教育の意味

運動能力と学業の関係が本当に成り立つとしたら、愚かで意地きたない少数意見のせいで、全員がつまらない目に遭うのは賢明ではないと言います。リスクをきちんと受け入れ、スポーツ活動中に事故が起こっても、すぐにいきり立ったり、学校に乗り込んだりしないことが重要であるとダンバーは言うのです。人生はリスクだらけです。しかしそのリスクを引き受ければ、はかりしれない恩恵がかならずついてくると言います。うまくいかなかったら誰かのせいにすればいい、世界の名だたる銀行が痛い目に遭っているのは、この教訓を活かさなかったからだというのです。目先のことにとらわれて、リスクへの対処を正しく学べないのは、子どもたちにとって不幸としか言いようがないとダンバーは嘆いています。

知能が高いと何かと有利ですが、それだけでは不十分だとダンバーは言います。IQがアインシュタイン並みというのは、たとえるなら最大級のコンピューターを持っているようなものです。それ自体すばらしいですが、ソフトウェアがなければただの箱です。となると、やはり教育が鍵となるとダンバーは言います。生まれつきのIQだけでは、どこへも行くことができません。知の世界を掘り下げ、探求するための知識と技能を仕込む必要があります。

彼は、ニュートンの有名な言葉を引用しています。「教育があるからこそ、私たちは過去という名の巨人の肩にのれるのだ。知識、特に科学的な知識は過去からの積み上げにほかならないとダンバーは言うのです。このような見解に対して、私たちはよく誤解をすることがあります。知の世界を掘り下げ、探求するための知識と技能を仕込むことが重要ですが、それをより効果的なものにするために、また、その機能をより発揮することができるようになるために、段階が必要になります。突然、何かを教えるとか、覚えさせるとか、できるようにさせるということではなく、まず、知の世界を掘り下げ、探求しようとする態度を養わなければなりません。そのためには、知の世界の不思議さ、楽しさ、それを探求しようとする好奇心などが必要になってくるのです。その部分を受け持つのが幼児教育であると思います。

ダンバーは、最も成功した教育実験のひとつは、スコットランドで宗教の名の下で行なわれたものであると言います。ただ、後年の科学と宗教の摩擦を考えると皮肉な話だというのですが。小作人たちが聖書を自分で読めるようにしようというカルヴァン主義長老派の試みから、19世紀初頭に世界でも指折りの優れた教育システムが生まれたそうです。すでに18世紀には、スコットランドの識字率は70%に達していたようです。イングランドとウェールズはせいぜいその半分、ヨーロッパの残りの地域は言うに及ばずであると言います。

しかし、私は、世界中で最も成功した教育実験のひとつに、江戸時代の日本の藩校や寺子屋教育があると思っています。江戸時代の幕末期においては、武士はほぼ100%読み書きができ、庶民層でも男子で49~54%は読み書きができたといわれています。また、1850年頃の江戸の就学率は70~86%でした。もちろん、寺子屋は義務教育ではなく、庶民自身の主体的な熱意で自然発生した教育システムでした。そして、それを支えたのは、日本では宗教ではなく、人々の探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さだったのです。

教育の意味” への13件のコメント

  1. 誤解することがありますとあったように、間違った認識で「教育」というのを捉えている人が多いのも事実ですね。知識を教え込むというイメージが教育と捉えられてしまっていることで間違った幼児教育が展開されてしまっている現場も多いのもまた事実ですね。「知の世界を掘り下げ、探求しようとする態度を養わなければなりません。そのためには、知の世界の不思議さ、楽しさ、それを探求しようとする好奇心などが必要になってくるのです」とあるように、本当の幼児教育は探究心、好奇心にあるということをもっと幼児教育に携わる人々は知らないといけませんし、そして、それを具体的に実践していかなければなりませんね。寺子屋の話がありましたが、義務教育ではない寺子屋の存在は本当にすごいです。授業も学校のような教授型ではなく、わいわいがやがやとやっていたとのことですが、なんだか当時の様子を覗いてみたくなります。

  2. 決まった宗教や行き届いた教育がなかった江戸時代において、世界各国を差し置いて識字率の「70~86%」を叩き出すというのは、本当にすごいことなのですね。ましてや、江戸時代では勉強だけでなく体術ならぬ武道のようなものも多く稽古をしているイメージがあり、心と体を同時に鍛えているといった感じです。また、寺子屋における学びには、ある問題をひたすら解いていくというよりも、答えがわからないような、自ら答えを考え作り出していくようなものとひたすら向き合っていたのではとも感じています。「人間とはどう生きるべきか?」「世界とは?」「道徳とは?」「正義とは?」など、それを、年上の人から多くの言葉を聞いて、そこから自分の考えを確立させていくといった教育であったと予想されます。そこには、人から言われてやるのではなく、まさに自らの「探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さ」があったから、そのツールのひとつとしての「識字」が必要ということで、優れた教育がなされていたのかなと感じました。

  3. 知識を教え込む事が教育、大人の役割と捉えられていることも多いのではないでしょうか。知の世界の不思議さ、楽しさ、それを探求しようとする好奇心をもてるような環境作りが幼児教育に必要なことであると改めて感じました。現場で働く保育者は「やってみたい!」という子ども達の自発的な感情をもっと引き出していき、段階を踏む事を再認識して、準備・実践をしていかなければならないと思います。また、江戸時代の寺子屋のお話がありましたが、もしかすると日本人は、探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さが潜在的に備わっているのかもしれませんね。

  4. 運動を行うというリスクをきちんと受け入れ、スポーツ活動中に事故が起こっても、すぐにいきり立ったり、学校に乗り込んだりしないことが重要である。しかしそのリスクを引き受ければ、はかりしれない恩恵がかならずついてくる、とありますが、本当にその通りだと思います。そもそも、リスクを減らす考えも重要だと思います。
    伯父からの受け売りですが、怪我をさせないようにするために先生たちがいると言っていた気がします。園長先生も、怪我をさせないようにするために、段階を踏んで練習したりするという話をしていた気がします。こうすれば、リスクを負う可能性はぐっと少なくなりますし、何より、子供たちがつまらない目にあうことは無くなります。子供にとって何がいいのか(考えても何もわかりませんが。。。)怪我をしないことなのか、怪我をしないようにすることが大切なのか。自分なら後者です。子供にとって何がいいのか見間違わないように選択していきたいです。

  5. 教育の意味とは「リスクへの対処を正しく学ぶ」ことも1つあることがわかりました。さらにそれは、ニュートンの有名な言葉である「教育があるからこそ、私たちは過去という名の巨人の肩にのれる」という伝承的なの部分にもつながっていると思えました。
    藤森先生のお考えに「世界中で最も成功した教育実験のひとつに、江戸時代の日本の藩校や寺子屋教育がある」とありました。江戸時代の幕末期には、各階層の読み書きのできる率や就学率があり、それらは自然発生した教育システムによるものとありました。そこで2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で吉田松陰の作った「松下村塾」を思い出しました。自然発生した教育システムを支えたのは、「宗教ではなく、人々の探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さ」とあり、正に松下村塾に集まった若者の当てはまります。しかし、現代では学ぶ当人の意欲よりも親などの大人の想いが先行してしまっているように思えます。日本に根付いた本来の教育の在り方からも見直していかなければならないようにも感じました。

  6. 何事も一足飛びには成就しない、ことを私たちは経験しています。「段階」が確かに必要となってきますね。この段階は到達するゴールを意識した段階でなければならないことは言うまでもありません。この段階の正しい提供の仕方が「教育」なのだろうと思います。何かに取り組む時には、まず自分の発達にあっていないと集中、没頭できないでしょう。この集中、没頭は傍目ではほぼ静止、停止状態に見えてしまうのですが、実はその次の段階へ向けての徹底した準備である、ということが言えるような気がします。臥竜ですね。好奇心が探求心を駆り立て、その探求心が好奇心をくすぐる。この循環が興味関心の動態だろうと思うのです。「世界中で最も成功した教育実験のひとつに、江戸時代の日本の藩校や寺子屋教育」があったとする先生の見解に私も同意です。そして、思うことは、優れた教育実践を可能にするには250年間という長期間に渡る太平が必要だということです。鎖国のおかげで我が国の先祖たちは良きモデルを後世の私たちに残してくれたと思います。教育の真の意味を考えるに際して、私たちは学ぶべきを歴史を持っている。まことに誇りに思えることです。

  7. 〝知の世界を掘り下げ、探求しようとする態度を養わなければなりません〟とありました。自分も含めてですが、昔は知識を教え込むことが教育であるような、テストの問題を暗記で答えられるようなそんなものが教育であると思われていたように思います。ですが、そうではなく〝探求しようとする態度〟がまず必要であり、その部分は幼児教育が大切なものとなってくるんですね。
    江戸時代の教育は座学もあり、剣道や武道といった心や体の鍛錬など総合的なものである印象です。それに加えて、松下村塾のような答えを話し合いながら作り出していくような、「分からない」と向き合うようなものであるように感じます。
    そこには〝人々の探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さ〟があり、それをさらに伸ばすものの1つとしての「識字」であったからこその脅威の識字率であるように思いました。

  8. ゛目先のことにとらわれて、リスクへの対処を正しく学べないのは、子どもたちにとって不幸としか言いようがない゛とあることからも、IQが高いからと解決できるような問題ではなく、゛知の世界を掘り下げ、探求するための知識と技能を仕込むことが重要゛と、わたしたちは物事を教え込んだりするのではなく、子どもの自発性が発揮されるような探求心、好奇心が沸き上がってくるような環境を通した保育のなかで、感じたり、味わったり、楽しむというようなまさに基礎となる部分を多く経験できるようにすることが重要であることを改めて感じています。世界中で最も成功した教育実験のひとつに、江戸時代の日本の藩校や寺子屋教育ことも内容にありますが、義務教育ではなく、自然生まれる教育の形だというものはまさに理想で、学ぶべき時には、まずは、ワクワク感やドキドキ感など胸が踊るようなものである教育の場でありたいですね。

  9.  「寺子屋は義務教育ではなく、庶民自身の主体的な熱意で自然発生した教育システムでした。そして、それを支えたのは、日本では宗教ではなく、人々の探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さだったのです。」昨年の成長展、わいらんすい(3・4・5歳児クラス)は寺子屋を題材に一年間の活動を振り返りました。その際に寺子屋のことを調べましたが、持ち寄った机はバラバラの方向を向いているし、持ち寄る勉強内容も様々なようで、それを指導者となる人が一人一人に説いていくといった、何ともフランクな様子が描かれていました。「生まれつきのIQだけでは、どこへも行くことができません。知の世界を掘り下げ、探求するための知識と技能を仕込む必要があります。」まさに寺子屋教育のような教育体制が求められると思います。運動、教育など、もっと本当の意味で子どもたちに必要なことを、大人は長い目で見守る体制を整えなければなりませんね。そのお手本を古来日本はやっていたのですから、実は、やってみれば誰もが納得のできる、実にしっくりとくる取り組み、教育スタイルなのだと思います。

  10. スポーツというか、人が生活する上でリスクはつきものです。それは大人だけでなく、子どもも同様なリスクを背負っているはずです。特にスポーツは必ずケガをすると言っても過言ではありません。ブログにも書いてあるように、愚かで意地きたない少数意見のせいで、全員がつまらない目に遭うのは確かに変ですね。
    「知の世界を掘り下げ、探求しようとする態度を養わなければなりません。そのためには、知の世界の不思議さ、楽しさ、それを探求しようとする好奇心などが必要になってくるのです」まさに教育の原点であり、幼児教育ですね。例えば私の息子が電車、新幹線が好きなので、地図を見ながら、「かがやきに乗れば富山に行って、金沢に行けるね」「のぞみは福岡だね」と電車を通して日本を知ろうとしています。子ども達は皆、探究心、意欲を持っています。その二つの気持ちを大切にし、今の時期にしっかりと育てて上げる必要がありますね。

  11. 今回のブログを読んでいると、教育の大切さを改めて感じることができました。文章中に、「知の世界の不思議さ、楽しさ、それを探求しようとする好奇心などが必要になってくるのです。その部分を受け持つのが幼児教育であると思います」とあり、幼児教育が人生の中の土台であることが分かります。また、”江戸時代の日本の藩校や寺子屋教育”について書かれていましたが、江戸時代に就学率が70~86%というのはすごいですね。しかも、「人々の探究心や、楽しさや、意欲の強さだけで支えられていたことにも驚きです。どんなふうに寺子屋が設置されて、どのような学びがあったのでしょうか気になってしまいます。

  12. 最大級のコンピュータを持っているがソフトウェアが無ければただの箱、この例えには納得しました。IQがあることは確かに素晴らしいですが、それをどう扱うか広げるかと知的好奇心が無ければならないのでしょう。幼児期の好奇心を思うとIQでは計り知れないものがありますね。私たち自身も、なんだろうと思ったことを調べようとしたり体験してみると聞くだけ見るだけよりも感情面でも記憶面でも深く入り込むことができると思います。教え込まれることより、そういったものの方がよく覚えているものです。幼児の頃の体験、経験は身についたり印象にしっかり残りそれを今後どう活かすかと考える手立てになりますね。

  13. 「突然、何かを教えるとか、覚えさせるとか、できるようにさせるということではなく、まず、知の世界を掘り下げ、探求しようとする態度を養わなければなりません」というのがまさに幼児教育を指しているように感じました。そして改めて寺子屋の自然発生した教育システムというのはすごいですね。学びたいという意欲好奇心をそこに感じ、それを支えたのが「日本では宗教ではなく、人々の探究心であったり、楽しさであったり、意欲の強さだったのです。」とあります。日本の強みというのはそういったところにあるのですかね。それを後世に引き継ぎ幼児教育にいかせすことが大事になってきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です