教養人

ダンバーは、現代のルネッサンス的教養人はもう人文科学の世界に出現しない反面、隠れた才能を持つ科学者は枚挙にいとまがないと言います。例えば、科学者中の科学者であるアインシュタインからしてそうだと言います。数学者の多くがそうであるように、彼もまた音楽に造詣が深く、ヴァイオリンが上手だったそうです。ユーディ・メニューインほどではなかったにしろ、有名なオーケストラと一度ならず共演しているそうです。アインシュタインなんていかにもすぎる、と思われる人には、19世紀ロシアの作曲家アレクサンドル・ボロディンをダンバーは紹介しています。彼の作品は、当時としては最先端の作曲技法を駆使していることで有名ですが、そんなボロディンの本職は科学者で、多大な研究業績を残しているそうです。

ロシアの科学者とのつながりで思い出すのは、もうひとりの偉大なる天才アレクサンドル・ソルジェニーツィンだと言います。彼は、ロストフ大学で数学の学位を取得後、物理と化学を教えていましたが、その後作家生活に入り、数々の小説で不朽の評価を確立しました。そう考えると、ダンバーは、自分の国であるイギリスにもC・P・スノーがいると紹介しています。スノーは、ケンブリッジ大学の物理学者であり、のちにはイギリス政府の顧問的な役職に就いた人物だそうですが、そんな「逆境」をものともせず、1940年代~50年代に小説家としての揺るぎない地位を確立したそうです。その他にも、ダンバーは文学や芸術の分野に才能を発揮している優秀な科学者を何人も挙げています。

そして、それは有名な人物だけでなくても、彼自身の限られた交友関係だけでも、音楽団体で定期的に活動している科学者が6人は思い浮かべることができると言っています。例えば、室内オーケストラに属しているのが二人、古楽器アンサンブルがひとり、マドリガル・アンサンブルで歌っているひとりはクラリネットも吹くので、地元のジャズバンドによく助っ人に行くそうです。そのほかに、画家もしくはイラストレーターとしてこづかいを稼ぐ者も3人いるそうです。もちろん、彼らは専門の研究活動も続けているというのです。

最後に二人の物理学者に捧げられたアメリカのミニマル・ミュージックの話題から、芸術作品の題材にまでなるのですから、科学は決して無味乾燥ではないのだと強調します。ルネサンス的教養人は、いまも健在だというのです。ただし、人文科学の研究室を除いてもそれはお目にかかることができず、彼らは、理系学科の教室で、実験作業台に向かっているはずだというのです。

ダンバーは、私たちは詩人と科学を結びつけることはあまりしないと言います。しかし、偉大な詩人とただの語呂合わせ屋の違いは、優れた科学者と凡庸な科学者の違いと同じではないだろうかと言います。それは、鋭い観察眼と深い内省があるかどうかであると言います、人間の文化は、形を問わず、このふたつに支えられていると言っていいだろうと考えています。例えば、スコットランドが生んだ最高の詩人、「貧しき農民詩人」として親しまれているロバート・バーンズは、家庭教師ジョン・マードックから当時まだ芽生えたばかりの科学の知識を授けられ、そこから多くのものを得たはずであると言います。マードックが、もっと金になる仕事のために家庭教師を辞めたあとは、父親が息子たちの教育を引き受けました。父親がエアー読書愛好会の支部から借りてきた、ウィリアム・デラムの「自然神学」や「天体神学」もバーンズに大きな影響を与えたに違いないと考えられているそうです。

教養人” への13件のコメント

  1. 大いなる詩人は偉大な科学者でもある、今回のブログを読み終えて即座にそうした感慨を抱きました。ドイツのゲーテ、日本ではどんなイメージの人物として捉えられているでしょうか。詩人、小説家、というところでしょうか。しかし、彼はいわゆる「百科全書」的人物であったようです。言わんとするところは、科学にも十分に通じていた、ということです。日本のノーベル物理学賞の受賞者湯川秀樹博士は漢詩、漢文に恐ろしく通じていたことを何かの機会に知ったことを思い出しました。スコットランドの偉大な詩人ジョーン・バーンズのことはさておいても、今回のブログに紹介されたメニューインやボロディンは私の趣味の範囲です。まぁ、知った家程度の知識しか持ち合わせておりませんが。バイオリニスト・メニューイン氏はその演
    奏にいくつか触れたことがある程度ですが、作曲ボロディンは私のお気に入りの作曲家です。科学者であり作曲家。私の好きなジュッゼペ・シノーポリは指揮者であると同時に医者でした。「ルネサンス的教養人は、いまも健在だというのです。」今の時代はある意味でネオ・ルネサンス時代かも。これからどんな時代が開かれるのか、実に楽しみです。

  2. 多くの研究者が研究という行いだけではなく音楽、詩、小説など様々な分野でも活躍されていたんですね。個人的な考えなのですが、研究者とはあらゆることを疑問に思う力がもちろん必要だと思います。それを調査するには多角的にモノを見て行かなければ、実験案も、結果に対する考察すらもできないと思います。この力が大切だと思います。考える力だけではなく、多角的に物事を見ることで発想力にも優れていたのだろうなと思いました。音楽や小説などは、0から何かを生み出す力が必要だと思います。研究によってこの発想力が培われていたのでしょうか。もしくは、音楽や小説から研究に対する発想力を培っていたのでしょか。もし後者ならと考えると、子供が聞いたこともないような歌詞で歌を歌ったりしますが、これはすごいことだったのか。科学者としての才能か!?なんて考えてみました。
    最後に優れた科学者は鋭い観察眼と深い内省があるかどうかとありますが、本当にそうだと思います。しかし、これは科学者に限ってではないと思います。優れた保育士も子供の様子をよく観察し、子供の行動を予測することで子供にとって最適の環境を提供できていると思います。自分も勉強してこうなれるよう頑張りたいと思いました。

  3. 科学者でありながら芸術にも精通している「隠れた才能を持つ科学者」という存在が大勢いるのですね。小説、音楽、絵画などなどありましたが、これらと科学というものに繋がりがあることはあるのでしょうが、何より科学者になっている人たちというのは好奇心や探究心が強い人たちだと思うので、自分が興味を持ったものにはとことんはまっていくのかなと思いました。それがあらゆることを極めるといいますか、深めることにつながっているように感じました。今回のブログを読んでいて思い浮かんできたのはまず、星野源さんでした。星野さんは音楽だけではなく、文章も描かれますし、映画も撮ります。そこにはあらゆることを楽しむ星野さんがいます。そして、メジャーリーグの選手も浮かんできました。よくメジャーリーグの選手でプロのバスケット選手だったとかという別のスポーツも極めた人が選手になっていることがあります。とコメントしていて、ん〜なんだか的外れかなとも思えてきました。最後に優れた科学者は「鋭い観察眼と深い内省があるかどうか」とありました。あらゆることを深めようとする人というのはこういった力を持っているのかもしれませんね。

  4. 科学者の代名詞でもあるアインシュタインが、まさか有名なオーケストラとも共演している演奏者でもあるというのは驚きですね。これもイメージなのですが、科学者というと、研究室にこもってひたすら実験・検証を繰り返している姿を思い浮かべてしまいますが、それは刷り込みにすぎず、別の分野であっても長けているということがあり、むしろ突出したものが他にも存在しているというのが当たり前のような感覚にもなってきました。これも、以前のスタイルと学業が比例するという結果であったり、成功は成功を生むということが、まさにつながりを産んで教養人へと向かわせるということなのでしょうか。自ら経験しながら、成功への礎を構築していく過程に次なる成功が存在しているのだと理解していながらも、実際に行動に移せる人というのは、ほんの一握りであるようにも感じています。

  5. 有名な科学者が何名か紹介されていましたが、恥ずかしながら「アインシュタイン」しか知りませんでした。勉強不足ですね。しかも、アインシュタインが有名なオーケストラと一度ならず何度も共演しているほどのヴァイオリニストだったことには驚きました。そして、他の有名な科学者やダンバー自身と交友関係のある科学者も音楽に携わっている方が多いのですね。「科学」と「音楽」には何か共通するところがあるのでしょうか。と考えましたが、むしろ趣味レベルを超えているところに焦点を当てるべきでしょうか。そこから、科学者になる人は特に好奇心が旺盛な方なのかなと感じました。好奇心が直接的に意欲につながり、趣味レベルを超えるほどに上達したのかなと思いました。裏の努力を見せず、一見何でもできてしまういわゆる「天才」と呼ばれる方々が科学者には多いように思えます。また、もしかしたら科学者の方々は、音楽以外にも精通している分野が他にもありそうだなと感じたりしました。

  6. 偉大な科学者として多くの人からも知られているアインシュタインが〝有名なオーケストラと一度ならず共演している〟ということを初めて知りました。驚きます。アインシュタインをはじめ科学者は少し変わっていて、机や研究室にこもっているというイメージですが、オーケストラにも出演して、表に出てアクティブな印象です。
    以前勉強の仕方として、好きな教科をひたすら勉強すると他の教科の成績も上がってくるというのを聞いたように思いますが、前にブログであった成功体験が多くあると、そのようにエンドルフィンの効果などにより、他のものに影響を及ぼしていくということなんでしょうか。
    〝鋭い観察眼と深い内省があるかどうか〟優れた科学者はこれを持っているということでしたが、理解していてもなかなか難しいものであるのかなと感じました。

  7.  「偉大な詩人とただの語呂合わせ屋の違いは、優れた科学者と凡庸な科学者の違いと同じではないだろうかと言います。それは、鋭い観察眼と深い内省があるかどうかであると言います。」多くの共感を呼ぶ言葉を生み出せる人と、科学を深めさせる人。どちらも最高の結果である作品に向かっていくという共通点を感じます。生きる人がより生き易くなることへの大いなる貢献ですね。
     文中にあった作曲家の方々の音楽に触れたことはないのですが、ポップミュージックにはとても興味を持っています。素晴らしい歌詞を書く人たちがたくさんいますね。「鋭い観察眼と深い内省」こんなにも的確に、その人たちの仕事を表した言葉に出会ったことがなく、ダンバー氏の「鋭い観察眼と深い内省」の見事さに、脱帽する思いです。

  8. 科学と言えば少し難しい、興味がある人は、好きなひとだけだという偏見を変えるためにも、世界的に科学と様々なものの結び付きがあることを広めなければなりませんね。天才物理学者と呼ばれたアインシュタインが音楽に精通していたことは知りませんでしたが、結び付きを考えれば、音は科学だなと思います。アインシュタインの言葉に私には特別な才能などありません。ただ、ものすごく好奇心が強いだけです。という言葉を以前、見たことを思い出しました。天才と呼ばれるのは後付けであり、本人はいたって楽しむことを忘れなかったということではないでしょうか。できた、できないではなく、楽しむことが人生の一歩目であることが乳幼児教育であることを改めて感じています。

  9. 私の知っている偉人の中ではミケランジェロでしょうか。誰も知っていると思いますが、あらゆる分野ですごい作品を残しています。画家でも科学者でも、何か秀でている能力があると、イメージでそれしか無いと思いがちですが、そうではなく全く畑違いの分野にも秀でていることに驚きます。ある番組で一流の料理人が行っていたのは料理と科学の融合です。料理も科学と融合することで、違う切り口になり、より美味しくなるのでしょうね。身近な存在で言うと藤森先生でしょうか(笑)先生も園長先生でありながら、美大の出身で、絵も上手ですし、あらゆる分野に通じています。まさに教養人です。ブログの最後に詩人と科学は結びつけることはあまりしないと書かれています。しかし、こうして過去の偉人達の経歴を見ると、結びついています。何か一つ秀でている物があったとして、それだけでも十分に活躍できるかもしれませんが、全く違う分野を知る事でその能力がさらに磨きがかかるのかもしれません。

  10. アインシュタインとは有名ですが、イメージというのがガラリと変わりした。音楽に造詣が深いという意外な一面があるんだなと思うと同時に偉大な人間というのは突出しているところが一つではないのですね。「文学や芸術の分野に才能を発揮している優秀な科学者」というのが存在するのが当たり前のようにあるというのが意外性を感じます。それはやはり好奇心であったり探究心からくるのですかね。そして「優れた科学者と凡庸な科学者の違い、それは鋭い観察眼と深い内省があるかどうかであると言います、人間の文化は、形を問わず、このふたつに支えられていると言っていいだろう」とあります。鋭い観察眼と深い内省…常に意識したいことではありますが簡単なことではないことはわかりますね。

  11. アインシュタインが演奏者という一面も持っていることには驚きました。アインシュタインに限らず、科学者でありながら芸術面や文化面で「隠れた才能を持つ科学者」が沢山いるのですね。就職を決める際に自分の特技や才能を生かすことを考えると思いますが、職業に関わらず個人の才能を評価できることはいいことですね。そう考えると自分の得意分野を生かすことと、やりたい仕事というのは別であってもいいのかもしれません。また、保育で考えると子どもの得意、不得意に関わらず「やりたい」という気持ちを尊重してあげたいと感じました。

  12. 「科学者中の科学者であるアインシュタインからしてそうだと言います。数学者の多くがそうであるように、彼もまた音楽に造詣が深く、ヴァイオリンが上手だった」ということには驚きました。自分の凝り固まった考えの中でどこか科学者という方たちは科学に没頭し、追求する中で科学の分野だけを極めているのだと思い込んでいました。1つの事に好奇心や探究心を持って極めようとできる人は、そこから派生する事にも同じくらいの熱量で没頭できるのでしょうね。それもひとつの才能であると感じました。

  13. 1つが特筆して才能を持ち合わせている中でも、また別の分野においてもその才能を発揮している。これは、そこに活かすことのできる知識やコツなどが独自の発想で繋がっているのではと感じました。
    様々な経験は、別のことに活かすことを見出せることがそもそも能力なように思います。こだわりも大事でしょうが、そこから派生する考えも見方も必要になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です