機内誌4月

今日は、今年度初めての出張です。飛行機に乗って最初に手に取るのは機内誌です。今回ANA機内誌「翼の王国」の四月号は初めて見ます。中を開けてみて、びっくりしました。大きな写真が目に入ってきたのです。そうです。アルタミラ洞窟の写真です。記事は、「西班牙(スペイン)洞窟壁画探訪記」です。スペイン北部は、洞窟壁画の宝庫だそうです。世界遺産に登録されている洞窟だけでも18カ所あるそうです。なかでも特に有名なアルタミラ洞窟をはじめとして、近年の調査で世界最古の可能性も指摘される壁画があると言われています。

報告者は、乾祐綺さんですが、彼はリードの文章の中でこんな感想を書いています。「想像してみた。色彩を伴って洞窟の中に描かれた動物たち。すると、すぐにある疑問が湧いた。大昔、それも暗い洞窟の中で、なぜ描いたのだろうと。」だれでも、洞窟に入って、その壁画に圧倒されます。同時に、よく誰にも見つからずに、きれいな色彩のまま残されたことにも興味が湧きます。

ブログでも簡単に紹介しましたが、記事には、もう少し詳細に書かれてあります。「アルタミラ洞窟には、およそ1万8500年~1万年前にクロマニヨン人によって描かれたとされる壁画がある。落石で入口が閉ざされ、奇跡的にも外気が遮断され、理想の保存状態が保たれた。1879年、土地の領主の娘、マリアが発見したが、古さや量、質など、いずれも当時の常識を越えていたがゆえ、発表した父は学会からねつ造を疑われ、失意のうちに世を去ったという。いつの世にも最初の“新しいもの”は歓迎されないのだろう。現在、洞窟の壁画は外気による損傷がひどく非公開だが、併設された博物館には、当時と同じ技法を駆使して精巧に描かれたレプリカがあり、それを見学撮影させてもらうことになっていた。」

見つけた当時はそんなことがあったのですね。人は、今までの常識に新しいものを当てはめようとします。そして、その常識で説明できないものを否定するか、自分の知識の中の言葉で片付けようとします。それは、このときは「ねつ造」という言葉だったのです。

この洞窟の作品群の多くは、調査によると一人の人物が描いたという見方もあるそうです。それは、このような芸術的な絵画を描ける才能を持った人は、そう多くはいそうもないので、そう思うのでしょうね。しかし、この辺りの洞窟には、いくつもの壁画が存在します。それらの作者は誰なのでしょうね。そんな中で、ブログで取り上げた手形はある意味、たいした造作もないにしては、感動を与えます。その壁画を見た人は、自分もやりたいと思うでしょう。ということで、手の壁画は世界各地で描かれているようです。乾さんは、世界各地で描かれているのは、もしかしたら本能かもしれないと思っているようです。

そして、この手形の壁画に対して、「素朴だけど力強いとわかる絵」と評しています。さらに、現地の人から、こんな説明を受けたそうです。手を壁にかざし、顔料を口で吹き付けたものです。そして、手の形にはいくつかあるそうで、数十人が共同で暮らしていたそうです。それは、記号のように見えたり、葉っぱのように見えたり、何かの細胞のようにも見えたり、赤く丸いドットのようなものは、まるで現代アートのようだったと言います。「何かはわからないのだが、原始的なカタチのそれらは、こちらに訴えかけてくる力があった」と振り返っています。

そして、最後のこう締めくくっています。「突然、壁画の意味がわかったような気がした。その時そこで描くこと自体が高潔だったのだと。そしてそれは、ヒトが水なしで生きていけないのと同様に、描くことも生きる上で不可欠な、もしかしたら欲求や本能に近いものかもしれない。」