真の教育

ダンバーの故国イギリスでは、大学の理科系専攻の志望者は、ここ10年ほど減るいっぽうで、数年前に化学と生物学で調べてみたら、このままのペースで減ると、2030年には志望者がゼロになるという結果が出たそうです。しかし、ダンバーがほんとうに憂えているのはそこではないと言います。科学に限らず、歴史学や政治学でも、その分野の専門的な知識を詰め込むだけが教育ではないと考えているからです。いかに考え、評価するか、証拠や反証をどう扱うか、先入観や偏見にとらわれることなく、客観的に問題をとらえるにはどうするか、その訓練を積ませるのが教育だと思っているのです。それは、銀行経営者から政治家、ジャーナリスト、地方公務員まで、すべての人が仕事をする上で使う技術だというのです。教育には、興味をかきたてることが不可欠だと言います。ところがいまは、小学校から大学までのどこかで、知識を掘り下げる興奮と喜びが失われてしまっているということを憂えているというのです。それをあとから悔やんでも後の祭りなのだと警告しています。

何年か前にBBCが行なった世論調査で、イギリス人の80%は、科学が重要だと考えているという結果が出たそうです。その結果は心強いことですが、ダンバーからすると、残り20%は自分たちのやっていることに偏見を抱いていることになると言います。ほかの調査でもおおむね同様の数字になっていて、だいたい5~25%の人が科学に対して否定的な見方をしているようです。

こうした科学軽視派は、いったいどんな人たちなのでしょうか?彼らの存在は果たして問題になるのでしょうか?このような問いに対して、ダンバーは、はっきりイエスと答えています。しかも、大問題になると彼は思っているようです。全体のなかでは少数かもしれませんが、彼らの社会的な立場を考えると、その影響は未来を左右することになりかねないと危惧するのです。

科学軽視派の多くは、高学歴で専門職についている人たちだそうです。人文科学の学位を持っていて、教師や研究者もいれば、芸術家や文学者、さらに困ったことに政治家もいたりするのです。彼らが共通して抱く科学への反感は、科学者は非文化的できめ細かい感性に欠けるという評価から出発しているとダンバーは言います。芸術にくらべて科学に割く予算が多いことも、そうした印象を強める結果になっていると言います。長く受け継がれてきた文化遺産が、科学という味も素っ気もないからくりに押しやられ、影が薄くなっているというそうです。

これではヴィクトリア朝文学に登場するいかれた科学者そのものではないかとダンバーは言います。自分の人生と引き換えにして世界征服を企むフランケンシュタイン博士とか、

恐怖の二重人格者ジキル博士とかだと言うのです。音楽や詩から天文学、物理学まで幅広い教養を誇り、創意工夫にあふれる科学実験を考案したと思うと、美しいソネットを書きあげて高い評価を得たルネッサンス的教養人はどこに行ったのか?とダンバーは問うています。

ひとつ言えるのは、現代のルネッサンス的教養人はもう人文科学の世界に出現しないということだと彼は言います。その一方で、隠れた才能を持つ科学者は枚挙にいとまがないと言います。