9ヶ月

いよいよ私が最近特に興味を持ち、いままで何となく思っていた色々な仮説が、納得いくものになった考え方を紹介します。それは、「9ヶ月革命」です。この考え方を強く主張しているのが、やはり以前に特集で何日にもわたって取り上げたトマセロです。「9ヶ月革命」という言葉も今年の6月に初めて紹介しましたが、当時は、その言葉自体にはあまり注目をしませんでした。しかし、脳の機能の拡大のグラフの中で、エモーショナルコントロールという脳機能の拡大のピークの時期を知ったときに、この9ヶ月という時期とリンクすることに気がついたのです。

最近の研究により、9ヶ月から12ヶ月頃にかけて乳児は他者と何かを共有するという三項関係に参入することができることがわかってきました。この変化の重要性を強調する研究者は多くいます。ちなみに私も非常に重要視しています。その代表的な存在が、「ヒトはなぜ協力するのか」とか、「コミュニケーションの起源を探る」という本を2013年に出したマイケル トマセロです。彼は、心理学を含む様々な領域の研究を行ない、世界中に大きなインパクトを与え、近年では最も影響力のある研究者の一人だと言われています。彼は、ヴィゴツキーにも影響を受け、人間における文化伝達の理論を構築しています。また、人間と人間の近縁種であるチンパンジーなどを比較することを通して、人間と他種の違いは、人間特有の文化的継承に見られると指摘しています。ヒト特有の文化継承には、累進的な文化進化プロセスと社会制度の二つの側面があると考えています。社会制度の側面とは、規範や慣習など、それぞれの集団に所属する個人が従うべきルールのことだと説明しています。それについては、2015年の4月あたりのブログで「ヒトはなぜ協力するのか」という本を取り上げたときに、説明しました。

では、もうひとつの累進的な文化進化プロセスとは、誰かが発明したものを、別の誰かが忠実にそのまま受け継いだ上で、その発明品を改良していくプロセスということです。ここでの発明品とは、ヴィゴツキーの道具に対応しており、ハンマーのような物理的道具も、言語などの心理的道具も含まれます。トマセロ博士によれば、人間以外の生物も発明はするし、広い意味での文化的継承は生じると言っています。ただ、人間の特徴は、誰かの発明を継承し、それを蓄積してよりよいものを構築する点だというのです。いわば、歴史的な視点の重要性を強調しているわけだと森口は言います。

累進的な文化進化プロセスは、模倣による学習や共同作業による学習などでなどでなされますが、これらの学習の基盤にあるのは、人間特有の他者認識能力です。人間特有の他者認識能力とは、人間が、他者を、自分と同じような意図や精神生活を持っているものとして理解する能力であるとトマセロは説明しています。さらに、その意図や目標を他者と共有する傾向のことだとしています。

他者の意図を理解し、共有するからこそ、他者の行動を模倣できますし、教育から学ぶことができると言うのです。また、他者が意図を持った存在だと見なし、目標を共有するからこそ、共同作業や協力行動ができるわけだというのです。眼前の他者から学ぶことはもちろん、書物や道具そのものを通じて、私たちは間接的にも他者から学習できるのも、それらの意図や用途を汲むことができるからなのです。このような他者もしくは他個体の意図を理解・共有する能力は、人間において特に発達しているのです。

9ヶ月” への10件のコメント

  1.  「いよいよ私が最近特に興味を持ち、いままで何となく思っていた色々な仮説が、納得いくものになった考え方を紹介します。」冒頭の文章に胸が高鳴るような、それと同時に、読み落とすことがあってはならないと戒めるような、そんな心持ちで読み進めたこの度のブログです。人間と人間以外の生物とを比較し、明確な特徴を挙げた例は今までにも無数に触れてきましたが、やはりこの度のブログで挙げられるトマセロ博士の内容は、衝撃を与えるものです。「他者もしくは他個体の意図を理解・共有する能力は、人間において特に発達している」この力が「9ヶ月」という時間の中で目覚ましく発達していく、目覚ましく変化を遂げていく、ということですね。人間をとても高度な生き物へと導いていく「累進的な文化進化プロセス」の芽生えがこの時期の子どもたちにあることを思い、乳幼児教育、乳児の生きる環境の大切さを、だからこそ声高に伝えていかなくてはならないのかと目の開く思いがします。

  2. 9ヶ月革命とエモーショナルコントロールの発達が藤森先生の中で関連し、あらゆることが繋がっていくような気がして、なんだかワクワクします。これからもいろいろな角度から繋がり、広がり、そしてそれが証明されるような流れになるのではないかと思ってしまいます。「累進的な文化進化プロセス」の話がありました。人間特有の「誰かの発明を継承し、それを蓄積してよりよいものを構築」することを模倣による学習や共同作業によって学ぶとありましたが、それを支えているのが他者認識能力ですとあり、なんだかあらゆることが繋がっていきそうな感覚になり、すごいな!と感じてしまいました。そのつながりは私にはまだまだ分からないのですが、他者の意図を理解できるからこそ、模倣ができるということからも、私たち人類がこの世界を持続させていくためにはやはりこれらの力が必要不可欠であるということを感じます。藤森先生が常々言われていることではありますが、これからの時代に必要にな力は知っているという知識ではありませんね。

  3. 三項関係に移ることが可能になるのは、現在では9ヶ月〜12か月であるということで、その時期というのは同じものを誰かと共有することに対して敏感で尚且つ長けている時期とでも言えるのでしょうか。その時期にどのくらいの物や事を他人と共有できたか、どんな思いを他者に抱いたかが、その子がこれから生きていく上での「エモーショナルコントロール」ができるてくるのかということでしょうか。そして、「人間の特徴は、誰かの発明を継承し、それを蓄積してよりよいものを構築する点」ともあり、エローショナルコントロールの構築には、誰かの技術や行為、または歴史的な伝統を見よう見まねで真似する行為こそ、「継承」していく姿であり、それをさらに良いものへと変える「進化」でもあるように感じました。

  4. 〝人間の特徴は、誰かの発明を継承し、それを蓄積してよりよいものを構築する点〟だということが書かれてありました。「学習」の「学」という字は真似るという意味があるということ、「習」の字には自らで羽ばたくという意味であるということをこの前、藤森先生から聞きましたが、学習というのはその人間の特徴をそのまま表している漢字なのではないかと思いました。
    その原点ともいえる能力が9ヶ月頃から始まる〝乳児は他者と何かを共有するという三項関係に参入することができること〟であるということなんですね。
    学習するということは人間の特徴であり、それをするしないでは雲泥の差になるということなのかもしれませんね。だとするなら、人間として忘れてはならないものだと思いました。

  5. 「9ヶ月から12ヶ月頃にかけて乳児は他者と何かを共有するという三項関係に参入する」ことがわかってきているとあり、改めて乳児期から多くの他者との関わりや触れ合いが重要であることがわかります。また、ヒト特有の文化継承の1つに「累進的な文化進化プロセス」とありました。その基盤に「人間特有の他者認識能力」とあり、その説明にあった「他者の意図を理解し、共有するからこそ、他者の行動を模倣できますし、教育から学ぶことができる」ことと「他者が意図を持った存在だと見なし、目標を共有するからこそ、共同作業や協力行動ができる」とあったことが無意識に当たり前として認識していたことに気づきました。自分が今まで当たり前として認識していたことを掘り下げて、基盤から知り直していくことにとても心踊る気持ちと言いますか、感銘を受けた気持ちにもなります。以前に人が生まれながらに備えている3つの特徴として「協力的」「援助的」「利他的」があるとありましたが、この3つを豊かに育み、活かしていくには「他者認知能力」があってこそで、そのためには乳児期からの集団生活が重要であることが理解できました。

  6. 9ヶ月革命とエモーショナルコントロール機能の脳の拡大ピークが重なりあっているのは、この時期、乳児であるが、人生の構築をしなければいけない時期であると考えられました。他者認識を認知し、この時期までに他者を認識にする力であったり、基礎となるが構築されていくのでしょうか。こういった他者認識によるものが、協力するや助け合うなど、相手が何をしているのか、また、どういった状況下などを社会脳、ソーシャルブレインで考え、必要なものを発揮するようになるのかと考えられました。この三項関係ができるようになる時期であったり、脳の発達の時期がこの9ヶ月といったところから二つは関連性をもったものであり、社会のなかで、見て学び、継承していくような連続性をもったものが構築されていくように考えられます。

  7. 先月末で次男が一歳になりました。そう思ってブログを読んでみると確かに!と思い当たる行動をしている気がします。おもちゃを使って明らかに一緒に遊ぶようになりましたし、最近は食べ物を私の口に持ってきて食べさせてくれます。もちろん教えたわけでもありませんし、自然と行った行動だと思うと、やはり人類は他者との協力関係にあり、互いに助け合って生き延びてきたと感じます。

  8. 「人間と他種の違いは、人間特有の文化的継承に見られる」とあり、人間が他者を理解し、どう協力して生きてきたかが想像できます。また「人間の特徴は、誰かの発明を継承し、それを蓄積してよりよいものを構築する点だというのです」ともあり、よく何代目の〇〇など継承して会社を引き継いでいるところを見ます。継承し、時代のニーズにあったものを作り上げるなどといった行為というのは人間しかできないことなのですね。ドラマで今陸王という番組がやっていますが新しいものを作るのに非常に人の繋がりを感じます。こうしたことに感動するのはやはり人の持った能力をフルに生かしているからなのですかね。少し話がそれてしまいましたがそんなことを思いました。

  9. 9ヶ月革命という考えに、先生も興味を持っているとあり、これはどんなものだろう?と思いながら読みました。脳の拡大のグラフからエモーショナルコントロールの脳機能の拡大のピークである時期なんですね。きっと、そのほかにも、様々な発達が見られたりするんだろうなと思います。9ヶ月という時期が色々なところと繋がり深まることを楽しみにしています。
    人の累進的な文化進化プロセスで誰かが発明したものを、別の誰かが忠実にそのまま受け継いだ上でその発明品を改良していくプロセスとあります。自分も、先生の教えをしっかりと学び、それをしっかりと受け継いでいきたいと読みながら思いました。現在の様々な発明がこういった小さな発見の積み重ねなんだと感じ、自分もそのうちの一人になれたらと思いました。

  10. エモーショナルコントロールのピークの時期が9~12か月ということで、9か月革命とつながると感じたのですね。先生の知識の多さとそれらを結びつけて考えることができることにすごいなと感じました。
    この、9か月革命やエモーショナルコントロールの話を聞くと、今まさに赤い部屋で関わっている0歳児の子どもたちがその時期で重要な時期であることを再確認できました。そして、そのような時期を保育園で過ごす子どもたちと、家庭で過ごす子どもたちとでも、また違ってくるのだろうと感じました。保育者として、どのような関わり方がこの時期に必要なのかまだまだ分からないこともたくさんありますが、これから学んでいきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です