心の理論と道徳的判断

昨日紹介した二つの事例について、林は、男の子の心の状態を問う質問と道徳的判断質問を行なったそうです。男の子の心の状態とは、「知っている男の子はどちらか?女の子が知っていると思っている男の子はどちらか?」で、道徳的判断とは「どちらがより悪いか?」という質問です。その結果、心の状態質問の正答率ですが、一次レベルの課題では、4~5歳前半ですでに80%程度もあり、主人公の知識状態を理解できていたそうです。これは心の理論を4~5歳頃から獲得し始めるという一般的知見にも合致するそうです。二次レベルの課題では、7~9歳頃にかけて正答率が上昇したそうです。これも、二次の心の理論が児童期の中頃までに発達するという一般的知見に合致するそうです。

これに対して道徳的判断質問の正答率では、一次レベルの課題でも6歳頃までは低く、大人と同程度になったのは児童期の9歳頃からだったそうです。これは、4~5歳頃から「意図」に基づく道徳的判断が可能であるという先行研究とはかなり異なっているそうです。誤答者の多くは「どちらも同じくらい悪いとことをした」と答えていたようですので、ピアジェが報告した結果論的判断に似た知見が得られたのです。また、二次レベルの課題では、7~9歳頃にかけて道徳的判断質問の正答率が急上昇したそうです。しかし、心の状態質問の正答率よりは低いもので、二次の心の理論がかかわる際にも、心の状態そのものを理解する時期とそれに基づいて大人のように道徳的に判断する時期には少しズレがあることがわかったそうです。

ずいぶんとややこしい話になってきましたので、林は少し整理しています。まず、道徳性の発達として、すでに赤ちゃんの頃からその芽生えが様々な形で見られるということがあります。また、とくに児童期以降に、大人が持っている心の理論をふまえた道徳的な判断が次第に身についていく様子が示唆されています。

心の理論と道徳的判断の研究は、かつて独立して研究が進んできた面がありますが、近年、急速に両者の関係を検討した研究が進んでいるというのです。そこでは、心の理論の発達が道徳的判断の基礎となる、逆に道徳的判断が心の理論に影響する、心の理論と道徳判断は相互に関係するなど、研究者によってとらえ方は変わるそうですが、密接な関連があるのは間違いないことがわかっています。

さらに、心の理論の発達の背後には、実行機能の働きも欠かせないこともわかってきました。ことばが発達し、次第に論理的な思考が身につく幼児期から児童期は、さまざまな目標に向けて注意や行動をコントロールできるようになる時期ですから、直観的な判断の後の道徳的な理由付けがいかにうまく、そして妥当な物になっていくかには、実行機能をうまく働かせられかどうかが鍵を握ることになるようです。例えば、子どもの日常的な場面を考えれば、悪事を働いたのが自分にとって嫌いな人物だったとしても、自分は嫌いという感情を抑制できなければ、不当にその人物を厳しく社会的に評価したり、罰したりすることにもなりかねないと言います。客観的な判断には理性が求められますが、ここに実行機能の発達がかかわると言います。また、公平性を調べた多くの研究から、子ども自身が第三者の視点で配分を判断する場合に比べて、子ども自身が当事者となって配分を決める場合、幼児では利己的な傾向が見られることが知られています。これも実行機能の観点から説明でき、自分自身が関与することで、抑制が働きにくくなるのかもしれないと林は考えています。