知覚能力

様々な研究装置と指標を用いることによって、この時代の研究者は、乳児が有能であることを確信し、彼らの能力を引き出すために様々な指標の有効性を検証しました。このような方法論の進展の背景には、ビデオカメラのような技術の進展があるようです。視線計測の研究では、実験中にデータを分析することは難しいので、乳児の視線パターンを録画し、あとから分析するのが基本だそうです。乳児の有能さの実証に大いに寄与したメルツォフ博士らは、著書「0歳児の能力はここまで伸びる」の中で、ビデオカメラによって乳幼児研究が著しく進展したと言っているそうです。これは、私の園でも実践していることです。現在では、若い人は大きなビデオカメラを持ち歩かなくても、スマホを使って簡単に動画を撮ります。ですから、シャッターチャンスを逃さないようです。

一方で、この時代には様々な手法が提案されたそうですが、現在まで広く使われている手法はあまりないそうです。例えば、視覚的断崖の装置は、興味深い知見を多数生み出していますが、スペースや費用の問題からだれもが用いることができるわけではありません。バウアー博士が開発したような手法も然りだそうです。選好注視法や馴化・脱馴化は、比較的コストも低く、場所もそれほどとらず、様々な研究に汎用可能であるため、今でも広く使われているそうです。

いずれにしても、研究手法の著しい進展が、有能な乳幼児観を生み出したことは間違いないでしょう。

初期の研究は、乳児の知覚能力の解明に焦点を当ててきたそうです。このような研究は需要ですが、心理学者下條博士の著書「まなざしの誕生」など、我が国においても多くの良書が存在していると森口は言います。

視覚については、新生児は目が見えないと考えられてきました。今でもそう考えている人も多くいるようです。しかしながら、科学的な検証の結果、新生児は、視力は悪いものの、全く見えていないわけではないことが明らかになっているそうです。約30cm先にあるものに対して、焦点が合わされており、大人のように焦点を変化させることはできないのです。また、生後直後の乳児でも、動く物体を注視しようと試みますし、顔のような配置の図形を好んで見つめることも明らかになっているそうです。

このような、乳児が30cm先にあるものに焦点が合うという点と顔のような図形を好むという点は、乳児にとっては重要な意味を持ちます。 通常、乳児の30cm先にあるものは、養育者の顔です。乳児は無力ですから、養育者の助けが必要であり、養育者に対して積極的に働きかける必要があります。養育者の顔が見えているということは、自分の生命を守るという意味では、非常に有利であると言えます。これ以外にも、乳児は半年を過ぎるまでには、物体のサイズや奥行き、色なども認識できるようになるそうです。

知覚能力” への11件のコメント

  1.  ビデオカメラのような技術の進歩というのが、研究に大きな影響を与えたのですね。確かに、たくさん録画して、後から分析をすれば、研究のスピードも格段に上がると思います。園の先生方が、スマホを使うというのは、撮りたいと思うときにすぐ取り出せるし、最近のスマホのカメラの画質もかなり良くなっているので、研究にも向いていると思います。
     新生児は目が見えないと考えられてきたことが、最近の検証では、視力は悪いけど、全く見えていないわけではないと明らかになってきたのは、まさに研究方法の進歩の賜物だと思います。ただ、やはり問題は研究方法の進歩で新たな考えが生まれても、古い考えのままの人が多いことだと思います。藤森先生は、常にそのような研究などにアンテナを張ってるイメージですが、そういった人が少ない気がするので、今回のブログにもありますが、新生児は目が見えないと、今でもそう考えている人は、未だに保育も変わらないだろうなと思います。と言うより、変える必要性に気づくこともないと思います。ですので、藤森先生のように、こんなに乳児観は変わってきているんだと講演して伝えていく方は、日本の保育を変えていく上で、大切になってきますね。

  2.  0歳児クラスの子が先生に向かって手を振りますね。現在、乳児と呼ぶには随分と発達を遂げた0歳児クラスの子どもたちですが、その距離たるや30cmをゆうに超え、何mも先の先生に向けてのアプローチです。どのような視界で、どのように見えているのか、おおよそにも検討がつきませんが、はっきりと先生の方を向いて手を振るその子を見ると、その目は確実に対象である先生を捉えていると感じさせます。
     子どもの成長に浸っていると、それが当たり前となり、本当の成長が見えなくなる時があると思います。たまに会う親戚の子の成長をその子の親よりもわかったりすることがあるように、当たり前や慣れといった習慣から少し抜けだすためにも、動画を撮ったり、感性を動かす作業を取り入れることは大切なことのように思いました。

  3. 乳児にとって、身の回りにあるあらゆる刺激や事象を5感を通して感覚的に理解しようとする行為は、まさに自然との会話のように知覚をフルに活用して吸収・理解しようとしている姿だと感じました。そのような中で、乳児の今ある能力の把握、何がわかっていて何がわかっていないのかということを知ることは、乳児との関わり方における指針にもなるということなのですね。メルツォフ博士氏らの「0歳児の能力はここまで伸びる」という本は、乳児との新しい関わり方の提案でもあるように感じました。そして、近年の乳幼児研究が著しく進展した理由としても、研究の多様化だけでなく、ビデオカメラの進歩ということもあるということで、意外な物が役にたっているのだなぁとも感じました。

  4. 新生児でも〝養育者の顔が見えている〟ということが研究から解り、そのことが何を意味するのか、ということが書かれてありました。非常に興味深い内容です。顔が見えていることにそのような意味がある、ということに気づくことができるのが専門性ということになるのでしょう。また〝動く物体を注視しようと試みますし、顔のような配置の図形を好んで見つめることも明らかになっている〟とあり、このことも30㎝先に焦点が合うことと同じような意味があることが想像できます。このような研究結果からなぜ?と思い、いろんな推論や考察をしていくことはやはり「科学」だと感じます。まずは気づくこと、なぜ?と思うこと、それが科学の入り口であるということですね。

  5. ビデオカメラによって乳幼児研究が著しく進展したのですね。確かに現在ではスマホを使って簡単に動画を撮れることからもそれがわかりますし、研究手法の著しい進展が、有能な乳幼児観を生み出したとも取れるのですね。また、新生児の視力はまったく見えないというわけではないことは知っていたのですが、約30cm先にあるものに対して、焦点が合わされており、大人のように焦点を変化させることができないだけとあったことは初めて知りました。さらに「顔のような図形を好む」ことには驚きましたし、新生児のころから生存戦略に則っているように感じました。乳児は半年を過ぎるまでには、物体のサイズや奥行き、色なども認識できるようになるとあったことからは、乳児の時期は最も発達がめざましい反面、その発達が明確に認識され辛いところが面白いなと感じました。

  6. ゛ビデオカメラのような技術の進展がある゛とあり、それほどの進化を検証し、乳児は有能であることが広まっていったのですね。さらに、゛ビデオカメラによって乳幼児研究が著しく進展したと言っている゛というのは、実践するなかで、子どもの姿を実際に振り返り、子どもはこのような時には、〇〇な傾向があるとか、また、他の人と共有することができるので、当園でも実施しているところです。
    ゛乳児が30cm先にあるものに焦点が合う゛ということは、新生児の姿を見ていても気づく事がありますね。生後、2ヶ月頃の子を抱っこしているとじっと見つめられていたり、顔を見て、笑っているという表情を見ることができます。笑うことが、赤ちゃんにとっての生きる力ですね。表情でお互いが通じ合う、これは、誰もがもつ能力であり、人類が生き延びてきた手段であることを改めて思います。

  7. 「乳児の視線パターンを録画し、あとから分析するのが基本」とありました。確かに、私も後で動画を見返すことで、実際に見ている時とは違う子どもの姿を感じる時があります。そういう意味でも現代では簡単誰でも動画が撮れるようになったというのはまたさらに乳児の研究、他の様々な研究の発展につながっていくのかもしれませんね。視覚についてもありました。私も新生児はほとんど目が見えていないと思っていましたが、そうではないということが分かってきているのですね。30㎝先も見えており、また、動くものを注視する、顔の形のような図形を好むとありました。30㎝先にあるものは養育者の顔ということでした。産まれながらにして、人は人と関わることが大前提で誕生するということを感じました。そして、人の顔を好むということからも、産まれながらに他者を認識し、それを敵とはみなさないということに驚きを感じました。

  8. 前回のブログの奥行の実験や、今回のブログに書かれてある新生児の視覚の能力などを知る事で、自分たちが実践している保育の意図であったり、改めて見直すヒントになります。乳児保育に関していうと、母親の変わりという考えが強いあまり、特定の人しか関わらないようにしたり、30センチという距離もおそらく母乳をあげる時の母親との距離だったり、とにかく母子関係を園でも行うという理由で実践している気がします。そうではなく、奥行の実験結果や、人類の生存戦略などを知る事で、現代の家庭では行う事が難しい本来の子育ての姿を園では実践する事が大切だと思いました。

  9. 乳児の視点が30センチほどということが書かれていましたが、子どもの視力がどれくらいなのか知っておくと、接し方も変わってきますね。また、スマホを使って動画を撮ったり写真を撮ったりすることが書かれていましたが、そういった瞬間はいつ来るかわからないので、持ち運べ、簡単に撮影できるためスマホはとても便利です。取った動画を見返すことで、子どもたちの成長が目に見えて分かる部分も良い点だと思います。普段、子どもたちと生活していると逆に気づきにくい部分があります。子どもたちの成長していく姿を残していくことで、さらに保育が広がっている気がしました。

  10. 新生児が顔のような配置の図形を好んで見つめるんですね。
    大学の実験で、2枚の女性の写真を提示しどちらが好みか選択するというものがありました。視線を取りながら行うのですが、選択する直前には選択した方の女性を見ているという結果がでました。好きだから見ているのではなく、見ていたから好きになったということを示唆した実験でした。子ども達が車のおもちゃを好んで遊んでいる様子を目にしますが、車が人の顔のように見えて、新生児からなんとなく見ていたため好きになったのかもと繋がりを感じました。人は人を好きになるようになっているんですね。思いがあるから助け合ったり、協力して生きて行くことができますし、そういった力が遺伝的に受け継がれてるんですね。

  11. ビデオカメラの技術進歩というのが研究の進展に大きな影響を与えているのは現場の人間として身をもって体験しているところかもしれません。デジカメ、ビデオカメラで撮影していた動画がスマホになっただけでも取り出せる時間や瞬時の対応にも対応できますし、画質もかなりいいことからとても便利になっていますね。新生児は目が見えないといった考えであったり、乳児は無能であったりといった考えが今もある中でこうした気づきに敏感になり、さらなる乳児に対する可能性を探る研究というのは根気と信念のようなものが必要な気がします。常に意識を持つことでこうした気づき、研究ができるのでしょうね。現場にいる人間として忘れたくはない部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です