心の理論の獲得

ダンバーは、そもそも私たちを人間たらしめているものは何なのか?その答えを探っていくと、他者の心を理解できる能力にどうしてもたどりついてしまうと言っています。発達心理学の最近の研究によって、人間の子どもも生まれたときはその能力を持っていないことが明らかになっています。すなわち、「心の理論」が獲得できていないというのです。4歳くらいで急に出現するのだと考えられています。それまでは、自分が見たり、聞いたりするのとは別の世界が存在することが理解できないというのです。缶の中のお菓子を誰かがこっそり食べたのを目撃したら、ほかのみんなもその事実を知っていると思うと言うのです。しかし、成長するにつれて、お菓子が食べられたことを知らない人もいるのだとわかってくると言われています。

心の理論は、人間らしさを構成するすべてのものの入口であると言われています。文学作品が生まれるのも、宗教が出現するのも、科学が実践できるのも、すべて心の理論あればこそだと言うのです。政治的なプロパガンダや広告は、他者の心の内側を理解すること、その中身に手を加えて行動を変えさせることが二本柱になっていると言うのです。

心の理論は、独特の能力であり、言葉それ自体も心の理論に支えられていると言います。しかし、すべての人がこの能力を有しているわけではないのです。自閉症患者には心の理論が欠如しています。というより、そのことが自閉症の決め手となる最大の特徴なのです。しかし、自閉症患者は、それ以外の知的能力は正常だったりしますし、ときにはずば抜けた能力を発揮することもあります。そのことを、ダンバーは映画「レインマン」を例に挙げています。この映画でダスティン・ホフマン演じたのは、数字に関しては超人的な記憶力を持つ自閉症患者でした。そのいっぽう、自閉症患者は人間関係を築くことが極端に苦手です。他者の心情や考えに思いが至らないので、人と人が接するときの微妙な反応が理解できないのです。

ここで浮上してくるのが、「心の理論は人間にしかない能力か?」という疑問です。イヌやネコが飼い主の心を見透かしたかのような賢い振る舞いをすることがありますが、人間以外の動物が他者の考え方や気持ちを読めるという明確な証拠はありません。唯一の例外は、大型類人猿だけですが、人間で言うならばせいぜい4歳児並みだそうです。その年齢ですと、心の理論はまだ発達途上なのです。

しかし、ここで疑問が立ちはだかります。私たちが道徳心を持ち、人間らしくいられるのは、心の理論をはじめとする特別な認知能力に支えられているからだというのです。そうした認知能力は、人間以外では大型類人猿も持っていると言われています。大型類人猿しか持っていないと言うべきかもしれないとダンバーは補足しています。そのいっぽう、人間なら全員あるかというとそうではなく、幼児、自閉症患者、精神面で重いハンディキャップを持つ人は、この能力が欠落しています。大型類人猿とヒトのあいだにはむろん遺伝子的な隔たりがあるはずですが、ではいったい誰が道徳的な存在で、誰がそうではないのでしょうか?

自閉症患者が人間であることを疑う人はいません。1歳児についても同じことです。もちろん、すべての人権は両者に保障されてしかるべきであるとダンバーは考えています。彼らがコミュニティの正当かつ対等な構成員であることを認めるのであれば、むろんそうすべきですが、遺伝子的にはいささか離れるとはいえ、同じ認知的能力を備えた種はどう扱えばいいのでしょうか?