IQと死

エディンバラ大学のイアン・ディアリは、11歳の時点でのIQと、85歳の誕生日をお祝いできる可能性とのあいだには、もっと直接的な関係があることを発表しました。しかし、これだけでは、社会的剥奪の影響とIQの影響を区別することができません。そのとき、1970年代にベーズリーとレンフルーの在住者で、1932年にIQテストを受けた人を追跡調査したことが役に立ったのでした。そこでは、対象者の健康状態、雇用、社会的剥奪のレベルを中心に調査されていたのです。この調査から、ディアリらは、1932年にIQテストを受け、なおかつ70年代に中年期の健康診断を受けた男女、それぞれ549名と373名の所在を確かめることができたのです。ですから、この人たちのその後4半世紀の生活状態は、国の記録を使って追跡できたのです。

IQの平均値は100で、85~115までの範囲に全体の三分の二の人がおさまります。ディアリが1932年のIQ一斉テストのデータを分析したところ、社会階層と社会的剥奪のレバルを統計的に処理すると、11歳の時点でのIQが1ポイント下がるごとに、77歳までに死ぬ可能性が1%高くなることがわかったそうです。正常とされる範囲内でも、たとえばIQ=85の人が77歳の誕生日をお祝いできる確率は、IQ=100の人より15%低くなるということです。

社会階層が下の集団になると、その影響がさらに強くなるそうです。経済的な困窮が健康を低下させることは衆知の事実だそうです。しかし、ディアリの分析で明らかになったのは、社会的剥奪、教育的剥奪、経済的剥奪の3条件は、それぞれ単独でも多少の影響があるとはいえ、全部が揃わないと、IQ死亡可能性の関係はできあがらないということだそうです。両者の関係は、もっと有機的なものであるに違いないとダンバーは考えています。

これに関してよく言われるのは、IQは発達段階初期の指標ではないかということです。「生物としての完成度」、すなわち身体のすべてのシステムが順調にでき上がり、効率よく機能しているかを測るものさしがIQではないかということです。胎児期の成長のしかたが、成人してから心臓疾患にかかる危険性や、心臓発作で死ぬリスクを左右することはすでに知られているそうですが、どんな胎児期を送ったかは、生まれたときの体重にも影響するそうです。そして出生時体重が少なかった子どもは、学校の成績、ひいてはIQもふるわないということが言われていると彼は言います。

映画「ビューティフル・マインド」は、ナッシュ均衡を発見し、1994年にノーベル経済学賞を受賞した天才ジョン・ナッシュを描いたのもです。ただし、このタイトルからは、ビューティフルな頭脳の持ち主が、肉体もビューティフルかどうかまではわからないとダンバーは言います。いや、ナッシュを演じたラッセル・クロウがどうというのではありませんが、ダンバーの経験では、学生の時一緒だったガリ勉たちが、みんなダサくて、カッコ悪くて、みっともなかったかというと、そうでもなかったと言います。立派な身体つきの者もたくさんいたそうですし、スポーツができるやつもいたそうです。

この映画は、私は観ていないので、その内容についてはコメントが出来ませんが、たしかに私の高校には、非常に成績がいいのに、そうガリ勉でもなく、スポーツも得意で、スタイルもいい同級生が何人もいました。その観点からだけで比較すると、世の中は、不公平だということを感じたこともありました。