健全なる身体

背の高い男性ほど既婚率が高く、子どもを持っている割合が多かったという研究結果について、当然背の高い男は魅力的だからパートナーを見つけやすく、子どもをもうける可能性が高くなるというのがこれまでの解釈でした。しかし最近、外見の美しさと生殖可能性の関係は、それだけではないことがわかってきたそうです。キングズ・カレッジ・ロンドンのロス・アーデンらがアメリカの軍隊を対象に行なった分析で、身体の対称性は、精子の数及び運動性と相関関係にあることが判明したというのです。美しい人は、それだけで子孫を多く残せるということになります。ダンバーは、なんて世の中は不公平なんだと嘆いています。

オックスフォード大学のあるカレッジに伝わる話を紹介しています。1960年代の学監は入学面接の時、部屋に入ってきた志望者にいきなりラグビーボールを投げたそうです。ボールを受けそこねたらアウト、すかさずドロップキックをしてゴミ箱に入れたら、その場で奨学金の授与が決まります。もちろんこんな選考方法は、お高くとまったほかのカレッジからは苦々しく思われていました。

もっとまじめに選好するカレッジもある中で、そのカレッジは面汚しだったかというとそうではありませんでした。各種スポーツの大学別成績で言うならば、むしろ逆だったのです。さらに1970年代に発表された教育達成度の長期調査で、立場は完全にひっくり返ったそうです。ひとかどのことを成し遂げる人物は、メガネ・肥満のガリ勉タイプではなく、スポーツ万能で勉学優秀、その上社交性も抜群というオールラウンド・プレーヤーであることがはっきりしたというのです。

この結果は、ある意味それほど意外でもないとダンバーは言います。成功は成功から生まれるものだからだと言います。それにしても、「健全なる身体には健全なる精神が宿る」という古からのことわざは、あまりにもそのままの意味ではないかと彼は言います。もちろん、スポーツができるというだけで知能がずば抜けて高くなるわけではないと言います。しかし、スポーツに本格的に取り組んで猛練習に励むことと、学業成績の上昇を結びつけるものがひとつあると言います。それが最近よく話題になる脳内麻薬、つまりエンドルフィンだというのです。

エンドルフィンは、体内で生成される鎮静剤です。身体がストレスにさらされると脳内に大量に放出され、組織損傷で生じる痛みをブロックしてくれるのです。そうすれば、ケガをしたときも身体がある程度自由に動くので、外敵に捕まる危険が少なくなります。しかし、この鎮痛剤は、頭脳活動とどんな関係があるのかというと、その答えの鍵は、私たちが頭脳活動を「知的努力」としばしば言い換えるところにあるとダンバーは言うのです。

天才は、何の苦労もなく優れた業績をあげることができると、人々は、昔も今も、そう信じて疑いません。ルネ・デカルトは、この誤解を根付かせた犯人の一人だとダンバーは言います。ディレッタント気取りのデカルトは1日の大半をベッドの中で過ごし、そこで優れた著作の構想を練ったと言われています。アラビアのロレンスは大学時代、オックスフォードのなかでも優秀なジーザス・カレッジに所属していたのですが、たった数回講義に出席しただけであっさりトップクラスの成績を取ったと言われています。

健全なる身体” への12件のコメント

  1. 「ダンバーは、なんて世の中は不公平なんだと嘆いています」とありましたが、私も嘆きたくなりました。しかし、嘆くだけではいけませんね。。。いきなりラグビーボールを投げる話はおもしろいです。体が反応してドロップキックをする身体能力もすごいですが、瞬時にそれをすることの方がいいかもしれないと思える判断能力も同時にその人には備わっているのかなと思えるのですが、どうなのでしょうか。健全なる身体に健全なる精神が宿るという言葉は本当のことなのですね。スポーツにしっかり取り組むことで目標に向かうとか、やり遂げることへの充実感を感じることができますね。鎮痛剤というエンドルフィンの話がありましたが、何かを成し遂げる時に必要な力だと思うと、それをスポーツや体を使うことで得れると知っている人は強くなれそうな気がします。スマートな人はスマートになる努力をしているはずですね。そういったことができる精神力が大切であるということなのでしょうか。

  2. よく、受験や就職には学生時代に学業だけでなく、部活などに打ち込んでいたかといったことが優位であると言われてきましたが、それはまさに、エンドルフィンの働きを考慮しているような見方ですね。「成功は成功から生まれるもの」という言葉からは、幼少期における成功体験の重要性をも感じさせます。そこで培われた成功への道筋は、自らの思考をある一定のものに沿わせて、自然とその道を歩むような、まさに「知的努力」を形成させていくようなイメージがあります。天才は「何の苦労もなく優れた業績をあげることができる」とあり、羨ましい気持ちもありますが、社会に蔓延っている優れた業績や成績をあげるための方法が、いまだ方向性が異なっているということでもあるのかなとも感じました。

  3. 運動を行い、脳内で生成されている「エンドルフィン」が学業成績の上昇を結びつけているんですね。驚きです。学校で部活動があるのも納得ができます。子供が遊びに行くと、はしゃいで走り回って、大人が疲れるくらい元気に走りますが、途端に電池が切れたようになってしまうのは、脳内でエンドルフィンが働いて、疲れを感じさせないためですかね。限界を迎えたら寝てしまうのかなと思いました。行き過ぎた考えかも知れませんが、そうなら、大人より、エンドルフィンの分泌がおおく、学習に強く作用しているのでしょうか。子供の成長があっという間なのと関係しているのかなと考えました。
    天才は、何の苦労もなく優れた業績をあげることができると、人々は、昔も今も、そう信じて疑いませんとありますが、本当にそう思ってしまいます。きっと自分ら見えないところで努力していたり、効率のいい学習をしていたりするのでしょうけど。。。それでも羨ましく思ってしまいます。こう言った面でも、不公平を感じてしまいます。思っているだけでなく、自分ももっと努力していかないといけないですね。

  4. またしても世の中の不公平さを感じる内容が冒頭に出てきました。外見の美しさと生殖可能性の関係には、外見から人を惹きつける魅力以外に、精子の量や運動性にまで秀でていることがわかっているのですね。ため息を吐いてしまうほど嘆きたくなりますが、人類の繁栄の観点で考えてみると、できるだけ良い遺伝子を後世に残していくという合理性を感じ、つくづくよくできているなあと感じました。また「スポーツに本格的に取り組んで猛練習に励むことと、学業成績の上昇を結びつけるものがひとつある」とあり、テスト前の一夜漬けのような追い込みをして成績を維持していた高校時代を思い出しました。集中力という観点でも似たところがありますね。最後には「天才」についてありましたが、私にも思い当たる友人が1人います。何をやっても平均以上できてしまいますし、力を入れるとトップクラスの成績を取ったりしていました。しかし天才は、人並みにやらなくてもできてしまうところに落ち度があり、努力することが根付かない印象です。真の天才とは、さらに努力を惜しまない人のことを言うのだろうなと思いました。

  5.  「スポーツに本格的に取り組んで猛練習に励むことと、学業成績の上昇を結びつけるものがひとつあると言います。それが最近よく話題になる脳内麻薬、つまりエンドルフィンだというのです。」いよいよ具体的に天才は天才であるということが証明されてきましたね。経済面での格差、富裕層と貧困層というものが存在するという事実を、それは成功の量が決めるということで、その成功の量は生まれ持ったものが大半以上を占めるのだというこの、生まれ持ったもの、これの何と尊いことでしょうか。諦めるという言葉は、明らかに眺めるという意味があるそうですが、現在地を明らかに眺めてみて、誰にも歩けない自分だけの人生というものを胸を張って歩いていこうと思いました。

  6. 今はしていませんが、かつて50の手習いとしてプールとジムに通っていた時期がありました。その頃は健康診断の数値がよく、気分も晴れやかでしたね。まさに「健全なる身体には健全なる精神が宿る」を実体験しました。もう一度チャレンジしてみようかな、気候も良くなってきたし。「ルネ・デカルト」。学生時代にお世話になったというか、「cogito er go sumわれ思うゆえにわれあり」で確かに騙された、というと語弊がありますね。思惟と存在の連関を一足飛びで可能にしてしまった。今考えると、これはまるで禅問答。「ディレッタント気取りのデカルト」なるほどいい形容ですね。「アラビアのロレンスは大学時代、オックスフォードのなかでも優秀なジーザス・カレッジに所属していたのですが、たった数回講義に出席しただけであっさりトップクラスの成績を取ったと言われています。」そうなんだ。ロレンスはオックスフォード大学の出身だったのか。映画音楽が頭の中を流れてきます。

  7. 〝成功は成功から生まれるものだからだ〟という言葉から小さい頃の成功体験が、その後の人生を成功へと導いていってくれるものであるように感じました。
    その成功も何の苦労もなしの成功よりも、困って、悩んでの成功の方がより効果が出るような気がするのですが…。〝天才は何の苦労もなく優れた業績をあげることができる〟というのは、自分のこれまでの考えにズレがあったのではないかと思わせます。
    また、「よく身体を動かすこと」はどの分野の人たちの話しからも出てくる良いことであるように思います。それは〝身体がストレスにさらされると脳内に大量に放出〟されるエンドルフィンと関係があるということなんですね。

  8. ゛身体の対称性は、精子の数及び運動性と相関関係にあることが判明した゛とあり、確かに不平等な気がしましたが、やはり、その体のの対称性はより確実なものと考えられ、そうあることは、エンドルフィンの分泌を効率よく使える知能が備わっていることが裏付けられていることがわかります。スポーツ界においても様々なスポーツで背の高い人が注目され、考えてみても、スーパースターと呼ばれるひとの多くに高身長がいると思えました。運動により生まれたエンドルフィンが学業までしっかりと影響するというのは、単に頭がいいのではなく、こういった要因が作用している、幼少期からエンドルフィンが分泌されると言われている宗教的な面での内容であった歌ったり、体を揺らすなど、そういった遊びの必要性を改めて感じています。

  9. これを読んでいて思ったのは、ダンバーと同じ気持ちになってしまいました。
    スポーツ万能で勉学優秀、その上社交性も抜群というオールラウンド・プレーヤー、どれか1つに秀でるよりもこれらをうまくできる人の方が確実に成功するのは納得のものですね。
    天才においてどのような脳内活動がなされているのでしょうか。不思議でならないものばかりです。

  10. 背が高い人は精子の数及び運動性と相関関係にある・・・確かに不公平ですね。ただ私は結婚し子どもいるので良かったです。
    さて「健全なる身体には健全なる精神が宿る」このことわざは、なんだか私の胸に響きました。小学校の頃サッカーばかりやっていたら「サッカーバカ」になると親に言われたのを覚えています。確かにサッカーばかりやって勉強もろくにしていなかった自分を思い出しましたが、まさか猛練習に励むことで、エンドルフィンが放出され学業成績が上がるというのは驚きですね。当時の親に伝えたいです。確かにエンドルフィンを放出させる身近な方法はスポーツなのかもしれません。そこで得た感覚を学業に向けるというわけですね。とは簡単に言いますが、難しそうなイメージです(笑)いざ机に座ると急に無気力になってしまったり・・・。理論上はスポーツと学業の関係があるというのは理解できたのですが、それを実践するにはどうしたらいいのでしょうか。ことわざから学ぶとすれば、まだ健全なる身体ではないのかもしれませんね。

  11. 勉強もできスポーツもできるオールラウンドプレーヤーのほうが成功するということが分かりました。要領の良い人は勉強もスポーツも効率よくできてしまう気がしますが、天才といわれる人はさらにとびぬけているのでしょうか?「スポーツに本格的に取り組んで猛練習に励むことと、学業成績の上昇を結びつけるものがひとつあると言います。それが最近よく話題になる脳内麻薬、つまりエンドルフィンだというのです」という文章がありましたが、最近よく話題になるエンドルフィンについてもっと知りたいと感じました。

  12. 「入学面接の時、部屋に入ってきた志望者にいきなりラグビーボールを投げたそうです。ボールを受けそこねたらアウト、すかさずドロップキックをしてゴミ箱に入れたら、その場で奨学金の授与が決まります。」というのがなんとも印象的です。確かに一瞬でその人の能力を把握できるのかもしれないですね。それが「健全なる身体には健全なる精神が宿る」というのに繋がるのかなとふと感じます。「スポーツに本格的に取り組んで猛練習に励むことと、学業成績の上昇を結びつけるもの」それがエンドルフィンなのですね。具体的にはどういった感じで結びつくのですかね。天才の頭脳というのはうまくエンドルフィンを使っているということでしょうか。一度天才の頭脳になってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です