宗教上の信念

ヒト以外の種に対して、その利益に配慮するのは私たちの義務であろうとダンバーは言います。それは、同じ認知能力を備えた種を扱うときの考え方です。しかし、だからといって、彼らも人間同様に道徳的な判断ができると考えるのはどうかと言います。しかし、中世には実際にそんな例があったそうです。1頭のブタが飼い主を突き殺したとして裁判にかけられ、有罪を宣告され、死刑に処せられたことがあったそうです。いまから見ると滑稽であるとダンバーは言うのですが、私たちはそれだけ、ほかの動物に人間並みの能力を持たせたがるということではないかと言います。人間以外の種が、道徳的な感覚を持つという有力な証拠はありません。その意味では、私たち人間は唯一無二の存在かもしれないと言います。道徳的な感覚を持つ上で不可欠な二次以上の志向意識水準は、人間にしかできない芸当なのだと彼は言うのです。人間とは、切っても切れない宗教に、高次の志向意識水準が求められるのも偶然ではないだろうとも言うのです。道徳規範も宗教上の信念と強く結びついていると考えるからです。

どうしても、海外、特に欧米では宗教との関係についての考察が必要になるようです。以前のブログでも取り上げたように、チャールズ・ダーウィンの進化論は、ビクトリア朝の人々から大歓迎を受けたわけではなかったのです。進化論は、聖書の世界創造譚を覆すものであり、さらに悪いことに、ほかの生き物と違って人間は別格という主張も脅かしたからです。ダーウィンが賢明だったのは、宗教に関する意見を自分の胸にしまっておいたことだろうとダンバーは考えています。先達の態度にならったのか、その後の進化生物学者も注意深く神を避けてきたようです。そういう不穏な論争は、社会学者や人類学者に任せていたのです。

しかし数年前から、神をいうテーマがついに取り上げられ、詳しく論じられるようになってきたようです。そうなった直接のきっかけははっきりしていないそうですが、宗教も進化をめぐる謎のひとつという認識が広がったことが背景にあるだろうとダンバーは考えています。人間はときとして、不可解な行動をとることがあります。この先二度と会わない人のために力を尽くしたり、もっと不思議なのは、自分を押し殺してコミュニティの意向を優先させたりすることだと言います。信仰が絡んでいるときは、とくにそうなる傾向が強いようです。人間は自尊心があるにもかかわらず、善だけでなく悪に対しても、また醜悪なものに対しても追従することがあります。ヒヒやチンパンジーに自尊心はありませんが、彼らは決してそんなことはしないのです。

ダンバーは、信仰心は厄介なものだという印象を持っています。ふだん私たちは、自分の主張や意見がまっとうなものか多少は吟味しています。ところが宗教がらみのことになると、物理法則に矛盾する逸話も頭から信じて疑わないというのです。人類学者スコット・アトランとパスカル・ボイヤーが実験的な研究で示しているそうですが、水の上を歩く、死者を生き返らせる、壁を通り抜ける、未来を予言したり変えたりするといった超自然的行為の話は、ことのほか信用されるのだと言います。それでいて私たちは、神にも人間と同じ感情と心があると思っています。奇跡や、奇跡を起こす存在に対しては、世俗の超越と等身大の人間らしさの両方を求めてやまないのだとダンバーは言うのです。