動物の発声

ダンバーは、合理的かつ操作的な定義をもってすれば、チンパンジーには文化があることになると言います。しかし、トマセロが指摘するように、チンパンジーが文化を学習する方法がヒトと同じかどうかは、疑いを持ってしかるべきだろうと言います。そこで、「文化を生み出す能力」と「文化を発展させる潜在性」を区別するのも一つの考え方だと彼は言います。類人猿は野球帽を後ろ向きにかぶるなど、環境とのからみでさほど必然性がなくても、成り行きで新しい行動を身につけることがあると言います。けれども過去に誰かが達成したことを土台にして、新しいことを切り開いていく能力は人間にしかありません。もし文化というものがあるとすれば、科学はその代表選手だとダンバーは思っていますが、アイザック・ニュートンは、科学が進歩するには、「巨人の肩」に乗ることが不可欠だと考えました。まさにそれが、「文化を発展させる潜在性」と言うことだろうというのです。

では、人間を区別するものは何かというときに何度も出てくる「言葉」について、最近の知見ではどうなのでしょうか?当然のことながら、私たちが人間の文化と見なすものは、言葉に深く根ざしていることはたしかです。何かを説明するとき、教えるとき、儀式で詠唱するときに私たちは言葉を使います。デカルトが言うように、動物はそんなことはしません。しかし、彼らは声を出さないわけではないとダンバーは言います。イヌは吠えるし、サルはキーキー鳴きます。こうした泣き声は彼らの情動と直結しているというのが、これまでの常識でした。イヌが吠えるのは、興奮が一定レベルを超えたときに声帯が震えるから、というわけでした。ヒトも叫んだりうなったりして似たような声を出しますが、それ以外にも意味のある一連の音を任意で発声することができます。ミツバチが花蜜のある場所の方角と距離を伝える羽音もよく話題にされますが、これも言葉とは呼べないだろうとダンバーは言います。限られた特定の状況でしか使われないからです。相手の健康を気遣ったり、お悔やみを伝える羽音というのは存在しません。

それでも最近の研究結果から考えると、少なくともサルと類人猿に関しては、これまでの常識をひっくり返す必要がありそうだとダンバーは考えています。ペンシルヴェニア大学のドロシー・チェイニーとロバート・セイファースは、ケニアのアンボセリ国立公園で独創的な実験を行なったそうです。対象は野生のサバンナモンキーです。隠したスピーカーからサバンナモンキーの鳴き声を流して反応を調べたところ、彼らの泣き声は多くの情報を伝達しており、しかも発声者の行動に大きく左右されることがわかったそうです。彼らは、ヒョウ、猛禽、ヘビを泣き声で正確に表わしていたのです。ほかの仲間が何かやろうとしているぞとか、自分に近づく仲間が上位か下位かといったことを、グラントと呼ばれる低いうなり声のちょっとした違いで表現するのです。チェイニーがボツワナで行なった最近の研究では、ヒヒは、怒らせてしまった相手をなだめるためにグラントを発するのですが、それはもう謝罪と呼んでいいレベルだったそうです。かつてヒヒのグラントは、これ一種類しかないと思われていたのです。

どうやら動物の発声には、私たちが思っている以上に豊かな意味があるようだとダンバーは言います。無知な者が聞いたら同じような音でも、実際はとても複雑なやり取りが行なわれているようです。ヒト以外の動物の言葉に関しては、私たちはまだ初心者に過ぎないと彼は言います。それを解決できるようになるのは、まだ先のことだと言っています。

動物の発声” への13件のコメント

  1. いや~、今回のブログの最後に紹介されたダンバー氏の見解に私も同意です。これからの研究が本当に楽しみですね。情報伝達、意思疎通、というワードがブログを読みながら思い浮かびました。動植物が複数存在する場合、これらは何等かの仕方で実現されているに違いないと思うのです。私たちの言葉も狭義の意味では、情報伝達、意思疎通のためでしょう。コミュケーションができなかったり、相手の気持ちを忖度できなくなったり、こういうことでは人類の未来は暗い、そんな感じがします。問題解決能力とコミュニケーション能力、これらの大事さを改めて認識したところです。いろいろな成果を生み出す学者に敬意を表しながら、その成果を踏まえて自分の世界認識や環境認識を改めていきたいと思った次第です。その意味で、今度は、将来が楽しみになりますね。世間では核の脅威など不安要素があちこちにありますが、楽しいことを考えたり、祈ったりするならば、おかしなことにはならないような気もします。これは根拠のない大丈夫、ですかね。

  2. 動物と人間を区別するものはとなるとやはり「言葉」というのが先に浮かんできますね。しかし、そうなると人以外の動物は言葉を持たないということになります。多くの動物には鳴き声があります。その動物から音が発せられているのならそれは言葉のようなものなのではと単純に思ってしまうのですが、ブログにもあるように興奮とか反応によるものであれば、それは言葉とは言えないということになるのですね。そんな中でも「それでも最近の研究結果から考えると、少なくともサルと類人猿に関しては、これまでの常識をひっくり返す必要がありそうだとダンバーは考えています」とあるように人以外の動物が言葉を持っているのではということがどんどん考えられるようになってきているのですね。「無知な者が聞いたら同じような音でも、実際はとても複雑なやり取りが行なわれているようです」とありましたが、とても納得しました。同じ人であっても外国の方が話す言葉は何を言っているのか分かりません。全く馴染みのない言語であればほとんど同じことを言っているのではないかとすら感じてしまいます。そんな私たちに動物の言葉の違いがそう簡単にわかる分けないのかもしれません。自分たちが分からないことは=存在しないということではないということに気がつかなければいけないのかもしれませんね。

  3. わりと消極的な、媚を売るような意味として捉えられている「長い物には巻かれろ」ということわざがありますが、巻かれているうちに自然と能力はアップしているということもあると思います。「過去に誰かが達成したことを土台にして、新しいことを切り開いていく能力は人間にしかありません」という言葉もあったように、相手が得た能力を最大限に活用した先に、新境地を見定めることができるというのも、人間特有な能力であるといううこと同時に、そういった面が得意であることも伝わってきました。そのようにして、「文化」が発展していくのですね。その一つに「科学」があって、「巨人の肩」に乗るなんて表現も非常に面白いです。そして、動物の発声について、「謝罪」を意味していることもあるということで、人間の言葉のように声でコミュニケーションを確立させていることが理解できました。ということは、「許し」の声というものもあるかもしれませんね。

  4. 動物の発声には、私たちが思っている以上に豊かな意味があるようですね。サバンナモンキーの鳴き声に対する実験結果やヒヒの発するグラントという謝罪と呼んでいいレベルのものが存在することに驚きました。そこで、「無知な者が聞いたら同じような音でも、実際はとても複雑なやり取りが行なわれているようです。」とあったことが、私は外国語がからっきしなので、とてもしっくりきています。このことから、前回にあった「文化=言葉」の考え方をする人からすると、サバンナモンキーやヒヒにも文化があると考えているのでしょうか。また「ヒト以外の動物の言葉に関しては、私たちはまだ初心者に過ぎない」ともあり、今後新たに動物に言葉があることなどがいろいろ判明してくるのかなと思うとワクワクしてきますね。ドラえもんの「ほんやくコンニャク」を思い出してしまいましたが、将来動物の声がどういうニュアンスの言葉を発しているのかがわかるぐらいの動物翻訳機などが出てくる可能性もあるのかなあなどと考えてしまいました。

  5. 〝過去に誰かが達成したことを土台にして、新しいことを切り開いていく能力は人間にしかありません〟とあり、師弟関係や監督と選手、親子関係など、いろんなことがこのようになっているような気がしました。
    よくマンガでは、師匠を超えた時に初めて、一人前になり、外の世界へ旅立つようなことがありますが、それが人間にしかできないことなんだということなんですね。そして、師匠を土台としてさらに高みへ、というのは人間が大切にしていかなけらばならないものであるように感じました。
    それが、以前藤森先生がおっしゃっていた「文化を守るために変わり続けていく」という意味であるように思います。

  6. ゛過去に誰かが達成したことを土台にして、新しいことを切り開いていく能力は人間にしかありません゛というまさに人の姿として特徴的であろう事柄からも科学の進歩や不可能だと考えられてきたものが時代が流れていくなかで、いつのまにかできるようになったことは、わたしたちが誇らなければならない力であると共に、そういった基盤があるからこその今だと言うことを改めて思いました。また、わたしたちにとって言葉というものは、文化の継承であったり、コミュニケーションなど、生活するなかでは、なくてはならないものです。この言語を使い話す、というのは、わたしたち、人なのですが、他の動物を見ても発声が見られるのは、身近にも感じられるのではないのでしょうか。人が話をする人によって、声色をかえるように、動物も警戒音と鳴きかた、うれしさの表現、ダンバー氏のいう゛どうやら動物の発声には、私たちが思っている以上に豊かな意味があるようだ゛とあることも理解できます。
    人だけが複雑なやりとりをしているのではなく、他の動物も行っていることを知っておかなければなりませんね。

  7. ヒトと動物を区別するのは「言葉」かどうかはわかりませんが、言葉がヒトとって、とても重要なものなのは確かですね。何かを説明するとき、教えるとき、儀式で詠唱するときに私たちは言葉を使いますとあります。ものを表すのも言葉だと思います(ものの印象など)。例えば、「ゴキブリ」なんて聞くと黒い嫌なやつを想像しますが、これが仮に「ゴキブリ」という名ではなく「せせらぎ」など爽やかなイメージの名前だったら今よりかは嫌がられなかったのかもしれません。言葉が社会を創造していると言っても過言ではないと思います。そういう意味でも言語とはヒトにとってとても大切なものだと思います。熱帯の国では言語が多数存在し、コミュニティをわざと小規模にし、感染症を防ぐという話も、言葉がヒトを守っているようにも見られて面白いなと思います。
    そう言った言葉を持っている(かも?)しれない動物がいることが非常に面白いなと思いました。もしも本当に言葉があるのであれば、ドラエモンに出て来る「ほんやくコンニャク」を食べてみたいなと本気で思いました。あと、サバンナモンキーの言語野はどうなっているのだろうと疑問に思いました。他の動物と比較して発達しているのでしょうか。そもそも言語野という領域があるのでしょうか。

  8. 人間の世界にいろんな言葉でのコミュニケーションをとっているのなら、動物の世界にもあるのでしょうね。それも、理解するというのはかなり難しく大変なことだろうと思います。サバンナモンキーやヒヒが鳴き声のニュアンスを微妙に変えることで様々な意味を伝えることができることに驚きです。根拠はなかったですが、なんらかの言葉のやり取りはあるだろうと思っていましたが実際に使い分けている状況、根拠が発見され事実だということにはやっぱりあるのだと驚きましたが、理解できるところまで行けば本当に動物と会話ができる可能性も見えてきそうですね。

  9. 「グラントと呼ばれる低いうなり声のちょっとした違いで表現するのです」とありました。前に、オオカミの遠吠えが低い音と、高い音で使い分けていることを聞いたことがあります。低い音は威嚇であって、高いと仲間を呼んでいるのだそうです。確かに、文中にもあるようにヒト以外の動物の言葉に関しては、私たちはまだ初心者に過ぎないのが感じられます。
    オオカミもヒヒも鳴き声を使い分けているのは、本能かこどもが親を見て身につけたものかもしれません。これは立派な文化のように感じます。
    これらを解決するにはまだまだ時間がかかるとありましたが、人同士で他者の文化を知ることと同じように、動物の中での文化文化について知れたら新しく発見があり面白いだろうなと感じました。

  10. 身近な動物で言うと犬は何となく鳴き声の違いが分かりますね。怒っているとき、甘えたいとき、興奮している時くらいですが、明らかに違いがあります。猫も同様ですね。しかし、サバンナにいるそれこそサルやヒヒの鳴き声になるとさすがに分かりませんね。時々、テレビで動物の特集で仲間に危険を知らせている時の鳴き声を聞くと、確かに違いがあるのが分かります。人間と動物の違いは言葉があるか、ないかだとしても、これも人間の勝手な基準のような気がします。私たち人間が使用している言葉が「言葉」であり、それ以外は言葉ではない。しかし動物は鳴き声を使って仲間に知らせていますが、これも動物の言葉です。ブログの最後に解決できるかはまだ先と書いてあります。しかし、少なくとも動物も人間同様、言葉を用いてお互いにコミュニケーションを取っていると私は思います。

  11.  「ヒト以外の動物の言葉に関しては、私たちはまだ初心者に過ぎないと彼は言います。それを解決できるようになるのは、まだ先のことだと言っています。」まるで赤ちゃん研究と同じように、入り口に立ったばかりのこの研究にとてつもない可能性を感じます。藤森先生の元で学んでいるからでしょう、赤ちゃんに物凄い可能性があることを知り、知り得たことを実際に目の当たりにする毎日の中にいます。もう既に結論は出ていてそれを証明するだけのことも、そして、これからまた生まれることも、研究の仕方によって証明していくことができるというこの面白さ。そしてかつてない環境に、とても好奇心を駆り立てられます。きっと、「ヒト以外の動物の言葉」を研究していることもそんなわくわくとした気持ちの中で、その入り口から出口を見据えているのでしょうね。学歴もなく、ただ目の前の仕事に精を出すことが能の保育者も、出し切ることで何か貢献できることがあるのではないか、と可能性に気持ちを上乗せしてこの度のブログを読みました。

  12. 人間と動物の違いからは「言葉」というのがあげられるのはわかります。しかし、研究が進むにつれ、「無知な者が聞いたら同じような音」かもしれませんが、複雑な実験では動物が発声をしていることがわかるのですね。「ヒョウ、猛禽、ヘビを泣き声で正確に表わしていた」というのは驚きでした。確かにそういったことができなければ生き延びることもできないのでしょうね。初心者にすぎないとありますが、これから科学の進歩によっては初心者ではなく中級者くらいになるということでしょうか。動物の言葉がわかれば、様々なところで幅はひろがるのでしょうね。

  13. 「ヒト以外の動物の言葉に関しては、私たちはまだ初心者にすぎない」とあります。確かに人間に比べ、他の動物の言葉を理解することはできないです。しかし、実際、その発声がどのような意味があり、やり取りは行われているのだろうと思います。以前テレビでカラスの鳴き声からその行動を見るのが映っていましたが、様々な鳴き声を駆使して仲間に状況を知らせたり、情報を伝えていたりしている姿がありました。カラスは私たちが思っている以上に鳴き声を使い分け、やり取りをしているのでしょうね。そう考えるとやはりそこから文化や習慣といったものもあるのかもしれませんね。それが人間と同じ意味の文化と言えるものなのかどうかは別としてあるのかもしれません。しかし、人間ほど柔軟性もないように感じますが、なにかしれのものがあってもおかしくはないように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です