教育の目的

日本では、江戸時代まで世界屈指の教育国でした。就学率や識字率は高く、しかも、それは、それほど地域差はなく、各地とも高かったのです。しかし、明治になって、産業革命に向けての教育が始まりました。それは、ダンバーの故国であるイギリスで始まり、それを牽引したのがスコットランド地方だったのです。19世紀半ば、スコットランドの大学進学率はイングランド及びウェールズの10倍以上も高かったそうです。高等教育が上流階級の特権に近かったイングランドに対し、スコットランドの教育システムは平等主義であるところが大きな特徴だったと言います。ですから、小作人の息子でも、大地主や牧師の息子と同じように大学に進学するチャンスがあったそうです。スコットランド人にとって、教育はより良い生活へのパスポートだったと言います。彼らは、そのパスポートを携えて、外国に赴き、行政、学術、産業といった分野で名を成して、世界中で大きな力を振るうようになったのです。

もちろん、悪い影響もあったとダンバーは言います。あまり知られていないことのようですが、この充実した教育システムのせいで、ハイランド及び島々から多くの人口が流出することになったのだそうです。その規模は、同時代に行なわれた牧羊推進のための強制退去政策、いわゆるハイランド放逐に勝るとも劣らないと言います。当時の人々にとって、貧乏のどん底から抜け出すには国を出るしかなかったのです。教育を足がかりにして切り開く生活は、故郷の地を這うような貧しさに比べればはるかにバラ色の未来があったのです。

未来の夢のために教育に金を惜しまない姿勢は、社会の根底に旺盛な知的好奇心があることを意味しているとダンバーは言います。この言葉を、日本の政治かたちにも聞かせたいですね。スコットランドの国民的詩人、ロバート・バーンズの父親は、子どもたちの教育にそれは熱心だったそうです。そのおかげで、文学の世界は何と豊かになったことか!とダンバーは言います。

18世紀後半のスコットランド啓蒙主義も、そうした教育的風土を背景に花開いたものだと彼は言います。哲学者デヴィッド・ヒュームも、経済学者アダムス・スミスも上流の出ではなかったものの、のちに不朽の名著を世に送り出しています。スコットランド啓蒙主義は、19~20世紀初頭までの科学、工学、文学の隆盛も後押ししていると言います。細菌学者アレグザンダー・フレミング、詩人ウォルター・スコット、蒸気機関車や鉄道橋をつくったスティーヴンソン父子といった人物がこの時代に活躍したのです。

ダンバーは、「私たちはいつのまにか、教育の目的を見うしなったのかもしれない」と嘆きます。教育は精神を鍛え、探究心を掻き立ててくれるものなのに、そうした価値が評価されなくなっていると彼は言います。ダンバーは、どうするべきかには答えはありませんが、早く答えを見つけないと大変なことになるだろうと危惧しています。すでに彼は実感しているようですが、イギリスの大学の理科系専攻の志望者は、ここ10年ほど減るいっぽうだそうです。数年前に化学と生物学で調べてみたら、このままのペースで減ると、2030年には志望者がゼロになるという結果が出たそうです。

この科学離れの傾向は、日本でももちろん、各国が憂えていることです。しかし、ダンバーは、本当に憂えているのはそこではないと言います。