温暖化

 ダンバーは、生物地理学的な特徴や進化面の特質から見ると、言語と生き物の種は共通点が多いと言います。彼は、もともと進化人類学が専門ですが、どうじに進化心理学教授も務めていることもあって、進化生物学と認知心理学、人類学の重なり合う領域で活動をしています。このような面から「言語」を見ると、いろいろなことがわかるのでしょう。種も言語も、高緯度地方より赤道付近のほうが、種類が豊富で、占める範囲が狭く、密集していると言います。高緯度になるほど季節の変化が大きく、予測が付きにくいのです。そのため広い範囲でお互いに情報を交換しあって、自然災害の影響をなるべく小さくする必要があったと言うのです。異なる種によるニッチ空間の取り合いといった現象も、その流れで起きることだろうと彼は言うのです。

 その地域でいちばん多くの人が話す言語を採用していきます。政治力を背景に、そうした圧力を掛けると、小規模な言語は消滅に追いやられます。小規模言語は自給自足できるところでしか生き延びることができないと言います。言語も種も、絶滅の流れを食い止めるには、救済行動が必要なのだと彼は訴えています。

 地球上の生き物にとって最大の脅威は、昔も今も気候変動だとダンバーは言います。2005年、モントリオールで開かれた国連気候変動会議で、アメリカを含むすべての国が温暖化を深刻な問題として捉え、最悪の影響を避けるための行動を検討することが決まりました。これで世界はひとまず安堵のため息を漏らしたそうです。実は、これは当時の様子ですが、最近のアメリカのトランプ大統領の行動は、少し心配ですね。トランプ米大統領は、持論の地球温暖化の否定に立って、これまでの環境規制を取り払い、石炭やシェール資源の開発認可にのり出そうとしています。さらに重要なことはトランプ大統領の一撃によって、国際政治における温暖化の意味が一変してしまうことであると危惧されています。しかし、ダンバーは、インド洋津波、パキスタン地震、ハリケーン・カトリーナと大規模な自然災害が連発し、あと起きていないのは火山の噴火だけという状態も関係しているだろうと考えているのです。

 さらに、2005年は本当に自然災害が多く、合わせて40万人という死者は平均的な年のおよそ5倍だそうです。ただし、これは災害だけの話で、実のところ交通事故の死者は世界全体で毎年100万人以上います。予防できる病気で生命を落とす子どもは800万人に上るそうです。

 地球の歴史全体を振り返ると、気候の激変は珍しいことではないとダンバーは言います。氷河期という言葉は誰でも耳にしたことがあります。ヨーロッパ北部全体が、断続的にではありますが、分厚い氷で覆われた時代です。氷河期はおおよそ6万年周期で訪れており、その間に温暖な気候の時代が挟まっているそうです。いまはちょうど温暖な時期というわけだそうです。

 最後の氷河期が終わったのは約1万年前です。このとき、徐々に温暖化していた気候が急激に寒冷に戻った期間があって、ヤンガードライアス期と呼ばれているそうです。地球の平均気温はわずか50年で7度も上がっています。それまでの温暖化で極地の氷が融け出し、海水面は90メートルも上昇しているそうです。それに比べると、今騒がれている温暖化はずっとおとなしく、2080年までに予測される平均気温の上昇はせいぜい4度だそうです。ですから、あまり危機感がないのかもしれません。

温暖化” への12件のコメント

  1. 「持論の地球温暖化の否定に立って、これまでの環境規制を取り払い…」というのはとても怖いことですね。国のトップが持論や思い込みで舵を取っていると思うと恐ろしいなと思ってしまいます。あらゆる人の意見に耳を傾けながら、科学的なデータを参考に、最善の方法で舵を取ってほしいですね。日本も今は同じような状況になっているように思えます。生き物にとっての最大の脅威は気候変動になるのですね。そして現在は氷河期と氷河期の間の温暖な気候の時期であるのですね。「氷河期はおおよそ6万年周期」という数字に驚いてしまいましたが、地球にもリズムがあるということを感じさせてくれました。様々な変化というリズムがあるからこそ安定しているのかもしれませんね。気温が50年で7度、海面が90メートルも上昇したことで少し地球のリズムが狂ったのかもしれませんね。長い時間で見るとそのような時期がどこかで必ずあるということでもあるのですかね。

  2.  〈2080年までに予測される平均気温の上昇はせいぜい4度だそうです。ですから、あまり危機感がないのかもしれません。〉正直な気持ちで、少し安心してしまいました。米大統領が行っている政策、不勉強で恥ずかしいのですが初めて知りました。この度のブログを最後まで読むと、その政策、なんとも言えないという複雑な気持ちになりますが、やはり人間、日頃の行いがものを言うという部分はとてもあるように思い、別の意味でも勉強になった思いがしています。
     〈地球上の生き物にとって最大の脅威は、昔も今も気候変動〉そう思うと、高度な文明社会が過去に存在していた、というような都市伝説のような逸話も、少し信憑性を帯びるような気がしてきます。最大の気候変動が訪れる時、人間は間違いなく滅びるでしょう。そんな現象が地球の過去の歴史の中にあったかもわからず、滅んでしまった文明があったかもわかりません。そんな風に空想を働かせ、何かわくわくしてしまいました。

  3. 地球上の生き物にとって最大の脅威は今も昔も気候変動だとあります。ヒトの活動が原因で引き起こされた環境問題はたくさんあります。酸性雨、オゾン層の破壊、地球温暖化などなど。気候変動が最大の脅威であるならば、ヒトは自ら破滅の一歩をふみだしているわけですね。それにくわえ、トランプ大統領の就任にともない、大変なことが危惧されているんですね。いよいよ、ヒトの存在が危うくなってくるのかなと考えます。おそらく、多くの方が、環境問題に感心を持っていると思いますが、それを行動に移しているヒトは少ないと思います。僕もその一人です。最近の環境問題の話を読み、自分の生活を見返すいい機会になったと思います。まずは身近な節電節水などから意識して行きます。
    最後に今騒がれている温暖化はずっとおとなしいとありますが、危機感を持つことに問題はないので、エコな生活を心がけたいです。

  4. 同じ言語を多く話すものの方を採用し話すことはなんだか理解できるような気がします。それが、集団で生活するなかで、住みやすい、暮らしやすいと思えるような気がするからです。゛小規模言語は自給自足できるところでしか生き延びることができない゛とあるのもこのことが理由だと納得できるような気がします。地球の温暖化が心配されるなかで、アメリカ合衆国がまた、トランプ大統領氏の政策は、今まで築いてきた考え方を変えてしまいそうですね。
    地球も生き物であり、環境の変化が起きればなんらかの反応を見せますし、地震のように地盤がずれたりすることがあります。気候も巡りめぐってくることを考えれば、その遠い先にある未来への取り組みも将来の地球の形を崩さない要因になりそうですね。

  5. 種や言語において、「高緯度になるほど季節の変化が大きく、予測が付きにくい」「広い範囲でお互いに情報を交換しあって、自然災害の影響をなるべく小さくする必要があった」などといった見解がありました。それは、まさにコミュニケーションの多さも含まれているように感じます。予想のつきにくい子育てというものを、多くの育児書やネットの情報に頼る現代では、人間同士による広い範囲との情報を介するコミュニティの希薄さが目立っていることが懸念されていました。予想がつきにくいからこそ、人間同士での情報交換をすることで、結果地域で見る子育てにつながっていくことが言語の成り立ちからも感じることができました。そして、気候変動による災害の危険性というのは、予測ができるといっても確証はないように、最終的には一人一人の予防や準備や意識が重要であることが伝わってきました。

  6. 言語も種も、絶滅の流れを食い止めるには、救済行動が必要とあり、種族間や言語間の伝承を残していくためにも先進国が救済行動を推し進めていく必要性を改めて感じました。またトランプ大統領が「持論の地球温暖化の否定に立って、これまでの環境規制を取り払い、石炭やシェール資源の開発認可にのり出そうとしている」とあり、周期で訪れる絶滅の危機を早め、より大きくしてしまうように思えて恐ろしく感じました。「氷河期」という言葉は私も何度か聞いたことがありましたが、「おおよそ6万年周期で訪れており、その間に温暖な気候の時代が挟まっている」という事実は初めて知りました。6万年周期で、前回から1万年しか経っていないことや2080年までに予測される平均気温の上昇はせいぜい4度ということが今の危機感の無さにあらわれているのですね。しかし、温暖な気候の時代が狭まっているとあるように、私たち人類のこれからの行動次第でその周期を早めてしまえるし、逆に遅らせる、むしろ未然に防ぐことも不可能ではないと考えることができれば、各国の政策や一人一人の意識改革が重要だと思えます。まずは自分のできることからという意識を持っていこうと思います。

  7. 〝高緯度になるほど季節の変化が大きく、予測が付きにくいのです。そのため広い範囲でお互いに情報を交換しあって、自然災害の影響をなるべく小さくする必要があった〟というのに納得です。
    そのために、言語を統一して、情報を交換しやすくする必要があったんですね。現代でも、ビジネスの現場などでは英語を使えないと仕事ができにくいとされているようですが、確かに情報の交換がスムーズにできないと大変だろうなと思えます。
    広い範囲での情報交換は共通の言語を使うという意味で言えば、小規模言語が消滅してしまうのは時代の流れからみて、当然のことであるようにも感じました。ですが、自分たちの方言がなくなってしまうことを考えると寂しいものです。複雑な気持ちになりました。
    〝絶滅の流れをとめる救済活動〟とはどんなものがあるのでしょうか。気になりました。

  8. 温暖化とは前から言われていますが、私自身あまり実感はないです。親や祖父母世代だと、自分が子どもの頃はこんな暑くなかった、冬もこんな暖かくなかったなど聞いているのでもしかしたら多少の変化はあるのかなとも思っています。南極や北極の氷が温暖化により溶けるから海水が上昇しているわけではない。コップに入った氷が溶けても水は溢れない。ということを聞いたことがあり確かにと納得しました。なぜ海面上昇が起きるのでしょうか。
    気候の変化は長い歴史から見たら当たり前に起きているものとあり、今大丈夫この先見てもそれほど慌てる必要ではないとトランプ氏は思っていたとしたら、以前あった、目先のことしか見ていないのではと感じてしまいます。

  9. 「国連気候変動会議」というのが世界で行われていることを恥ずかしながら初めて知りました。私の中で温暖化というのは非常に地球にとって危ないことだと感じていましたが、「氷河期はおおよそ6万年周期で訪れており、その間に温暖な気候の時代が挟まっているそうです。いまはちょうど温暖な時期というわけだそうです。」とあり、少しだけ安心してしまいました。やはり、思っている以上に長いスパンで考えているのが研究者であることがわかります。それにしても少しづつ温暖に向かっていることは不安ですね。それに加えてトランプ氏の行動となるとより不安は増してきます。「持論の地球温暖化の否定」というのは気になるところです。生き物、人間も含めていかに気候というのがどんな影響を与えているかというのを改めて感じますね。

  10. 高緯度地方と赤道付近における言語数の多少比較には興味を惹かれますね。「小規模言語は自給自足できるところでしか生き延びることができない」ということはよくわかります。「交易と征服」関係の中に民族が存在することは言語の存続にも大いに影響を及ぼし、ひいては民族の生存消滅にも関わってきますね。「グローバリゼーション」や「モータリゼーション」あるいはITの発展進展は「小規模言語」にとって試練としかいいようがありません。「救済行動が必要なのだと彼は訴えています。」まさにその通り。自然災害による死者数が報告されていました。そのあとで、交通事故死者数、そして病気による子どもの死亡数。内戦や紛争、戦争の犠牲者数は?地球がその誕生以来寒冷と温暖を繰り返している。そして、この2世紀間、いやこの100年間の温暖化には人類という自然の一部のくせして自然を破壊する種による、加速度的温暖化への営みがあるという事実、から私たちは目を離してはいけない、と思います。とはいえ、私にとって、地球温暖化以上に「戦争」の脅威に怯える今日この頃です。眼の前にいる子どもたちのことを考えると、これは何とかせにゃあいけんばい、とどこの言葉かよくわかっていない言葉で自分の気持ちを素直に表現している自分に気づかされます。

  11. 「温暖化」の問題は私が小学校の頃から言われています。おそらく、その前からも言われているのかもしれませんが、なかなか危機感がないのは、最後に書かれてあるように気温の上昇が4度と、それまでと比較して低いからでしょうが、上がっている事には変わらないので、ちゃんと向き合わないといけませんね。
    人類の歴史から地球の歴史を振り返ると、いま、こうして生活していることが不思議に思います。私たちが地球で生きている間は温暖な気候ですが、また氷河期になる頃には地球がどうなっているのだろう?人類はいるのだろうか?と色々と考えてしまいました。

  12. 今現在、地球で起こっている温暖化は過去の大昔から起こっている温暖化に比べると気温だけで言うとそれほど大きいものではなかったのですね。とはいえ、人間の過去の地球環境への関係から起きたことに間違いはないですし、気候変動が起こっているのは間違いない。そして、それに対しての大規模な災害も多く起こっているということは気を付けなければいけないことです。地球の周期でいうと、今後氷河期や火山の噴火など深刻な災害も起こることが多くなるのでしょうか。とても心配になります。そして、そのときに世界的に人口は減ることは間違いないでしょうが、人は今のように生き生活できるような基盤を残していけるのかと考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です