乳児期から幼児期

ハイトが言うように道徳は学習されるものであるとすると、教育の面はますます大事なりますが、とくに幼児期から児童期の始め頃は、発達の個人差も大きいので、標準的な誤信念課題に正答できる年齢であっても、実際の対人場面ではほかの子どもがどう感じるかをあまり意識できない子どもがいても、不思議ではないということには気をつけなければなりません。

ドイツで、子どもの写真を見せて、「このときのこの子の気持ちはどうかな?」とか「この子はどんな気持ちなのかな?」と子どもに問うようなカードが用意されているのを見たことがあります。道徳における幼児期の教育では、このような方法が提案されています。Aさんに悪いことをしてしまったBさんがいた場合、Bさんに対して「Aちゃんはどんな気持ちかな?」といった「他者の気持ちに気づかせる」(意識させる)という指導を「繰り返し行なう」という地道なことが重要とわかってくると言うのです。こうした過程こそが、理性的な道徳的判断を育成するうえで鍵の一つになると言うのです。行動の前に「もし、自分が……したら、Bちゃんは悲しむはずだ」といった思考ができると、直感に左右される行動を制御できるようになるからだと言います。

さらに、知識状態による道徳的判断の発達は、意図による道徳的判断の発達より遅れることから、他者の心の状態がわかるようになる、つまり心の理論の基礎が発達したからといって、道徳的判断がすべての面で大人に近づくというわけでないことがわかります。幼児は悪いことをした人の「知識状態(悪いことにつながる情報を知っている / 知らない)」を理解しているにもかかわらず、それを道徳的判断の手がかりとして使うわけではないようです。知識状態は結果の予見可能性につながる大きなポイントにもかかわらず、7歳頃までの子どもは、道徳的判断においてこの予見可能性には注意が向きにくいと言います。

これらの知見から言えることとして、林は、幼児期(から児童期の始め頃)の子どもは、大人とは少し違った道徳的判断の基準があるそうだと言います。このことをふまえると、大人が子どもに注意する場面で、大人一般の基準を暗黙の前提とするのは不適切な場合もあるということになると言うのです。たとえば、意図と知識状態では違いがあることから、幼児に対して「わざとやったのね」と注意すれば伝わりやすいですが、「誰のか知っていてやったのね」と注意しても、なぜ悪いのかということがすぐには理解しにくいという可能性も考えられるのではないかと林は言います。これは、幼児教育の実践の場での指導にあらたなヒントになりそうだと彼は言うのです。

幼小連携が現在課題となっています。それは、道徳的判断においても言えます。児童期は、乳児から幼児期に基礎が出来ていく心の理論が、社会的な場面で状況に応じて柔軟に機能するようになっていく重要な時期だということです。また、大人の違った道徳的判断の基準に向けて、児童期の教育は、社会性に近づくうえで橋渡しとなる大切な時期だということを認識して欲しいと思います。

そのために、二つのポイントが重要だと言います。第1は、二次の心の理論の発達と、それに関連する社会性の発達だと言います。たとえば、悪意のないうそを理解したり、うそと冗談を区別できたりするようになります。これらは、周りの状況を的確に読み取って対応できていくことにもなるので、場に応じてコミュニケーションをする人間らしい能力の発達にもつながると言います。それは、よく言うような「空気を読む」という力にかかわっていくようです。

乳児期から幼児期” への13件のコメント

  1. 「他者の気持ちに気づかせる」という方法がありました。「そんなことをしたら◯◯ちゃんが悲しい」というようなことは言ってしまう事がありますが、もしかするとこれでは他者の気持ちに気づかせるという事にはなりにくいのかもしれません。相手の気持ちに気づくような関わり方を意識していくことも大切かもしれませんね。また「つまり心の理論の基礎が発達したからといって、道徳的判断がすべての面で大人に近づくというわけでない」とありました。知っている状況であれば大人であればそれを判断の材料にしますが、子どもでは必ずしもそうではないという事が分かっているのですね。「幼児期の子どもは、大人とは少し違った道徳的判断の基準がある」という事でしたが、このような新しい子ども理解を私たちは自分の価値観だけを頼りにするのではなく、もっと取り入れていかなければならないのかもしれませんね。

  2. 小学校での「道徳」の授業は、ドイツの環境にもあった「このときのこの子の気持ちはどうかな?」とか「この子はどんな気持ちなのかな?」を、皆で考えるという内容をイメージします。それが、「理性的な道徳的判断を育成するうえで鍵の一つになる」とか「直感に左右される行動を制御できるようになる」ことにつながるのですね。保育の現場でも、事前に先読みして「こんな場面があるよ」「こうするとこうなるからみんなはどうすればいいかな」などと話してから自由に活動させる場面がありますが、よくそこで迷ってしまうのは、そんな瞬間に子どもたちが見せる直感力を失わせないようにしつつ、理性的に行動できるように冷静さを保たせてあげられるかということです。子どもたち特有の道徳的判断を理解しながら、「社会的な場面で状況に応じて柔軟に機能」できるように促していきたいですね。

  3. 〝直感に左右される行動を制御できるようになる〟ためには繰り返し行うことが大切なんですね。ドイツでは考えるカードのようなものがあるということなんですが、そのようなことをして、道徳的判断の育成をしていくことが鍵となってくるとありました。子どもたちは子どもたちの社会の中で普段からいろんな体験や経験を重ねていきます。その中での自分たちは、子どもたちのならではの道徳的判断というものも、大人からすればハテナがつくようなこともありますが、理解していきながら〝周りの状況を的確に読み取って対応できていくことにもなるので、場に応じてコミュニケーションをする人間らしい能力の発達にもつながる〟という関わりをしていかなければなりませんね。

  4. 「このときのこの子の気持ちはどうかな?」のカードは、私が行かせていただいた回のドイツ研修でも出会ったのでよく覚えていますし、思い出して懐かしく感じています。また、何かを習得する上ではどれもこれと似た要素があると思いますが、「繰り返し行なう」という地道なことが重要とわかってくるとあるように、このような第三者の視点で冷静に状況を理解して、考えることを反復して行うことが実践でより意味のある失敗につながって、より良い学びになったりと最も効果的だと思えました。
    「幼児期(から児童期の始め頃)の子どもは、大人とは少し違った道徳的判断の基準があるそうだ」とありました。これは注意していかなければいけませんね。幼児期に大人の主観を押し付けてしまっては、児童期にある橋渡しに支障が出てしまったりするのかなと感じました。大人社会にある各集団で、物事などによっては基準が違うのと同様に子ども社会、子ども集団にも違った基準があることを忘れないようにしていくと同時に尊重していきたいと思います。

  5. 子どもは、大人とは少し違った道徳的判断の基準があるということで、”幼児に対して「わざとやったのね」と注意すれば伝わりやすいですが、「誰のか知っていてやったのね」と注意しても、なぜ悪いのかということがすぐには理解しにくいという可能性も考えられる”とありました。保育現場で、声かけするときの言葉のチョイスはとても難しいと感じています。なぜなら、声かけの大切さを実感していますし、子どもにどのように言ったら伝わるのかは、子どもによって様々だからです。そして、今回のブログから子どもたちを取り巻く環境の大切さを感じました。ふと、疑問に思ったのですが、幼少期に適切な環境に恵まれず、社会性の習得が不十分だった場合、大人になってからでも間に合うのでしょうか?幼少期が基盤になることは理解していますがその部分が気になりました。

  6. ドイツの道徳教育は写真を使ったものがあるんですね。子どもの写真を見せて、「このときのこの子の気持ちはどうかな?」と聞いていいくんですね。こう言った方法で実際に他人の気持ちがわかるようになるかはわかりませんが、書いてありますが、「意識させる」ことができるようになりますね。意識することで、自分が友達に、こんなことを言ったら、もしくはやったらどう思うのかなと考えるようになると思いました。そう思うことで、他人を思いやることができそうですね。他人を思いやることができれば、おもてなしの心であったり、助け合って生きることにつながるなと感じました。

  7. ドイツのように事前に写真なのどでどんな状況かを説明し、どうしたらいいかを事前に考えておくことで、「理性的な道徳的判断を育成するうえで鍵の一つになる」や「直感に左右される行動を制御できるようになる」ということになるのですね。それらを踏まえた上で「大人一般の基準を暗黙の前提とするのは不適切な場合もあるということ」というのも理解しながら声かけを行う必要性を感じます。やはり保育者というのは大人一般の基準ではなく子ども発達を理解し、個々に応じた基本的な部分を大切にすることを改めて大切に感じます。、

  8. 「繰り返し行なう」という地道なことが重要であるということから、自ら考える時間を作るのが大切だと思いました。教えるのではなく、繰り返し行う教育が゛教育過程こそが、理性的な道徳的判断を育成するうえで鍵の一つになる゛といった形になるのかなと思いました。そうした道徳的判断ができるようになると、私たちが直感的に、自分の判断で行動するのではなく、相手の立場にたった判断、゛直感に左右される行動を制御できるようになるからだ゛といったクールな判断、その場に必要な判断ができると考えられます。無意識を、意識的にできることが道徳的判断につながると考えられました。

  9. 「このときのこの子の気持ちはどうかな?」といった子どもに問うようなカードを見せる取り組みは面白いですね。日本では、紙芝居や絵本などを通じて気持ちを察するものだったり、お集まりのときに実際にあった出来事を振り返りながら聞いていくといった形は見たことがありますが、写真を使ってというのはあまり聞いたことがありません。「百聞は一見に如かず」とあるように、その光景を実際に見ながら話すのは、子どもにとってもわかりやすいということでもあるのでしょうね。小学校に入ると教育テレビの番組を見せながらの道徳の授業というものもありましたが、今回の「乳児期から幼児期」というテーマからいくと、保育園時代に写真を使って学ぶというのは、小学校の動画を使ってさらに詳しく考えていくというところにもつながっていく気がします。

  10. 「誰のか知っていてやったのね」似たような言葉をかけてしまう時があります。自分がやった行為によって、ほかの人が迷惑がかかっていることを自分で気づいて欲しいという思いから出てしまうのかもしれませんが、実は分かりにくい言葉で、それよりもストレートに伝えたほうが実は理解しやすかったりするのですね。どうしても、まだまだ瞬間的に大人目線で注意してしまいがちなので、反省しないとダメですね。そんな乳児から幼児期、そして児童期になるにつれて、社会的な場面で柔軟に機能するようになると書かれています、最近のブログには何度も書かれてある内容ですが、道徳というのは発達と一緒で、単発で身につくものでなく、乳児期からの育ちの連続性が成り立つということを、ちゃんと分かっておくべきです。

  11.  「意図と知識状態では違いがある」大変興味深いですね。以前韓国の保育を紹介された中で2歳児のアリの話がありました。そういった内容に近い保育の専門的な部分だと思いました。これからこういったことが保育の質へ関わるのでしょうね。
     「二次の心の理論の発達と、それに関連する社会性の発達」「周りの状況を的確に読み取って対応できていくことにもなるので、場に応じてコミュニケーションをする人間らしい能力の発達にもつながると言います。それは、よく言うような『空気を読む』という力にかかわっていくようです。」道徳を考えることが、対人知性、空気を読む力へとつながり、発展していくことに驚きと、何か小説を読んでいるような伏線を辿った先の感動に出会った時の感覚に似たものを感じています。

  12. 「他者の気持ちに気づかせる」(意識させる)という指導を「繰り返し行なう」という地道なことが重要、とありました。大人が判断して子どもの行為が悪い、間違っている場合、大人はその子に対して「ごめんね、は!」「ごめんね、は!」を強要します。おそらくこうした大人による子どもへの声かけは「他者の気持ちに気づかせる」ということにはならないような気がします。やはり、相手の気持ちを察する訓練を繰り返し、繰り返し積んでいくことが道徳性の習得に繋がるのでしょう。そして「もし、自分が……したら、Bちゃんは悲しむはずだ」と思えるようになったら、良い人間関係の構築がそこから始まるのでしょう。その意味で乳幼児期から、あるトラブルをめぐって自分の気持ちを相手に伝えると同時に、相手の気持ちを理解する努力を子どもたちが体験することはとても大切ですね。このことを「環境を通して」行う。大人特に保育の専門家の先生たちは「ごめんね、は!」を強要するのではなく、道徳習得のための環境とは如何なるものなのかしっかりと考え実践に移していかなければなりませんね。

  13. 子どもに注意するときについ遠回しに注意してしまうことがあります。子どもに気づいてほしいと思って、そういった言い方になるのでしょうが、子どもが果たしてその真意を見通しているのかと疑問におもうことがありました。まるで誘導尋問です。大人が思うほうに話を持っていき、その通りの話につながらなかったら、その説明をしたり、ずいぶんとめんどくさいやり方をしているなと感じることも多くあります。大人と子どものとらえ方、意図と知識状態の違いというのは大人とは違うということを考えると大人の理論で子どもたちに話していることは特にトラブルの介入においてはよくあることかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です