他人種の顔弁別

知覚の刈り込みについて最初に示されたのは、他種効果です。サイエンス誌に掲載されたパスカリス博士らの論文で、6ヶ月児は、サルの顔をしっかりと弁別していることを示しました。しかし、9ヶ月の乳児になると、その弁別能力を失うことを示したのです。また、大人も、サルの顔を弁別することは出来なかったのです。ということで、幼い乳児は、人間以外の動物の顔を区別することができるのですが、1歳頃までに人間の顔だけを区別するようになっていくということがわかりました。

この刈り込み過程では、音声知覚の場合と同様に、経験が重要な役割を果たしているといいます。パスカリス博士らは、6ヶ月から9ヶ月の間に、サルの顔を見せ続ければ、サルの顔を弁別する能力が維持されるかどうかを検討しました。研究に参加してくれる家庭にサルの顔写真が掲載されている本を渡し、毎日その本を乳児に見せてみたのです。このグループと、そのような経験をしていない統制グループを対象に、9ヶ月時点におけるサルの顔の弁別能力を調べたそうです。その結果、サルの顔を見る経験をした乳児は9ヶ月の時点でもサルの顔を、弁別できたのでが、統制グループは弁別できなかったそうです。この結果は、毎日サルの顔を見る経験の重要性を示しています。興味深いことに、別の研究で毎日乳児にサルの顔写真を見せる際に、ただサルの顔写真を見せるだけではこのような効果は弱く、一つ一つのサルの顔写真に名前を付けて区別を明確にしてみせると、このような効果が強いことも示されているそうです。

これは、動物の顔でしたが、他人種のほうの顔でも同様の効果がみられるそうです。リー博士らは、3、6、9ヶ月の白人乳児に、アフリカ・中東・中国・白人の成人の顔を提示し、サルの場合と同様の手法を用いて顔を弁別できるかを検討したそうです。その結果、3ヶ月児はどの人種でも新しい顔と古い顔を弁別でき、6ヶ月児は中国と白人の顔において弁別でき、9ヶ月児は、白人の顔のみの弁別ができたそうです。やはり、9ヶ月頃までの間に刈り込みの過程があることがわかります。他人種効果で想定されている発達過程は、まず、自分が属する人種への接触による自分の人種に対する選好があるようです。そして、自分の人種に対する選好の結果として、顔全体に対して注意が向きやすくなり、他の人種の顔でも弁別可能になるそうです。その後、様々な顔弁別ができる状態から、自分の属する人種の顔を見る経験を積み重ねることによって、自分の属する人種に対して特化していくと想定されているそうです。このように、顔知覚にも刈り込みの過程があると言います。このような研究は、詳細な議論をするためには知見を積み重ねる必要があるとしつつ、森口は非常に興味深い研究だと言います。

乳児は、様々な知覚能力を有していますが、知覚の感覚間協応にはいくつかの考え方があることを紹介しました。ひとつは、ピアジェのように、個々の感覚が発達とともに協応していくというものです。二つ目は、新生児は、生まれながらに感覚間協応を備えており、その能力の精度が向上するというものです。三つ目は、知覚の発達とは、生後まもなく、複数の感覚が協応して働くというような超感覚的な状態から、視覚や聴覚などの個々の知覚に分化していく過程であるというものです。

他人種の顔弁別” への12件のコメント

  1. 「サルの顔を見る経験をした乳児は9ヶ月の時点でもサルの顔を、弁別できたのですが、統制グループは弁別できなかったそうです」とありました。おもしろい研究があるのですね。人だから当然、人の顔の弁別に特化するはずだと思っても、サルの顔を見る経験を重ねることで、サルの顔の弁別能力も失われることがなかったというのは、刈り込みによる能力の表れにもなるのですね。また、他人種による研究も行われているとありました。「自分の属する人種の顔を見る経験を積み重ねることによって、自分の属する人種に対して特化していくと想定されているそうです」という刈り込みによる結果がありました。これは人が集団で生きていく上で重要になった能力なのかもしれませんね。自分が属すべき集団はどういうものなのか感覚として知ることは、自分を守ることでもあるのかもしれません。また、刈り込みとは関係ないかもしれませんが、様々な種類の人と関わることの重要性も感じるのですが、そのあたりとも繋がってくるのでしょうか。

  2.  「他人種効果で想定されている発達過程は、まず、自分が属する人種への接触による自分の人種に対する選好があるようです。そして、自分の人種に対する選好の結果として、顔全体に対して注意が向きやすくなり、他の人種の顔でも弁別可能になるそうです。その後、様々な顔弁別ができる状態から、自分の属する人種の顔を見る経験を積み重ねることによって、自分の属する人種に対して特化していくと想定されているそうです。」先日の園内研修で、ゴキブリを気持ち悪いと感じるのは自分の身近な大人が最初にキャーと驚いたからという別名「キャーの法則」を教えていただきました。9ヶ月頃にこれほどに人種間の顔を理解できるということであるのですから、大人はこの時に、世界には多様な人がいて、共生と貢献の精神で一緒に地球で生きていくのだという気持ちでもって、子どもと接する必要がありますね。親の偏見をしっかりと子どもは受け取る可能性があるように思えたからです。子育ては親の人格を向上させる、人生における大きな事業の一つなのだと再認識したような気持ちです。

  3. 〝他人種効果で想定されている発達過程は、まず、自分が属する人種への接触による自分の人種に対する選好がある〟とあり、顔の弁別に伴う「刈り込み」は自分たちの人種の選別が早くに出来てくると、敵なのか自分を守ってくれる存在であるのかというのが分かってくるということになりますね。そうなると、早期に欲しい能力であることを感じます。
    その自分を守ってくれる存在が子どもたちにとっての安全基地となり、外の世界へと意識を向けていく…ということになるんですかね。やはり、つながりますね。

  4. 「6ヶ月から9ヶ月の間に、サルの顔を見せ続ければ、サルの顔を弁別する能力が維持されるかどうかを検討しました」とあったことは私も気になるところでした。その結果「サルの顔を見る経験をした乳児は9ヶ月の時点でもサルの顔を、弁別できたのだが、統制グループは弁別できなかった」そして、他人種においても同様のことが言えるというのはとても興味深いです。この事実からふと思ったのが、よく親と「似てる!」と言われますが、こちらとしては「似てない!」と思うのも、この時期にしっかりと分別ができているからなのかなと感じました。また、知覚の感覚間協応の3つがありました。個人的には2つ目の「新生児は、生まれながらに感覚間協応を備えており」というのが今まででわかってきた乳幼児観に当てはまっている気がして、しっくりきましたが、3つ目の「複数の感覚が協応して働くというような超感覚的な状態」というのも気になるところです。

  5. 顔弁別のなかには、繰り重ねられた見る経験、さらに名前をつけることにより、より区別しやすくなったことなど、見るということが重要であることがわかりました。刈り込みがあるものの、こうした経験をしていることで、選好はあり、弁別できるといったものですね。さらに、゛自分の属する人種の顔を見る経験を積み重ねることによって、自分の属する人種に対して特化していくと想定されている゛とあることは、それによって自身の属する人種へと集団の意識を持ちやすくなるのかなとも思いました。

  6. 刈り込まれる分野であっても、状況によっては刈り込まれないようにしむけることは可能かという、「6ヶ月から9ヶ月の間に、サルの顔を見せ続ければ、サルの顔を弁別する能力が維持されるかどうかを検討しました」という研究は面白いですね。どんな状況で、また、何を目的とした刈り込みなのかという点が非常に気になりますね。生き物ではありませんが、子どもたちは電車の微妙な異なりを見極め、「これは○○系で、こっちは○○系」などと区別することができるのは、やはり顔認識でもあった「毎日サルの顔を見る経験の重要性」と同じように、継続することが認識に大いに役にやっているということだけでなく、同時に名前をつけることで注意度が増すイメージを持ちます。そして、「自分の属する人種の顔を見る経験を積み重ねる」ことによって、その分野に特化されるようになるのですね。

  7. 9ヶ月でもサルの顔を弁別できると聞いて驚きました。また動物でなく人でもある程度の月齢までは新しい顔を弁別できるということですが、ブログに書いてあるように自分の環境に合わせて顔も言語も特化して弁別していくようになるのですね。次男が1歳になってしまいましたが、9ヶ月までの期間、本人の中でそういった弁別が行われていたと思うと、赤ちゃんの持っている能力が改めて私の想像を超えているな・・・と考えていました。それと同時に、こんなにも赤ちゃんの隠された能力が明らかになっているのに、まだ研究を続け、新しい理論、考え方を打ち出そうとしているのを聞くと、人間というのは奥が深い生き物で、それこそ宇宙が解明できないのと一緒で、難しい反面、驚きとワクワク感があります。

  8. 「毎日サルの顔を見る経験の重要性」というのが今回のブログでポイントなのですね。何度も見て経験をすることで9ヶ月の子でさえも猿や人種の区別ができるのですね。また猿に名前をつけて区別することでより成果ができるというのもすごいですね。名前があることでより区別がつきやすくなることがわかります。そこから「様々な顔弁別ができる状態から、自分の属する人種の顔を見る経験を積み重ねることによって、自分の属する人種に対して特化していくと想定されている」とあるように刈り込まれていく。今その理解だけで頭がいっぱいになります。

  9. 6か月の子どもに猿の顔を見せていると9ヶ月児でも顔の弁別ができたのですね。それは刈込をする必要がないことを脳が理解していたからこういった発達が残ったのだと考えられることです。つまり、その必要がある環境であれば、発達する部分は残り、無駄だと判断されず残るということがわかります。よくお年を召したかたが、最近の若い人を見て「みんな同じ顔」というのはなじみがないために判別しにくくなっているからなのかもしれません。ただ、「刈り込まれる」とはいえ、なくなってしまうのでしょうか。また、なじみのある環境にあったら、見慣れてくるというものもあるように感じるのですが、どうなのでしょうか。

  10. 刈り込みの過程に「経験が重要な役割を果たしている」ということは、まぁそうだろうな、と思うのは素人で、研究者はこのことを実験にて証明しなければなりません。パスカリス博士らの実験がものを言ってきます。サル顔実験のみならず、各人種の顔でも実験。「9ヶ月児は、白人の顔のみの弁別ができたそうです。他人種効果で想定されている発達過程は、まず、自分が属する人種への接触による自分の人種に対する選好がある」ということがわかりました。この実験はとてもわかりやすい。「自分の属する人種に対して特化していく」。所属感の醸成はこの辺から行われてくるのでしょうか?いろいろと想像が膨らみますね。さて、今回のブログの最後には「知覚の感覚間協応」について3つに分かれて説明がありましたね。感覚器官も自発的に協応していく。協応しながら分化し特化していく。人間の身体も自発的に出来上がっていくのですね。

  11. 赤ちゃんがサルの顔を見せ続ける実験、面白い結果がですね。なるほど、日々サルの顔を見せることで、サルの顔を認識する脳内のシステムが刈り込まれずに残るということでしょうか。人が環境や経験によってさまざまな影響を受けるんだということを改めて感じました。そして面白いのは、ただサルの顔を見せるだけでは効果薄く、一つ一つのサルの顔写真に名前を付けて区別を明確にしてみせることが効果を強めるとあります。名前を付けることで印象が異なって記憶の定着につながっているのでしょうか。
    ただ、機械のように日々の生活を送るのではだめですね。自分の興味を自分の意志で行動、活動することが大切なんだと思いました。

  12. 顔弁別の研究はとても面白いですね。乳児に、サルの顔を毎日見せることで、その能力が維持されたという結果はとても興味深いと思います。それは、サルだけでなく人間の人種も同じような結果が見られることから、幼いうちから保育園で異年齢の子どもたちと触れ合うように、他の人種の方たちと触れ合うことは、メリットがあるのかもしれませんね。3ヶ月、6ヶ月、9か月の乳児を対象に研究を行うことで、刈り込みの過程があることが分かりましたが、もし、毎日のようにサルの顔を見る機会があり、サルの顔を見分ける能力が維持されたとして大人になった時でも見分けることはできるのでしょうか?刈り込みの時期はあるのでしょうか?そこが、疑問に感じたところです。もし、大人になったときにその能力が残っているとしたら、乳児期の重要性に改めて気付くことができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です