特定の領域

私はわりと早い時期から乳児が有能であり、自発的な活動をすることを色々なところから学びました。その研究が、「見守る保育」という保育のあり方を考えるの一つの根拠となっているのです。赤ちゃんは無能とまでは言わないまでも、未成熟で、大人の手を借りなければ、大人から世話をされなければ、大人が介入しなければならないということを基本とした乳児保育に疑問を持ったからです。どのようなことばで保育のあり方を表現すれば、乳児の有能さを認め、自発的な行動をすることを保障できるかと考えた結果、日本で大切にしてきた「見守っている」というスタンスを提案したのです。そして、2001年に、「やってあげる保育から見守る保育へ」という本を出版し、サブタイトルには、「子どもたちが自発的に活動できる保育環境とは」と名付けたこの本が、初めて「見守る」ということばを使った最初です。考えてみると、もう15年以上も前のことになります。

それ以後も、次々に乳児の有能さが研究されてきました。例えば、乳児の認知機能はどうなのでしょうか?この機能を理論的にはどのように説明されるのでしょうか?この点を考える上で重要なのが、哲学者フォーダー博士が提唱した「モジュール性」という概念ではないかと森口は言います。モジュールとは、特定の領域の問題のみ扱い、特定範囲の情報のみを用いた、それ自体独立した計算過程のことを指すそうです。この特定の領域の問題を領域固有性と言うそうです。

この領域固有性とは、「認知科学事典」によると、「思考あるいは認知が、様々な領域に区切られており、かつそれぞれが独自の特徴や構造を持つことを主張する」ものであり、「人は思考のための一般的なメカニズムを持つというよりも、対象の領域に応じた複数のメカニズムを持つ」ことを指します。これに対置される概念が領域一般性であり、「様々の領域を越えて適用される一般的な心的構造を想定する考え」のことを指します。

この説明は少し難しいので、森口はわかりやすく具体例を挙げています。「高校の科目には、物理や生物といった科目がありますが、生物が得意で物理が苦手な人もいれば、その逆の人もいます。こういう例を見ると、私たちの脳の中には、すべての科目の問題を解くための仕組みが備わっているという領域一般性という考え方よりは、物理を専門に解く仕組みや生物を専門に解く仕組みがそれぞれ備わっていて、それが寄せ集められていると考える方がいいのではないか。そして、進化の過程の中で、人が生存するために重要だった問題を解決するための仕組みがいくつか備わっているのではないか。」と、領域固有性という考え方を簡単に説明します。

ピアジェは、領域一般性の考えの代表者としてよく取り上げられるそうです。彼によれば、ある発達段階にいる子どもは、どの問題も同じように解決します。認知発達研究に領域固有性の考えを取り入れた初期の研究者は、ケアリー博士だと言われているそうです。彼女は特に、生物学的認識についての独自の理論を発展させました。ケアリー博士は、ピアジェのアニミズム的思考について論じています。ピアジェにとって、アニミズム的思考は、前操作期の子どもの自己中心性のあらわれだと考えていました。重要なのは、自己中心性は、生物的知識の領域に限らず、三つ山課題のような課題でも見られるという点です。つまり、様々な領域一般的な傾向です。一方、ケアリー博士は、幼児がアニミズム的思考を持つこと自体は認めて、このような幼児の言動は、彼らの生物学領域の知識が不足しているせいだと考えたのでした。