道徳と宗教

今回の小学校学習指導要領、幼稚園教育要領、保育所保育指針の改定にあたり、道徳が強化されています。しかし、道徳というものが大切であるということはわかるのですが、何が道徳かということになると難しい気がします。それは、時代によって、立場によって違ってくるからです。古くは、儒教における論語などは道徳的な心構えが書かれてありますが、その多くは為政者としての心構えです。ダンバーは、この道徳についてこう考えています。

道徳心が、共感、もしくは同情、もしくはその両方の反映というだけならば、必要なのはせいぜい二次的な志向意識水準までで、それ以上のものを得ようとがんばることはないと言うのです。つまり、「君が何かを感じていること、または、君が正しいと信じている」ことさえわかっていれば十分だと言います。しかし、それをよりどころとする道徳心は常に不安定だと言います。

そうではなくて、もっと確固たる道徳感がほしいのであれば、もっと高い次元での正当化が必要であるというのです。民事法は集団の総意を遂行する優れたメカニズムですが、絶対不変な哲学的真理とか、神などの至高の宗教的権威を信仰することも同じような役割を持っていると言います。とくに信仰に関しては、その認知構造を分析していくと、私たちの志向意識水準が様々な角度から試されていることがわかると言います。信仰システムが何らかの力を持つためには、一段高いところであなたや私の望みを理解し、くみ上げてくれる存在がいると信じなくてはならないと言うのです。

このシステムが機能するには、最低でも四次志向意識水準まで設定することが不可欠だとダンバーは考えています。そのうえで、あちこち枝分かれしたところも含めてすべてを見渡し、まとめあげる五次志向意識水準の能力を持つものが求められるというのです。つまり、宗教、及び道徳体系は、人間が生まれながらに対応できる社会的な認知能力のギリギリの限界のところで勝負しているのだというのです。

このことは、サルや類人猿と人間の社会的認知の違いに立ち返るとよくわかると言います。人間は五次志向意識水準まで到達することが可能ですが、類人猿は二次志向意識水準までが限界で、サルはどうあがいても一次志向意識水準から抜け出すことができないのです。それは、自分がいま経験している以外の世界があることなど想像も付かないのです。神々や精霊など、目には見えないけれど私たちの心を見透かし、この世を考えられる存在があるとは思いもしないのだというのです。

たしかに、道徳心というものは、人との関係で必要なものであることが多いために、他者が自分とはちがう考えを持っていることを理解できなければなりませんし、その能力でも3歳児くらいに身につくであろう二次志向意識水準なのです。このような志向意識水準のレベルを上げていくことが必要になるのですが、それは、どういうことなのでしょうか?

それを、ダンバーは、脳の構造に関して考察しています。脳の新皮質と一次視覚野と呼ばれる線条皮質の大きさを霊長類で比較してみたそうです。すると、両者は正比例の関係にないことがわかったそうです。大型類人猿やヒトでは、新皮質の大きさのわりに線条皮質が小さくなっているのです。おそらく、視覚処理の第一段階は、もっぱらパターン認識を行うのですが、一定のところまで発達したら、それ以上充実させる必要がなかったのだろうとダンバーは推測しています。

道徳と宗教” への13件のコメント

  1. 何が道徳かとありますが、これは考えさせられます。小学校で道徳の時間に心温まる本をみんなで読んでいた気がします。正直、読んでいた内容はちょっとも覚えていません。しかし、こう言ったことを授業としてやっても人に道徳的な心が芽生えるのは難しい気がします。仮に芽生えたとしても、その気持ちは寝たら忘れてしまいそうです。「君が何かを感じていること、または、君が正しいと信じている」ことさえ分かっていれば十分とあります。そう思うと道徳とは自分を省みることが道徳の原点なのかなと思いました。園では感情表現パネルや、お手伝い自己評価などがありますが、これは子供達がまさに自分を省みている場面だと思います。お掃除の所には、「お先にどうぞ」と子供達が書いた紙が掲示されていますがこれこそ思いやりがある道徳的な言葉だなと振り返りました。相手を思いやるには、自分が自分のことを理解し、制御することができなければ、心の余裕は生まれずできないことと思います。「自殺や殺人」は道徳的でなく、それはつまり、自分を見つめ直せていない、自分を制御できていない人だなと繋がりました。

  2. 二次的な志向水準だけでは道徳心は常に不安定だとありました。他者の考えていることを知るというのはとても大切なことだとは思うのですが、それだけでは道徳心は不安定になるのですね。互いの考えを知った上で、「ではどうしていこうか」という力が必要になってくるということでしょうか。次の行動を表現するという力になるのですかね。また「あちこち枝分かれしたところも含めてすべてを見渡し、まとめあげる五次志向意識水準の能力を持つものが求められるというのです」とありました。少し前にあらゆる因果関係を知ることの大切がありました。それがヒトであることになるなら、やはり私たちは5次志向意識水準までの能力を持つことが必要になっていくのかなと思いました。そして、類人猿は目には見えない存在を感じるようなことはないとありました。因果関係を知るということにも繋がると思うのですが、きっと日本人はこういった意識をとても大切にして暮らしてきたのではないかと思います。それは人が人であるためといいますか、人が人であることを表していたのですね。

  3. 「何が道徳かということになると難しい」とあるように、幼い頃から道徳という言葉に触れてきているとは思いますが、実際に道徳とは何なのかといううことが明確に理解していなかった背景があります。道徳が大切だという言葉だけが一人歩きしてしまっているのが現状であるのかもしれません。また、類人猿やサルと人類を比較する上で、動物は「自分がいま経験している以外の世界があることなど想像も付かない」ともあり、二次志向意識水準と五次志向意識水準との線引きができました。宗教や道徳体系というのは、いかに高度な能力のもと周囲や社会において周知されているということ、また、それを使い分ける能力を持っているということに改めて人類の凄さを感じます。そして、志向意識水準を高める「視覚処理」の次に求められる存在とは何なのでしょうか。

  4. 〝何が道徳かということになると難しい〟とあり、全くもって同感です。自分も含めて学生の頃に道徳の授業で習っているはずなのに、上記の問いに対しての答えは難しいですね。道徳は大切なものである、という認識はありますが、その中身についての認識はできていない、分かっていなかったということなんでしょう。
    二次志向意識水準とは〝目には見えないけれど私たちの心を見透かし、この世を考えられる存在があるとは思いもしないのだ〟とあり、以前あった物語の話しとつながる部分だということを感じました。改めて、五次志向意識水準の高さ、人間のすごさを感じました。

  5. 「道徳とはこれだ」という明確なものがないので、道徳が大切と説かれてもパッとしないところがありますね。学校の授業で「義理人情」が道徳に当てはまると教わったことをふと思い出しましたが、それだけでは語れないものがあるようにも感じています。他者の心の読む二次思考意識水準までだと不安定になると前回にもあり、二次以降の思考意識水準の獲得が必要になることがわかりましたが、それには信仰システムが一役買っているのですね。私は信仰心に関しては全くわからないですが、他者や神を信仰する心には様々な思考が必要であり、人間が生まれながらに対応できる社会的な認知能力のギリギリの限界のところが入り乱れていることがわかりました。信仰とはいかないまでも「尊敬」や「憧れ」もこれに近いものがあるのかなと感じました。

  6. 果たして現生人類は生存できるのか、はたまた絶滅するのか、ネアンデルタール人やジャワ原人のように。この問題の答えは「道徳や宗教」にあると私は考えています。ところが、この考えの難点は、道徳や宗教というものが社会すなわち現生人類の有意な集団と結びついているか否か、という点です。仏教の戒律の第一に挙げられることは「殺してはならない」ということです。もっと明確に言うならば、同朋を殺してはならない、ということです。「いただきます」は、私たちが生きるために、動植物の命をいただきます、ということは子どもでも知っていることです。だから、供養ということが尊重されるのです。このことは5次志向水準でしょう。一方で、やられたらやり返せ、やられる前に叩け、は1次志向水準でしょう。人間は道具を作った。その道具に操られて叩き潰そうとしています。存在そのものが4次及び5次志向水準にいる赤ちゃんや子どもたちにとってはえらい迷惑な話です。私の中の赤ちゃん性や子ども性が1次志向水準のファナティックな集団思考にアラーとしています。この1次志向水準の世代は、ある意味で、生を終えようとしている世代であることを付け加えます。現生人類は5次志向水準から1次志向水準へ進化?しているのでしょう。

  7.  「宗教、及び道徳体系は、人間が生まれながらに対応できる社会的な認知能力のギリギリの限界のところで勝負している」何とも興味深い表現だと思いました。人間に許された特権のように思いますし、デールカーネギー著『人を動かす』の中にある「人間は神の前段階である」という言葉、とても印象的で覚えていたのですが、なるほどこの志向意識水準の突き抜けた先に神という存在があるのかもわからないと想像しました。だとすると、「君が何かを感じていること、または、君が正しいと信じている」ことをよりどころとする道徳心は常に不安定であることが納得できます。志向意識水準のレベルが低いからです。自分の思い、相手の思い、それぞれの中にある規範を道徳と捉えるにはまだ時代が未熟で、人間としての段階もまだそこまで達していないと思います。
     共通の概念、社会の基盤となる道徳心は高みにあるべきだと思います。その高みにどう至るものなのか、どう至ってきたものなのかを具体的に知っていく連載なのではないかと思いました。

  8. 道徳はやはり簡単なようで難しいです。相手の考えを理解し共感、同情することでも十分ではあるが、さらに深いところとなるとなにか余計に複雑になりますね。見方は、個人の環境だけでなく、周囲の環境、宗教や哲学、法律もそれに当てはまり、それに合わせて生きているのであればそこの人たちにとってはそれが道徳でありますが、他者から見ればもしかすると?となってしまうかもしれませんね。理解するためには、その考えに至った経緯や背景までも理解しなければ誤解も生んでしまうように思います。

  9. 題にある道徳と宗教、道徳というものをこういうものだという固定概念はなく、それぞれにもつ志向意識水準によって捉え方、どうなのかといったところが大きく異なってくるように思えます。答えがあるわけでもなく、感覚的なものへ対しての互いに共有することで、互いがどう思っているのか感じることができますが、そのなかには、以前のブログにあった日本家屋のような社会の秩序を感じたり、空気感、それぞれに、隣同士とのよい曖昧な家の塀の高さだったり、どことなく感じるものが多く必要に思えます。ずれてしまうのかもしれませんが、わたしたちが図書館に行くとき、ルールとして飲食はしないなどいくつかのルールを守り、過ごすことをします。このルールを守らない人には、嫌悪感を抱いてしまうに対して、ルールを守る人に対しては特別な称賛もなく、それが規律であると言うような考え方が認識され互いに共感されるなど、こういった面からでも、道徳感というのへ深さを感じます。

  10. 道徳とはなにかと聞かれると正直答えられないですね。小学校で道徳の授業はありましたがそれは共感や同情のようなことだったことを思い出します。それは「道徳心が、共感、もしくは同情、もしくはその両方の反映というだけならば、必要なのはせいぜい二次的な志向意識水準まで」とあるように小学校で学んでいたことは3歳児のうちに身についていたことだったことがわかります。「志向意識水準のレベルを上げていくことが必要」という事ですが、「脳の新皮質と一次視覚野」との関係についてこれからどんなことがわかるのでしょうか。気になりますね。

  11. 「道徳と宗教」の関係は正直、私にとって難しいないようです・・・。ただ「一段高いところであなたや私の望みを理解し、くみ上げてくれる存在がいると信じなくてはならないと言うのです」という言葉は何となく理解できます。確かに自分の存在を丸ごと受け止めてくれ、信じてくれる存在がいるというのは、愛着のような関係だと思います。それが親であったり、先生であったり、宗教で言うと、教祖みたいな存在にあたるのでしょうか。しかし、人間の能力というかサルがどうあがいても自分が経験している世界以外は理解できないと書いてあります。人間は存在しない、目に見えない存在を信じ、それに教えを求めたり、助けを求めることもあります。神という存在を認識し、向き合うという人間にしかできない能力、志向意識が道徳を結びつけているというところでしょうか。

  12. 指導要領、教育要領、保育指針で道徳の強化がなされるのですね。道徳は人としてとても大切なものであると思っています。学校の授業でも思いやりや気遣い、相手の立場になって考えることなどを学びました。人間とサルが比較されていましたが、人間は5次志向意識水準まで獲得できるのですから、やはりそういった道徳を大切にしていきたいと感じました。また、道徳について思うことは日本の文化や歴史には道徳を感じることが多い気がします。日本人らしさも大切にすることで自分の道徳もより身につけられる気がしました。

  13. 「宗教、及び道徳体系は、人間が生まれながらに対応できる社会的な認知能力のギリギリ限界のところで勝負している」とあります。人が宗教などを持てるのは人間が第五次志向意識水準まで到達しているからなのですね。そして、「他者が自分とは違うかんがえを持っていることを理解できなければいけませんし、その能力でも3歳児くらいに身につく」とあります。アニミズムや子どもたちの人形遊びなどもこういった志向意識水準があるからこそできる遊びであるということがわかります。そう考えると赤ちゃんや子どもたちが自然と遊ぶことで脳の神経構造自体が大きくなるために遊ぶことがどれだけ大切なことなのかがよくわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です