新生児でも

バウアー博士は、子どもの発達において対象物に向かって手を伸ばす行動であるリーチングを生後数日の乳児が行なうことが示しました。それは、視覚と把握行動の協応という感覚と感覚の関係、つまり感覚間協応についての問題です。それは、ピアジェが考えていたよりも早い時期に乳幼児が視覚と運動を協応させていたということです。

また、メルツォフ博士らは、視覚と触覚の間にも出生直後から協応関係があることを示したのです。この研究では、おしゃぶりを使用します。まず、1ヶ月児に見えないように、イボイボがついたおしゃぶりと、普通のおしゃぶりのどちらかを口に含ませます。乳児がこれに慣れた後に、二つのおしゃぶりを乳児に視覚的に提示します。そうすると、乳児は口の中に含んでいたおしゃぶりを好んで見たそうです。触覚的に認識していたものを視覚的に認識することができたということです。

もうひとつ、有名な新生児模倣についての研究があります。それは、私も何度も講演で例に出しているので、知っている人も多いと思います。新生児模倣というのは、新生児が、他者の顔の動きを模倣する現象のことです。この新生児模倣も、視覚像と自分の顔の動きをマッチングさせる必要があることから、感覚間協応のひとつといえます。メルツォフ博士らは、大人が「舌出し」等の行動をすると、新生児が大人と同じような表情を作ることを報告したのです。この新生児模倣が、心の理論などの社会的認知能力の発達の基礎にあると主張され、注目を集めているそうです。

一方で、この新生児模倣には批判も少なくないそうです。新生児模倣に批判的なアニスフィールド博士によると、報告されている研究には分析などにおいて問題点があり、新生児模倣の中でも、信頼に足る証拠と言えるのは舌出し行動だけだと言うのです。この舌出し行動についても批判があり、舌出し行動は他者の顔を見ていないときにも、一種の探索行動として乳児が産出することが知られています。つまり、この舌出し行動は模倣とは言えない可能性があるというのです。いまだに議論が尽きないと言うところですが、新生児模倣が、感覚間協応の証拠であるという点に関しては、森口は異論がないと言っています。

これらの成果を受けると、ピアジェの考えは修正を迫られるようです。大きく二つの考えがあると森口は言います。ひとつは、メルツォフ博士のように、生得性を重視する考え方です。生まれつき感覚間の協応は持っており、それは発達とともに構成されるものではないというものです。もうひとつの考え方は、バウアー博士によるもので、まず知覚は全体的に未分化な状態にあり、発達とともにそれぞれの感覚に分化していくのではないかというものです。つまり、視覚や聴覚、触覚などは新生児期には全部つながっており、発達とともに、視覚や聴覚に分化していくという考え方です。この考えは、ジェームズ・ギブソン博士の生態学的アプローチに大きな影響を受けたようです。知覚研究で広く知られているように、ジェームズ・ギブソン博士は、知覚とは環境に含まれている高次の特性、これをアフォーダンスというのですが、この特性の能動的な探索プロセスであると主張したのです。

ここで重要なのは、バウアー博士は、アフォーダンスの考えを取り入れ、新生児は「どの特定の感覚にも依存しない刺激作用の形式的で抽象的な特性に反応している」と「賢い赤ちゃん」の中で主張している点です。つまり、新生児は、環境にある特性を、特定の感覚に頼ることなく取り入れているということなのです。