乳児と幼児

スペルキ博士らは、一連の実験結果から乳児が様々な物理的知識を持っていると主張していますが、そのような結果は、スペルキ博士らとは異なる解釈もあるのではないか、もし仮にスペルキ博士らが言うように乳児が物理的な知識を持っているとしても、それらの能力を乳児が生得的に持っていることの証明にはならないのではないかという反論があるそうです。ほかにも、乳児と幼児で結果に食い違いが見られるということがあります。例えば、スペルキ博士らは、視線を計測することで、生後4ヶ月の乳児が物体の性質を理解していることを示しました。この実験では、乳児は馴化段階において、スクリーンの上方からボールを落とした後にスクリーンが取り払われ、ボールが地面に落ちている様子を観察します。これを見せられた後に、テスト段階では、床の上にもうひとつの水平面が用意され、馴化段階と同じようにボールがスクリーンの上方から落とされました。一致条件では、物理的法則に従って、スクリーンが取り払われた後も、ボールは水平面の上にあります。不一致条件では、ボールは水平面を通過して、床にあります。

この実験で、乳児は不一致条件に脱馴化しました。つまり、ボールが水平面を通過しないという物体の性質を理解していることになるのです。ところが、同じ性質を扱った実験を幼児の実験では、視線ではなく探索行動を指標とします。この場合、馴化段階の後に、テスト段階において水平面の上と下にドアを用意して、ボールがある位置を探索させるのです。物理法則を理解しているのであれば、水平面のドアを開けるはずです。ところが、2歳半の幼児は、水平面の下のドアを開けてしまったのです。幼児は、乳児ですら理解しているはずの物体の性質を、理解していないかのような行動を取ったのです。このような結果は、数多く報告されているそうです。

このような結果を見て、どう判断するでしょうか?私は、乳児が生得的に持っている力は、その後の経験を積み重ねる中でより確実な能力となるだけでなく、消えていくものもあるのではないかと思ってしまいます。成長するに従って、自分で色々とやれるようになるに従って、やってもらうための力が消滅することもあるのではないかと思うのです。しかし、このような考え方は、研究者としては失格のようです。研究者は、こう考えるようです。まず、幼児の研究方法に問題があると指摘します。つまり、前提に、乳児よりも幼児が劣るはずはなく、測定方法に問題があったり、課題の教示の仕方に問題があったりするために、幼児が間違えてしまうように「みえる」というものです。

もうひとつの見方として、知識の表象的レベルを区別するという考え方があるそうです。特に、カミロフスミス博士の、表象書き換え理論が有名だそうです。この理論では、表象を四つのレベルに分類しますが、大きくは暗黙的なレベルと明示的なレベルに分けます。暗黙的表象とは、最も原始的なレベルで、潜在的、無意識的なレベルの表象を指します。子どもはこの表象を利用できるものの、これを他の表象と関連づけたり、要素に分割したりすることができません。

森口は、これをピアノの演奏を例に挙げて説明しています。ある曲を何度も練習して譜面通りにピアノが弾けるようになったとします。このとき、最初から最後まで正しく演奏ができたとしても、その演奏をアレンジしたり、即興であるパートから別のパートに飛んだり組み合わせたりすることはできません。この曲の演奏は、知識として身につけてはいるものの、意識的に柔軟に利用できてはいません。これが暗黙的なレベルだと言います。