合理的志向

人類は、8~11歳には三次、四次志向意識水準までは持てるようになりますが、シェイクスピアやモリエールとまでは行かなくても、これぞ人間の文化と呼べるような洗練された物語を、自ら志向して紡ぎだせるのは人類の成人だけであるとダンバーは言います。もっともほとんどの人は、5次志向意識水準までが能力の限界だろうと彼は言います。偉大なストーリーテラーは、その限界ギリギリのところまで観客を押しやってこころを揺さぶり、感情を掻き立てます。そのためには作者自身が6次志向意識水準まで持つ必要がありますが、それができる人間は全体の四分の一もいるかどうかだとダンバーは言います。そういう意味では、やはりシェイクスピアは天才なのだと彼は言います。

1906年、ニューヨークのブロンクス動物園で、ゴリラの折の隣にアフリカのピグミーの男性、オタ・ベンガが「展示」されて大人気になったそうです。彼はやがて自由の身になりましたが、2年後に自殺したそうです。アメリカの暮らしになじめなかったのか、一文無しで故郷コンゴに帰ることもかなわず、絶望したのかと思われていますが、ダンバーが振り返って考えてみると、このできごとはゆゆしき人権侵害であり、オタ・ベンガは露骨な人種差別と、残酷な仕打ちの犠牲になったと言えるのではないかと考えています。

人種に関係なく、すべての人に等しい権利を認めようという近代的な発想は、人間、みんな同じ「種類」だという信念を反映していると言われています。たしかに私たちは人種に関係なく、人間としての一定の特徴、特に道徳性は共有していると言われています。しかし、そうでない場合はどこで線引きするのか?これは何世紀も前から哲学者を悩ませてきた問題ですが、神経科学の目覚ましい進歩によって、ここに来てついに答えが得られるかもしれないとダンバーは言います。

18世紀スコットランド啓蒙主義を代表するデビッド・ヒュームは、道徳は基本的に感情の問題だと述べているそうです。自分や他者がどう振る舞うべきかという判断は、本能的な直感に突き動かされるのだと言うのです。ですから同情や共感が大きな役割を果たしているのです。ところが、同時代にドイツで活躍した大哲学者イマヌエル・カントは、そんなもので人生を構築するのはまかり成らぬと考えたのです。道徳的な感情は、様々な選択肢の長所・欠点を吟味しながら、合理的志向の産物としてあるべきだと強く主張したのです。

19世紀になると、カントの合理主義的な立場がぐんと優勢になります。それは、ジェレミー・ベンサムやジョン・スチュワート・ミルが唱えた功利論の後押しを受けたからだそうです。ベンサムやミルは、最大多数に最大幸福を生み出す行為こそが正しいものだと考えたのです。それが、現在の立法制度のもとになっている考え方だそうです。その後の哲学者たちは、ヒュームとカントをそれぞれの長所を論じながら世代を重ねてきたと言ってもいいとダンバーは考えています。

しかし近年、神経心理学の目覚ましい進歩によって、スコットランド啓蒙主義に最終的な軍配が上がろうとしているそうです。私たちはいかにして道徳的な判断を下すのか、それを突き止めるために、これ以上ないくらいシンプルな実験を行なったのが、ヴァージニア大学のジョナサン・ハイトを中心とする研究チームだそうです。