詩人と科学

ダンバーは、「ダンバー数」という人類にとっての適性集団人数の考察から、やはり最後は教育論に触れていきます。科学者の多くは、ルネッサンス教養人であるようですが、詩人もまた科学者であることも多いと言います。その例として、スコットランドが生んだ最高の詩人ロバート・バーンズを挙げています。彼は、教育があるとはいえ、頭でっかちで常識外れの聖職者たちに冷ややかな視線を送っていたことを紹介しています。彼の詩にはこんな一節があるそうです。

「学校で習うややこしい言葉、あれはいったい何だ? インク入れや腰かけまでラテン語で呼んだりして おまえたちをつくったのは誠実なる自然なのだ 文法なんて何の役に立つ? そんなことより鋤と鍬を手に持ちたまえ、鎚をふるいたまえ」

要するに誠実な仕事について、土を耕したり、道路を作ったりしろということだとダンバーは説明しています。バーンズは、スコットランド啓蒙主義を代表する経済学者アダム・スミスや哲学者トマス・リードの功績に対しても容赦ないようです。

「哲学者たちは論争に明けくれ、切りきざんだギリシャ語やラテン語の山を築く 論理学の用語はすりきれ 科学の深淵にはまって身動きもままならぬ 彼らが主張することは常識では了解ずみ 女房や織工連中も見て感じていること―」

知の巨人たちが組み立てるご高説は、魚売りの女でも古い言い伝えを聞いて知っていることなのだとダンバーは言います。これほど過激には思いませんが、私にも少なからず保育の世界でも言える部分があると思います。現場で実際に手を掛けずに、書類上だけで保育をしている気になり、難しい言葉で、しかもなんだか言葉遊びのような説明で、長い人類の進化のなかでふつうに行なってきたこと、子どもの姿を見れば当たり前のことを説明していることがあります。そして、それが、研究かのように錯覚している人が見受けられます。

このような詩によって自分の教育観を書いたバーンズは、天体の軌道とか、光の性質、金属の変性について思索をしていたわけではありませんが、人間の心理に関してはきらめくような観察眼が発揮されていました。さらに、物語詩の傑作「シャンタのタム」には、古今を通じて最も鋭敏な洞察が記されているとダンバーは言います。冒頭、タムの友人たちと大酒をカッ食らっています。市場でのささやかな稼ぎも、みんな酒になってしまいます。そのころタムの家では……

「……むっつり不機嫌なおかみさんが待っている、嵐を呼ぶ雲のように眉根を寄せて 怒りを消さぬよう世話をしながら 」

ダンバーは、バーンズの自己都合で着色されているとはいえ、次のような描写はもうりっぱな科学的記述ではないかというのです。

「女たちを嘆かせてはいけない 気まぐれ男は少しもじっとしてはいないのだ!自然の広がりで外を見るがいい 自然の絶対の法則だって変わっていくのだ。」

生殖の仕組みがそうなっている以上、ほ乳類のオスはもともと一雄多雌だと言います。これは、現代進化生物学の基本中の基本だというのです。オスがメスを1匹だけ選ぶのは子育てに直接投資できる場合だけだと言います。そのためほ乳類の単婚は、イヌの仲間を除くとむしろ例外中の例外だそうです。ほ乳類の95%は、一夫多妻なのだと言うのです。