課題を切り替えたりすることで、目標志向的な行動を実現する能力〟だと実行機能の説明があった後、〝前頭葉の成熟には長い期間を要する〟ということで、子どもが課題に対して考えたり、試行錯誤していたりしていた時に先回りして教えてしまう、答えを与えてしまうことは、この前頭葉の成熟を妨げてしまうことにつながるものであるのだと思います。自分たち大人はすでに分かっていることでも、子どもからすれば初めて経験することはたくさんあり、その一つ一つが成熟、成長につながること、脳の観点から見ても大人が先回りする行動がどのような結果をもたらすのかというのが見えてくるんですね。

  4. スキル学習説と相互作用説は完全に区別することはできませんが、成熟説とこれら二つの説の区別はできるのですね。そのあと実行機能を例に、これらの三つの説を考えた内容や新たな研究結果から、成熟説では成り立たないように思えてきました。その逆に、相互作用説が研究結果からも裏付けされつつあるのかなと感じました。
    「go、no go課題」における研究結果はとても興味深いですね。9歳時と比べて、11歳時においては下前頭領域の活動は強くなっていたのに対して、背外側前頭前野などの前頭葉の他の領域の活動が弱まったとあることが、年少の子どもの脳活動は比較的特化しておらず、年齢とともに活動が特化していくことを示しているのですね。特化時期にも個人差がありそうですが、前回に「脳の特化が終わったら再編成できない」とあったので、特化時期により良い環境で過ごすことが求められるように感じました。

  5. 前頭葉の機能に対して、実行機能の発達に対応しているのですね。前頭葉の発達が実行機能として相互していくのならば、目標志向的な行動を実現する能力とあるように何かをやり遂げるときだったり、そのときに必要な我慢であったり、達成したり、気持ちの切り替えという部分にも重要視できると思います。こういった部分には自己の選択、自分が何をやりたいのかを考えることや何をする必要があるかなど日々の考え、選択するといった自発的部分があることが必要であると思います。そういった経験のなかで、楽しさや感じる、味わうなど、経験値として脳へ刻み込まれていくことが、年齢があがっていくなかで生きていくのかなとも思います。

  6. 印象的であったのが、「go(ゴー)、no go(ノーゴー)課題」において、「9歳時に比べて、11歳時において、背外側前頭前野などの前頭葉の他の領域の活動が弱まった」という点です。脳の活動が強まっていくだけでなく、弱まっていく部分も存在していくということが何を意味するのでしょうか。シナプスのように、必要ないものを刈り込むことによって別な何かを得ようとする機能が働くのでしょうかね。「人間として最も大切な、人間らしさを表わす」のが前頭葉機能ということで、その部分が人間を人間たらしめている部分であり、その発達過程が人間の真理を解き明かす鍵でもあるというのでしょうか。

  7. 前頭葉と聞くと、藤森先生の講演を思い出します。行動抑制力、そしてミラーニューロン、人が社会の中で生きていく中で必要な能力を兼ね揃えているのが前頭葉の印象です。保育と脳科学と言われた瞬間は繋がりがあるのか?と思いがちですか、突き進めていくと保育はもちろん、人間本来の生き方を学んでいるような気がします。時代が進むにつれて、様々な事が進歩する反面、人間はかえって退化しているのかもしれません。それを解決し、本来の生き方を取り戻す為に脳科学や乳幼児の研究があるような気がします。少しブログの内容から外れてしまいましたが、今回のブログを読んで瞬間に思った事を書いてみました・・・。

  8. 人間として最も大切な、人間らしさを表わす前頭葉機能と社会脳の発達についてでは少し難しい印象を受けましたが。さらに実行機能は前頭葉との関連が強いということなのですね。シナプスは刈り込まれていくと学び、決して脳が大きくなるにつれ機能も増えていくわけではないことがわかります。そこでgo(ゴー)、no go(ノーゴー)課題から「興味深いことに、9歳時に比べて、11歳時において、背外側前頭前野などの前頭葉の他の領域の活動が弱まったそうです」とあります。このや弱まる」ということから一体脳は人間に対してなにを意味しているのかというのが気になるところです。そして単純にどのように測定しているのかも不思議なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です