学識

ダンバーは、イギリスの科学者です。ですから、たとえばラテン語は直接必要ありません。学校で習った歴史も必要ないかも知れません。小さいころから学校でいろいろな科目を習い、暗記してきます。それらは、科学には必要ないのでしょうか?しかし、ダンバーは小さいころからの自分を振り返って、確信を持って断言しています。「記憶力の後押しがあったからこそ、私は知性を伸ばすことができたのだ。イングランド政治史をめぐる議論では全戦全勝だったことも付け加えておくが。」

彼は、「私たちは誰でも、行動のかなりの部分を記憶に頼っている。」と言います。直感に頼る思いつきだけでは、科学は前進しないというのです。どんな研究分野であっても、重要なのは人文科学の世界で言うところの「学識」です。もったいぶった言い方だと断わりながら彼は、「要するに記憶力である」と言います。科学の進歩は、異なるできごとやものごとを新しい方法で結びつけるところからはじまるというのです。それは科学に限らず、あらゆる形の知識に言えることだというのです。世界の有様を細部まで記憶に留める能力がなければ、いかなる天才といえども斬新な着想はできないだろうというのです。数学者でさえ記憶力とは無縁でいられないと言います。問題解決の方法をいくつか用意して、そこからいちばん最適なものを選んでいくからだと言うのです。

神経解剖学の最新の研究成果も参考になるだろうと言います。脳が発達していくとき、まずニューロンどうしが相手かまわず膨大な数の接続をつくります。しかし生まれてから数年のあいだに、自然淘汰にも似たプロセスで接続は刈り込まれていきます。ほとんど使われない接続はすぐに消えていきますが、何度も使う接続は強化され、効率も上がっていきます。

このような過程で、ダンバーはこんな憶測をしています。それは、記憶力の発達には、幼いときの丸暗記が結構重要な役割を果たしているのではないだろうかということです。それによってニューロン接続を強化しているのではないだろうかというのです。子どもたちにマザーグースなどの童謡を教えるのも、あながち無意味というわけではないのだろうと考えます。リズミカルな歌詞は口調が良いし、お話自体も面白いので覚えやすいのだというのです。

彼が習ったラテン語は、動詞の規則変化や不規則変化が複雑きわまりないし、人称や数などの変化もややこしい言語なので、昔からとにかく丸暗記するしかなかったと言います。ただほかの言語や童謡と比べて、ラテン語が頭脳を鍛える手段として優れているのは、構造が緻密で体系的だからだと言います。ですから、ラテン語を学ぶことで、記憶力だけでなく、科学を探究する上で必要な思考モードも身につくというのです。これと正反対なのが英語だとダンバーは言います。流動的で確固とした構造がなく、語彙数が膨大な英語は、文学表現にはうってつけだというのです。

しかし、かれはヴィクトリア朝の教育でもあるまいし、意味もわからず機械的に知識を詰め込むことが良いと言っているわけではないと言います。しかし、丸暗記には、知性を伸ばす上で不可欠な効用があると言っているのです。学校教育をもっと充実させ、面白くしようという努力は大いに結構だと言いながら、明らかに時代遅れに見える方法も捨てたものではないと言うのです。外面に騙されてはいけないのだと言うのです。

学識” への12件のコメント

  1. 「私たちは誰でも、行動のかなりの部分を記憶に頼っている。」とあり、確かにそうだなと思いました。毎日の生活でも記憶があってこそ成り立っているという部分は大きいと思います。私は本当に忘れっぽいです。いろいろな人に「なんで覚えてないの?」と言われたりするくらいです。正直、忘れっぽいと仕事でも周りの人に迷惑をかけてしまいます。「あのこと伝えといて」「はいわかりました」というやりとりをしたのに忘れてしまうことで、大切なことを伝え忘れてしまうということになります。保育でも学んだことを覚えておくことで、目の前の子どもの姿とリンクするということがよくあります。そのためにも記憶力というのは大切になってきますね。そんな中で、「丸暗記には、知性を伸ばす上で不可欠な効用があると言っているのです」というダンバーの言葉があるように、ダンバーは丸暗記、記憶するという教育の大切さも解いているのですね。しかし、これはやはり子どもが主体的に活動しているということが大前提になるのかなと思うのですがどうなのでしょうか。やりたいことに対する暗記、記憶が大事なのかなと思うのですがどうなのでしょうか。

  2. コンピュータの発展、スマホの普及等によって、記憶していなくてもデジタル媒体にアクセスすると、ほぼ瞬時に、正確な情報を私たちは現在入手できるようになりました。外国語を知らなくても、自動翻訳機によって大意を伝えることも可能になっています。「記憶していること」が最近殊に軽視されてきているようにも思われます。私はその風潮を否定しているわけではなく、軽視されているとはいえ、やはり覚えていること、覚えておく方がいいことは、確実に存在すると思っています。おそらく、何を覚えている方がいいのか、ということが大切になってくるのでしょう、これからの時代は。「幼いときの丸暗記が結構重要な役割を果たしているのではないだろうか」このことについては、私もそう思います。この「幼いとき」がいつまでか、ということもありますが、丸暗記は決して無駄ではありません。「ニューロンどうしが相手かまわず膨大な数の接続」をつくる、この表現は良いですね。そんな感じがします、物事を一生懸命覚えようとしている時。私もラテン語やサンスクリット語をかじったことがあるのですが、その文法構造、シンタックスを考え始めるともう行き詰ってしまいます。覚えるしかない、そんな体験をしたこともありました。「学校教育をもっと充実させ、面白くしようという努力」について思ったことは、外国語を勉強する時は、やはりボキャブラリー及び文法構造の習得が不可欠である、ということです。楽しく外国語は習得できないのです。私たちが母語の学習に楽しさを覚えて来なかったように。楽しい、楽しくないにかかわらず、触れる機会がどれだけ多いか、このことにかかっているような気がします。今回のブログを読みながらこうした感想を思いつきました。

  3. 「記憶力の発達には、幼いときの丸暗記が結構重要な役割を果たしているのではないだろうか」というダンバー氏の考察に驚きました。当然のように、子ども自らが望む「丸暗記」に限定されるのだと思いますが、その情報をとどめておく思考回路が今後の選択を支え、問題解決の方法の一つになるというのは面白いですね。受験勉強などでも、これは必要なのかと思えるような場面であっても、「知性を伸ばすこと」には重要であるという明確な答えがあれば、教える方も教えられる方も納得して学ぶことができるのかもしれないとも感じました。これまでの歴史で構築して社会が培ってきたものには必ず意味があるということを教えられているような今回の内容でした。

  4. 「私たちは誰でも、行動のかなりの部分を記憶に頼っている。」という一文が印象的でした。ヒトの思い込み、すり込みはこう言った部分から出て来るのでしょう。記憶に頼って行動する方が楽です。しかし、それでは思い込みの生活になってしまい、成長や、新しい発見がありません。そう思いつつも、スマホの普及によって情報が用意に取得できる世の中になって、そう言った部分でも記憶に頼っている自分がいるな、と考えさせられます。
    記憶を持つことは悪くなく、そればっかりに頼り、考えることと止めてしまうのが最悪です。園で、副園長先生から、「ここではみんな決められた仕事はなく、考えて自分の仕事をこなしているから」とアドバイスを受けたことがあります。自分以外の先生は皆、そうやって考えて行動されていて、すごいなと素直に思います。考えて行動しているのは先生だけではなく子供たちもですね。今回の話と繋がり、園全体のすごさを感じました。

  5. 自分が今回のブログの内容を読んだ感想が〝明らかに時代遅れに見える方法も捨てたものではない〟と最後の文章に書いてあり、驚きました。
    確かに自分たちは生活のほとんどといっていいものを記憶を頼りにしています。よく嫁に使ったタオルがどこにいったかわからなくて怒られたり、家の中で携帯がなくなったりと、あまり自分は苦手な分野かもしれません。
    〝丸暗記には、知性を伸ばす上で不可欠な効用がある〟とあり、小学生の頃にかけ算の九九を丸暗記したのを思い出しました。先生の前で声に出して暗唱したりして苦労しましたが、その苦労の甲斐あってか、今でも覚えており使うことができるものです。いくら効用があるといっても子どもの「したい」という気持ちが大切になってくると思います。そこのところは大切にしていきたいですね。

  6. 暗記もそうですが、幼いころ学んだことで、思い返すと「何の意味があるのだろう?」と不思議に思うことがありますが、「記憶力の発達には、幼いときの丸暗記が結構重要な役割を果たしている」というダンバーが推察できることのように、それらほとんどのことに意味があるのかもしれませんね。また「私たちは誰でも、行動のかなりの部分を記憶に頼っている」とあったことは、とても納得がいきます。過去などの以前にあった事例に現在を照らし合わせて行動を選択していることが思い返してみても当てはまります。「人は失敗から多くのことを学ぶ」と言われていることも、記憶力無くしては難しいことだとも思えました。また「丸暗記には、知性を伸ばす上で不可欠な効用がある」とあり、さらには「リズミカルな歌詞は口調が良いし、お話自体も面白いので覚えやすい」とありました。そこから「リトミック」のようなものも将来、記憶力につながるものだったりするのかなと考えたりしました。

  7. ゛記憶力の発達には、幼いときの丸暗記が結構重要な役割を果たしているのではないだろうかということ゛ あり、私たちのどこか経験したことあるのは、こういった経験したことのある記憶からくるものなのかと思いました。しかし、丸暗記というものは、短期記憶であったりすることもあります。この幼い頃の暗記というものは、経験の中で得た知識、好奇心、探求心から結び付いたものであって、知性的なものであるように感じました。学んだ記憶を辿ると、今のどの部分なのか考えてみたいです。

  8. 確かに記憶力というのは日々の生活でも重要な役割を担っています。例えばご飯を作るときに、親が作ってくれた煮物を再現する時には、その時の味を思い出します。仕事でもあらゆる場面で過去の失敗や成功を思い出すときもあります。しかし藤森先生の講演の中で「ダークマター」「ニュートリノ」などの宇宙の研究になってくると、記憶力よりも直感やひらめきが重要になってくるのかもしれませんね。今まで色々な事を暗記してきました。歴史の年号、数学の公式、英単語・・・どうしても暗記しないといけないことが多々ありました。確かにダンバーの言うように丸暗記は知性を伸ばす効用があるのかもしれません。例えば息子は電車が大好きでもの凄い勢いで覚えていきます。すると次はその電車がどこを走っているのか地図で見て知ります。またウルトラマンの名前からカタカナを学んだり・・・自分の好きな事であれば人は子どもに限らず、暗記から新たな事を学ぶようにも思います。

  9. 今回のブログを読んで、私がこれまで学校の授業で習ってきたことに記憶を強化する働きがあったことを知りました。学校のテストというと、丸暗記が結構多いように思います。国語の授業で物語や詩の暗記もしましたが、その時はなんのために?と思いながら覚えていました(笑)園でも、子どもたちが暗記といいますか、大人の話し方や歌や手遊びなどよく覚えるなと思う場面が多くあります。記憶の強化という働きがあるとしたら、子どもたちが暗記を楽しめるような取り組みを考えてみようかなと思いました。

  10. 今ではスマートフォンを持つ人が多く、なんでも調べられる時代になり、あまり記憶する必要のない時代に入ってきていると思っていましたがそうではないことに気づかされます。「記憶力の発達には、幼いときの丸暗記が結構重要な役割を果たしているのではないだろうか」ということから意外性をも感じさせます。「数学者でさえ記憶力とは無縁でいられないと言います。問題解決の方法をいくつか用意して、そこからいちばん最適なものを選んでいくからだ」というのがなんだかしっくりきたように思えました。覚えるという行為をするだけでニューロンの接続の強化になることからこれからは少し「覚える」ということも意識していく必要性を感じさせてくれました。

  11. 「私たちは誰でも、行動のかなりの部分を記憶に頼っている。」この言葉に、確かにそうなのではと思いました。何においても、動きを真似していってそれを自分のものにする。今は当たり前のようにしている行動も、記憶し反復し行うことができているのだと思います。スポーツをしているときには、自分は1番感じます。
    ただ、自分は記憶力はあまりいい方ではありません。記憶力がある方は、とても得しているんだろうなと感じています。それを補うためにメモ等をしなければならないので手間が必要です。
    小さい子たちに絵本を一緒に読んでいると、言葉を覚えていたり先の内容を言っていったりとして何度か経験するとすぐに覚えています。詰め込ませるのではなく、自然と覚えることは脳的には良い効果がありそうなんですね。

  12.  「丸暗記には、知性を伸ばす上で不可欠な効用があると言っているのです。学校教育をもっと充実させ、面白くしようという努力は大いに結構だと言いながら、明らかに時代遅れに見える方法も捨てたものではないと言うのです。」かなり衝撃的な内容ですね。現在の教育を真っ向から肯定する立場の意見がダンバー氏から挙げられると、なるほど納得しないわけにはいかないという気持ちになってきますね。実際、学生時代の大半は物事を暗記することを強いられてきたように思いますし、その時の努力は無駄でないどころか今に生きる大切な知識、学識を脳に育んでいた時期だったのだと、思えてきます。大人になってから資格をとったりする人もいますが、その知識はきっと、いや必ずこれからの人生に役に立つのだと思えてきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です