韓国二日目

韓国の明洞は不思議な街です。その地域は、南大門市場の通りを挟んで反対側にあります。主婦層の多い南大門市場に比べ、ここでは若者の姿が多く見られます。その街の雰囲気は、日本の様々な街と比較されますが、私の印象は、原宿の竹下通りのようです。違うのは、通りの両脇にはびっしりと屋台が並び、様々な食べ物が並び、その食べ物を食べながら歩き回る若者が多いという点でしょうか。もう一つ、店の種類として、ここで非常に多いのが、韓国コスメの店です。衣料品の店が多い原宿と違って、化粧品、顔パック、クリームなどのコスメが多いのです。カタツムリパックとかカタツムリクリームは有名です。また、高級ブティックやカラオケボックスやメガネ店やファストフード店と並んで、公然と偽ブランド品を売っている露店もあります。また、ここでは多くの客は中国からだったそうですが、最近は中国で海外での買い物を禁止したためにめっきり少なくなったそうです。

夕食の帰り道、そんな明洞を通ってホテルに戻りました。

次の日は施設見学です。午前中は公立のオリニジップです。オリニジップとは0歳から6歳までの園です。昨年、韓国報告をしましたが、日本では、選挙公約で5歳児保育料無料化が叫ばれていましたが、韓国では、現在0歳からすべての年齢において無料化されています。そのために、政府では質を担保するために、3歳以上児に対してヌリ課程、未満児に対して教育標準過程というものを定め、3年に一回、その通りに保育されているのかを評価指導に来るそうです。この時に、韓国ではオリニジップとキンダーガーデンとの間で3歳以上児に対する過程の一体化が行なわれたのです。このヌリ課程は、今回訪れた各園では、かなり否定的でした。それは、すべての園の底上げに有効ですが、今回訪れたような良いと言われている園からすると、園による創意工夫がそがれてしまっていると言います。例えば、異年齢保育を行なおうとしても、ヌリ課程では年齢別で保育をすることと書かれてあるそうです。特に、4,5歳の異年齢、3,4歳の異年齢はいいのですが、3歳から5歳児までの異年齢保育は行なってはいけないことになっているそうです。しかし、政府では、「教育課程を実行する側の教師の専門性と力量によって効果的に応用することができる」と言っています。

それでも、このヌリ過程は、大学の教育関係者によって作られているものですから、その内容からはどのような保育が質に必要であるかを見ることができます。昨年に引き続いて、私が韓国ツアーを企画したのは、世界標準の保育を見るためです。それは、1園だけを見ても、それがヌリ課程で定められている部分であるかがわかりませんが、今回5園を見ることで、どの園でも行なっている保育、環境が定められていることかがわかってきます。その上で、難しいながらも、各園が創意工夫をして、質を独自で高めているかを知ることができると考えたからです。

例えば、各保育室には7カ所の領域が用意され、子どもたちはそれを自ら選択して遊びます。そして、それぞれの領域には、どんなものが最低限必要であるのか、どのような環境構成が必要であるかがわかります。また、保育室は子どもの数に比べて狭い気がしたのですが、全体はゆったりしています。それは、子ども一人当たり2.6㎡で、日本の2.98㎡に比べてかなり狭いのですが、園全体の面積も子ども一人当たり6㎡と決めれているそうです。職員室もない、玄関ホールもない、収納室もないなどの園はいくら企業所内保育所と言ってもありませんでした。