バーンズの詩

スコットランドの詩人であるバーンズは、生殖の仕組みがそうなっている以上、ほ乳類のオスはもともと一雄多雌だと言いました。また、オスがメスを1匹だけ選ぶのは子育てに直接投資できる場合だけで、そのためほ乳類の単婚は、イヌの仲間を除くとむしろ例外中の例外だそうです。ほ乳類の95%は、一夫多妻なのだと言うのです。しかしこの考え方に欠点があったのは、ヒトがその例外中の例外だということだったということでした。ヒトの場合、子育ては乳離れが終わればそこで終了というわけに行かないのです。子どもを一人前にして社会に送り出す、一族の富を引き継がせる等々、父親の果たす役割もたくさんあります。ただ、ヒトの一夫一妻は、白鳥をはじめとする鳥類ほど完全に固定化しているわけではないのです。ほ乳類とは対照的に、鳥類は90%の種が単婚だそうです。バーンズもこう書いているそうです。

「ヒナに囲まれてうずくまるツグミ 誠実な夫と苦労をわかち合う……」

ここでダンバーは、バーンズの名誉のために付け加えているのですが、近年の分子遺伝学の発達によって、強固な一雌一雄型だと思われていた鳥類のあいだでも、パートナー以外との交尾はけっこうふつうであることがわかってきたそうです。それどころか、巣に並んだ卵の父親が全部ちがうオスということさえありうるのだそうです。メスが異なるオスの精子を体内に保存し、産卵時に適当な精子を選んで受精させることもできるのだそうです。

それは別として、バーンズの詩はあっと驚く一節がいくつかあって、ここ10年ほどでやっと正しいことが証明された内容に言及する部分もあるそうです。例えば、ダンバーが提案する「友人の数はどんなときも一定だ」という説もそうだと言います。「J・ラブレイクへの書簡詩」のなかで、バーンズはそれとなくこう書いているそうです。

「さて、あなたは大勢の友人をお持ちかもしれないが、ほんとうの友は一握り それでも、名簿がすでにいっぱいならば 私を入れていただくのにはおよびません」

もうひとつのほうは、ダンバーにとってまさに衝撃的だったようです。ヒトとそれ以外の動物の本質的な違いが明らかになったのは、つい10年ほど前のことです。それは、ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというものだとダンバーは言います。動物にはそんなことはできません。彼らはいま経験していることを受け止めるのが精一杯で、それ以外の可能性があったとか、どうしてこうなったのかという想像まで頭が回りません。このふたつの疑問を持てるからこそ、科学と文学は成立するとダンバーは考えています。「ネズミに寄せて」という詩の最終連は、まさにそのことを言い当てているのです。

「それでも私にくらべれば、おまえは恵まれている… おまえに触れてくるのはいまという時間だけ しかし悲しいかな、私が視線をうしろにやると 荒涼とした風景が広がっている!前を向いても何も見えてはこないけれど、恐ろしい予感が襲ってくるのだ!」

ネズミはいまの世界をそのまま受け入れますが、人間は過去を思い返したり、未来を予測したりしては不安や恐怖を覚える、ということを言っているのです。

わたしはバーンズを知りませんし、彼の詩を読んだことがありません。しかし、ここで紹介された詩から、科学する心、科学の心理を読みとるダンバーの考察からは、その造詣の深さを感じます。

バーンズの詩” への12件のコメント

  1. ダンバー氏によって人間の本質が明らかにされています。「ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというものだ」。確かに私たちは生きている今を相対化することができます。そして、次の未来に向かって行動します。今は過去になり、未来がやがて現在になる。そして新たな未来が生まれる。時間というものの存在。このことから、「温故知新」や「音楽は時間芸術だ」などということが頭を過ります。「可能性」と「想像」によって「科学と文学は成立する」というくだりは、なるほど、と思いました。「おまえは恵まれている… おまえに触れてくるのはいまという時間だけ」。今だけが意味を持つ、今だけの世界には時間が存在しない。確かに「恵まれている」のかも。幸せも嬉しさもない代わりに、不安や心配もない世界。それにしても私たちヒトは如何なる存在か。自然の一部であることは間違いないことだから、やはり草木や山川のように、何か課せられた使命のようなものがあるのかも。こんなところから哲学や宗教が生まれてくるのでしょうね。

  2. 「ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというものだ」というダンバーの言葉がありました。そして、逆に動物は今経験していることを受け止めるのが精一杯であるともありました。人と動物の違いよく分かります。人は未来のことを予測できてしまうことで、起きてもいないことに不安や恐怖を感じることがあります。そのことがリスクを回避する上ではとても大切な力になってくるとは思うのですが、反面、それが強すぎると苦労してしまうということもありますね。しかし、それが人ということであり、またそれを乗り越えていけるのも人なのかもしれません。また、起こっている出来事に対してあらゆる可能性を考えることができる人の能力は科学する心につながっているということが言えるのですね。人はもともと科学する心を持ち合わせているということを感じます。そういった私たちが人である故の能力というのを伸ばしていける環境が大切なのかもしれませんね。

  3. 単婚と言われていた鳥類ですが「パートナー以外との交尾はけっこうふつうであることがわかってきた」というように、研究の発展によって新たな情報を得られる現代において、多くの予想や見通し、仮説が存在していくでしょうね。また、そういった先を見通したりできるというのも、人間ならではの能力ということで、また新しい文化を構築し続けていく姿に希望が感じられる瞬間があります。また、バーンズ氏の「悲しいかな、私が視線をうしろにやると 荒涼とした風景が広がっている!前を向いても何も見えてはこないけれど、恐ろしい予感が襲ってくるのだ」という詩には、人類の哀愁に満ちた部分すらも感じますが、そういった部分があるからこそ生きている中で「幸福」のような瞬間にも立ちあえるような気もしていきました。

  4. 鳥類は90%の種が単婚であるのに、パートナー以外との交尾も一般的であるのですね。また「メスが異なるオスの精子を体内に保存し、産卵時に適当な精子を選んで受精させることもできる」ことには驚きました。この能力も鳥類の進化上、生存戦略上でも必要不可欠な意味合いがあるのでしょうね。
    「ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できる」とありました。逆に動物には難しいともあり、この違いも人と動物を区別する上での境界線ですね。「ネズミはいまの世界をそのまま受け入れますが…」という一文からは、以前の内容にもあった現代の若者が今に固執し、先を見据えきれてない姿が頭に浮かびます。その姿は境界線的に、もはや動物と言われてしまうのかもしれませんね。今に囚われず、先を見据えて行動を選択していかなくてはと改めて思うことができました。

  5. 〝ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できる〟というのがヒトの特徴で、他の動物は今を受け止めるのが精一杯であるということが書かれてありましたね。人間は良くも悪くも先を見通し、また、過去を振り返ってみるものであり、そこから恐怖や不安もするだろうし、危険を回避するだろうし…いろんな人間らしいことにつながるものであるように感じます。
    〝人間は過去を思い返したり、未来を予測したりしては不安や恐怖を覚える〟ということですが、反対に旅行に行く前など、未来を予想することで楽しむこともできますね。そのようにいろんな視点からみていけることは、科学とつながっているとも言えると思います。
    さらにそのことは「人間は科学する心をもともと持って生まれてくる」ということを裏付けるものであると感じました。

  6.  「バーンズの詩はあっと驚く一節がいくつかあって、ここ10年ほどでやっと正しいことが証明された内容に言及する部分もあるそうです。」「鋭い観察眼と深い内省」はこういった現象を生み出すのですね。こういう時、富士山の例え話をどうしても思い出してしまいます。頂上を目指すにあたって様々な山道があるにせよ、辿り着く頂上は同じ。追求し、突き詰めていった先に辿り着くものというものは、共通する何かなのでしょう。「共生と貢献」という新宿せいが子ども園の理念もまたその最たるものの一つと言えるように思います。
     「それでも私にくらべれば、おまえは恵まれている… おまえに触れてくるのはいまという時間だけ」時間という感覚が身について間もないというのでしょうか、昨日、今日、明日という概念が言葉として浸透していない時期の子どもたちを思い出し、その時期の子どもたちから発せられるあの輝きを思いました。「ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというもの」その力は「人間は過去を思い返したり、未来を予測したりしては不安や恐怖を覚える」という心の作用を引き起こすのですね。不安や恐怖といったものとは無縁の場所にいる存在のように思えるからこそ、子どもたちは輝いて見えるのでしょうか。
     

  7. ヒトとそれ以外の動物の本質的な違いが、ヒトは歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというものとあります。確かに動物には未来を予測することは難しそうですね。動物が今の世界をそのまま受け入れ、人間は過去を思い返したり、未来を予測したりして不安や恐怖を覚えるんですね。不安や、恐怖があるからヒトは努力しよう思でしょうね。生物の進化の根底にあるものでしょうか。天敵から身を守る為に亀には硬い甲羅を。鳥には翼を。敵から狙われるという恐怖が、進化を促したのかなと思いました。ヒトは恐怖だけではなく、未来を考えることができ、未来の自分を想像しながら今の自分に足りないところを補いながら、努力して行きたいです。

  8. ゛ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというものだ゛ということから人と本質にある部分を考えると、人はなぜ過去を知りたがり、未来を考えるのかというところに繋がってきますね。今という現実ではなく、過去と未来といった今の瞬間でないことに不思議と気が向いています。明るい未来を描いていると気が明るくなるというような考えでいけば、人は、なにか目標があると明日への期待が持てるといったように、わたしたちは、先を見ることが自身にとってポジティブであることを本能的に感じているのでしょうか。思い描くということが人の未来を支える橋になっていることは十分に理解できると共に、人はどう思うのか、人が人と対峙するときにはこの未来のビジョンを描き共有することで、未来をどう切り開いていくのかを感じてくるのかと思いました。

  9. 「ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというものだ」というのがヒトとそれ以外の動物の本質的な違いとなる部分になるのですね。だからこそ人は過去を振り返りそれを糧にして未来を予想したりして未来が怖くなってみたりといったことができるのですね。これができるのが人だけとなるとまたそれは特殊な能力であります。それが科学する心へと繋がっているのですね。そして気になったのが「さて、あなたは大勢の友人をお持ちかもしれないが、ほんとうの友は一握り それでも、名簿がすでにいっぱいならば 私を入れていただくのにはおよびません」であり、ヒトというのはネットワークを多くあるものの藤森先生が言うように本当に信頼できるヒトというのは一握りで十分なのでしょうね。

  10. 詩から科学を読み取るというのは新鮮ですね。聞いた瞬間は「そんなわけがない」と思ってしまいますが、ここに書いてあるバーンズの詩を読むと、文章から科学が読み取れます。ダンバーが「ヒトは一歩離れた視点から現実を眺め、未来のことを予測できるというもの」と言い、それが人間と動物との違いということですが、それが詩の最終連に書かれて、言い当ててることになります。確かに納得しますが、正直、藤森先生やダンバーの解説があるので詩から科学する心を読み取れています。ただ、私個人の直感というか、詩を書くような人は物事を直感やひらめき、ありのままの姿から読み取り、言葉にしている分、人間の本質、動物の姿を捉えているので、自然とそれが科学に結びついているようにも思います。

  11. 前のブログでも、書かれていましたが、人間と動物の違いがよくわかりました。人間は一歩離れた視点から現実を眺め、過去を振り返ったり、未来のことを予測できたりするのに対して、動物は今経験していることだけなのですね。動物と比べて、過去の失敗を悔やんだり未来に対する恐怖を感じたり人間であるからこその弱みもあるのですね。
    「さて、あなたは大勢の友人をお持ちかもしれないが、ほんとうの友は一握り それでも、名簿がすでにいっぱいならば 私を入れていただくのにはおよびません」という言葉がありましたが、結婚式など友達を呼ぶ機会には呼べる数に限りがあって悩むだろうと思います。その時どうやって決定したらいいのでしょう?そんなことを考えました。

  12. 哺乳類では、犬の仲間な鳥類も単婚なのですね。鳥の産卵の能力には驚きです。ある意味、オスとしてもメスとしてもメリットが大きいのでしょうね。
    詩からここまで、科学に結びつくことができることに気付いたダンバーの観点もすごいです。バーンズは詩と科学が結びついてるとは考えていたのかは分かりませんが、その類稀な観察眼によって的確なものを知り、詩を書くことができたのでしょうね。とにかくすごいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です