どんな人が

これはたわいのない話のようですが、実はけっこう重要な意味があるとダンバーは言うのです。エディンバラ大学の心理学者ティム・ベイツが250人以上を対象に調べたところ、指、手、耳の長さで比較したところ、IQと身体の対称性には、小さいが無視できない関係があることがわかったそうです。対称性は私たちが美しさを感じる要素の1つです。つまり、美しい人は、概して知能が高いといえるといいます。もちろん現実には他に様々な要因も働くわけでそうとは言えないことも多いのでしょうが。

さらにここから派生的な結論も導き出されるようです。身長が高い人ほど社会的、経済的に成功するというのはまぎれもない事実だそうです。ウォール街でもイギリスの金融市場でも、背が高い人ほど、同じ仕事でも金を多く稼いでいるそうです。ただ、私はこのような身体的な特徴には少し疑問に思っています。なぜなら、身体的特徴は、その地の気候、風土に適した身体が重要なので、国によって違ってくるような気がしています。この研究は、あくまでもアメリカやイギリスでの研究の結果のような気がしています。

しかし、このような身体的特徴が人生に置いて優位であるかということと同様のことがIQでも当てはまりそうだというのです。実際、IQと社会的成功の相関関係を示す研究がいくつか発表されているそうです。ある研究では、アメリカのベビーブーム世代、正確には1957年~64年生まれの人を長期的に追跡したそうです。この年代は、日本でも同様なことが起きましたが、第二次世界大戦後にやってきた出産ラッシュの末期に相当します。ただ、時期としては、日本ではベビーブームは普通、昭和22年(1947)から昭和24年(1949)ごろでしたので少し日本より遅いようです。

アメリカのベビーブーム世代に対するIQと社会的成功の相関関係を示す研究では、IQが1ポイント高くなるごとに、年収は234~616ドル増えるという結果が出たそうです。ただし、それがかならずしも生活の豊かさを反映しているわけではありませんが。別の研究でも同様でしたが、ここでは両親の社会的・経済的地位の影響もあることがわかったようです。親は、慎重に選んだ方がいいということですが、もしそこで失敗しても、頭のできさえ良ければ自力で這い上がることは可能であるとダンバーは言います。

ダンバーはこの結果に対して、傷口に塩を塗り込むような話で申し訳ないと断わりながら、美しい人は裕福になれるだけでなく、子宝にも恵まれるという研究もあると言います。彼がヴロツワフ大学のボグスロフ・バウウォフスキーと共同で、ポーランドの医療データベースを分析したところ、背の高い男性ほど既婚率が高く、子どもを持っている割合も多かったそうです。これは進化的に適応度が高い、つまり種の遺伝子プールへの貢献度が高いことになると言います。ダンバーらのあとにも、ニューカッスル大学のダニエル・ネトルがイギリスでの長期調査のデータから、同じ結論を導き出したそうです。この調査の対象者は、ネトルの分岐時点で50代に入っていたので、生殖活動はほぼ終了したと見なしていいのではないかとダンバーは言っています。

なぜ、背の高い男は既婚率が高いかというと、魅力的だからパートナーを見つけやすいからです。となると当然子どもを儲ける可能性が高くなるというのが、これまでの解釈でした。しかし、最近はちがう解釈が行なわれています。