個性・個人差

林は、ここで少し注意を喚起しています。それは、「障害」という言葉です。この言葉は注意を持って使うべきだというのです。たとえば、数学に強い者もいれば、音楽に長けている人がいたり、あるいは他者への共感性が高い人がいたりというように、人にはみな個性(個人差)があると言います。それは、遺伝的な要素と、環境的な要素が複雑に相互作用することで生み出されるものです。こうした個性が、学校での学びや職場での仕事など日常生活に支障をきたすほど影響を与えるときに、障害になる可能性が生まれるというのです。

千住淳は、彼の著書「自閉症スペクトラムとは何か」のなかで、「障害は個人と社会の関係によって決まる」とされています。たとえば、人間が文字を発明するまでは、「文字を学習するのが苦手」という個性は障害ではなかったはずですが、現代では読み書きが生活に欠かせなくなったため、それが特に苦手は人たちには支援が必要になったわけだと言うのです。たしかに、文字がまだない時代、しかも、文字が発明されてから人類の進化のなかでたかだか数千年しか経っていませんので、ほとんどの時代は文字を読むことが困難であるということは障害ではなかったでしょうね。逆に、獲物を追いかける能力が劣っていたら、その時代では障害と言われていたかもしれませんね。たしかに、千住の言うとおり、障害は、絶対的な姿ではなく、その時代、社会によって決められてしまうのですね。

また、ケンブリッジ大学の教授の中に、自閉症の診断基準と同じような行動特徴を持つ人が何人かいるそうですが、本人の努力やまわりの支援、恵まれた環境によって、自分の好きなことを究めて、社会的には活躍できているそうです。つまり、自閉症と同じような行動や脳の特徴を持っていたとしても、日常生活に支障をきたしていないため、「障害」になっていないと林は言うのです。しかし、仮にこうした人々が対人関係などで悩みを抱え、専門家に相談することがあれば、自閉症の可能性を検討し、支援を行なうことが役立つかもしれないと言います。つまり、障害かどうかを決めるのは本人であると林は言うのです。

以前のブログで、私は千住淳の『社会脳の発達』という本を紹介し、社会脳について何回かに分けて書きました。千住は、「社会脳とは何か」という本も書いているのですが、そこには、自閉症者でない人々は、「定型発達症候群」であると言う考え方があることが紹介されているそうです。それは、「他人の気持ちにこだわり、読心術ができているかのような妄想を持つ」「正直でことばの意味通りのコミュニケーションを行なうことが出来ず、ことばの意味とその会話で伝えようとする意図が矛盾してしまう」「道順やものの位置など、環境の変化に気づくことができない」といった症状を持つものとされています。このような行動は、自閉症者を基準にして、その視点から見ると、奇妙で不可思議なものに感じるはずだというのです。

NHKの「福祉ネットワーク」という番組で、自閉症児を育てるある母親を紹介する番組を見て、林はこう考えたそうです。この番組で取り上げた自閉症児は、幼いころから家を飛び出して行方がわからなくなることがたびたびあり、母親は強いショックを受けていたそうです。しかし、あるとき、一緒に車で買い物に出かけると、彼は次々と別の方向を指示し、遠い隣町のスーパーにたどりつけたそうです。