ホモ属たち

 アフリカにいたホモ・エレクトスは死に絶えるか、現生人類に進化するかしたと考えられますが、中国奥地には、その後もずっと生き残りがいたようです。ですから、新しく出現した現生人類が極東に達したとき、エレクトスの生き残りと接触したことは大いに考えられます。しかし、偶然かもしれませんが、エレクトスが存在していたのは、せいぜい6万年前までで、ちょうど現生人類が迫ってきた頃なのです。

 フローレンス島で見つかった小さな女性の骨は、それまでの思い込みを大きく変えました。彼女とその親戚たちは、12000年前まで達者に暮らしていたと思われる時代、それはほとんど私たちと同時代と言っていいようです。現生人類が、4万年前頃に、オーストラリアに入ったとすれば、移動の途中、インドネシアの森の中で彼女たちと遭遇していたはずだと考えられます。

 ホビットと仲間たちには顕著な特徴がありました。それは、私たちが見た国立科学博物館の展示の前で子どもたちが、気がついた特徴です。とても小さかったのです。自分たち年長さんと同じくらいの身長しかなかったのです。矮小な人間は、世界にはいまでもいないわけではありません。中央アフリカのピグミー属や、ネグリトと呼ばれる人々は、ホビットと大して変わらない身長だそうです。ただし、脳の大きさは、ピグミーやネグリトは、私たちと変わらないのですが、ホビットの脳は、猿人の祖先並みしかなかったそうです。

 意外だったのは、ホビットの骨と一緒にそこそこ発達した石器も発見され、火を使っていた証拠も見つかったことです。さらにはすでに絶滅した巨大なステガドンやコモドオオトカゲなどの大型動物を仕留めていた形跡もあったそうです。5歳児程度の体格の人間が、体重1トンにもなるステガドンを倒すのは簡単ではありません。そのためホビットは、計画を立てて、互いに協力する能力があったと思われています。もちろん、石器は現生人類の作だとも考えられます。しかし、そうであるにしても、なぜミズ・ホビットと仲間たちと同じ場所から石器が出土したのか?という疑問があるとダンバーは言います。

 石器の持ち主に食べられたから、というのはこういう場合の基本的な解釈だそうです。あり得ない話ではないかもしれません。現にチンパンジーとゴリラは、西アフリカではグルメの食材だそうですし、インドシナ半島ではサルが珍重されているそうです。現生人類から見たら、ホビットもほかのサルと同様、食料源だったのかもしれません。とはいえ、ホビットが食べられたという決定的な証拠はありません。ふつうなら骨に切り跡が残っていたり、骨髄の入っている骨が割られていたり、焼け焦げなど「調理」された跡があるはずだとダンバーは言うのです。結論を出すのはまだ早すぎると彼は考えています。

 彼は、最後に興味深い点を指摘しています。フローレンス島の近くにあって、同じ列島を構成するインドネシア最大のボルネオ島には、森に3種類の人がいると昔から言われてきたそうです。オラン・リンバ、オラン・ウータン、オラン・ペンデクです。オラン・リンバは森に暮らす先住民で、「いちばん深い森の子どもたち」と呼ばれて尊敬されているそうです。オラン・ウータンは、よく知られている大型類人猿です。オラン・ペンデクは、伝説の小さな獣人です。このオラン・ペンデクは、ホビットと接触があった遠い過去を物語っているのではないだろうかとダンバーは考えています。ホビットは、手を伸ばせば届きそうなところにいたのです。

ホモ属たち” への11件のコメント

  1. このように人類の歴史を知るとわくわくしてきます!誰も見た人がいないというのがおもしろいですし、だからこそいろいろな可能性が浮かんできて、さらにわくわくします。現生人類が森でホビットと出会ったかもしれないとあり、どんな反応をしたんだろうかと想像してみましたが、その後の、もしかしたらホビットが捕食の対象になっていたのではないかという解釈に驚きました。そういった可能性も考えられるのですね。確かに同じ人類ではなく、猿にちかい存在と認識していたらと考えると納得させられます。また、ホビットが自分の体よりはるかに大きい生物を捕食していることなどから互いに協力する能力があったのではと考えられることにも驚きました。協力といえばホモ・サピエンスの特徴であるとすぐに思えてきますが、ホビットもまたその能力を持っていたのですね。改めてではありますが、私たち以外にも様々な人属が存在していたということに驚きを感じます。と、同時に今見ているものだけが全てではなく、過去の流れがあってこそ私たちがいて、私たちも大きな流れの中にいるということを感じます。

  2. ホビットの脳は、猿人の祖先並みしかなかったのですね。それにもかかわらず、発達した石器や、火を上手に使い生活していたんですね。体格が5歳児程度のものであるが、体重1トンにもなるステガドンを倒していたとあり、とても驚きました。ホビットには計画を立て協力する能力があったんですね。猿人程度の脳しか持っていないはずなのに、目的を持ち、それを達成するまでの計画、かつそれを仲間と共有して、協力しながら狩りを行っていたことに驚きを隠せません。僕は、誰かと協力して行うことは、いろいろなことを考えながら、やっていくものだと思っていました。しかし、こういった例もあることを知ると、目的が同じで、向いている方向が一緒であれば、自分がやりたいようにやった行動が自然と仲間との協力につながることもあるのかなと思いました。もし、こうなるのであれば、チーム保育につながる話だなと考えました。

  3. 「ホビットの脳は、猿人の祖先並みしかなかった」にも関わらず、長く生き続けることができたのは本当に不思議です。石器などの道具や調理をしていたとなれば、それなりに生きる知恵を使った生活をしていたのだと思いますが、それは捕食されていたとなれば大きく変わってきますね。また、ホビット特有の小ささが何か関係があるのでしょうか。食料を多くは必要としなったとか、身のこなしや敵に見つかりにくいなど、それらが優位に働いたことが想像できます。同時期に同じような種族と地球に生息していたということは、動物以外にも気をつけなくてはいけない状況下であったことがわかりますし、他の種族からの刺激というのもあったということで、互いに影響しあっていたということでしょうか。そして、ボルネオ島の野生のオランウータンは、その島にとっても重要な観光資源であるはずです。それは、現代における重要度を示すものでもあるのですね。

  4.  〈ホビットもほかのサルと同様、食料源だったのかもしれません。〉かなりドキッとするフレーズで、思わずネットで〈ホビット〉と検索しましたが、検索した限りで出た容姿であったならば、食糧源にしたという結論を出すのはダンバー氏の言う通り〈まだ早すぎる〉と思いたいところです。猿人とはいえはっきりと人間の姿形をしています。他の種が絶えた理由を考えてみても、例えば食糧不足であったり、気候の問題であったりといった部分がメインかとてっきり思っていたのですが、考えてみれば現代にも起こっている〈絶滅〉の起因に乱獲ということがあるように、その時代においても種によってはそのような行為のもと絶えてしまった種もあったのではないかと思わせられました。とてもインパクトのある内容で、一人考えさせられました。

  5. 脳の大きさについて〝ホビットの脳は、猿人の祖先並みしかなかった〟とあり、その大きさで石器を使い、料理をしていて、長く生き続けたというのは不思議ですね。そして、体重1トンもの大型動物を仕留めていたというのにも驚きです。どんな知恵を使ったのでしょうね。
    恐竜の中にも小型の恐竜で大型の恐竜を群れで襲い、仕留めていたものがいますが、映画では非常に頭が良く描かれています。脳の大きさと関係があるように思われますが…不思議です。
    ホビットはその体が小さいというのを逆に利用して、生き延びていたことが文章から想像できました。他からみれば欠点とも思えるものを利用して生き延びていく、というのは現代でも学べる部分であると思いました。

  6. ホビットの脳は、猿人の祖先並みしかなかったのに、1万2000年前まで達者に暮らしていたことに驚きました。とても小さかったという顕著な特徴から逃げたりする上で身体能力が非常に高かったのかなと推測したりもしました。また、ホビットと仲間たちと同じ場所から石器が出土したことから、石器の持ち主に食べられたという解釈が出ているのですね。しかし、これまでのように化石証拠が物語ることから人類の歴史や他の種の歴史が多々わかっているのに、ホビットとその仲間たちの化石証拠からは石器の持ち主に食べられたという証拠に確たるものがないということは、この解釈は違っているように思えてきます。最後にあった伝説の小さな獣人こと、オラン・ペンデクは、ホビットと接触があった遠い過去を物語っているのではないだろうかとダンバーは考えていて、「ホビットは、手を伸ばせば届きそうなところにいた」とあり、何の証拠がこれを物語っているのかという点と、これの示す関係性によって何が明らかになったのかがとても気になりました。

  7. ホビットの脳自体は小さいのですね。見た目は人間のように近くなっても、脳の進化は一気に大きくなることはないようですね。体も小さく、脳も小さくても大型動物を狩ることができていたというのが化石から見ることができることからその時から考える協力するといった知性や社会性がしっかりと存在していたことになるのではと思いました。ただ、石器も一緒にあり、それも現生人類が作ったものとありますが、可能性としてホビットも食料とされてたいたともあることは驚きですが、見た目が猿人で現生人類も同じ時期に生きていたとなればそうなってもしょうがないところではあるのでしょう。

  8. 前半部分にある、ホモ・エレクトスは、絶滅したと言われるなか、実は現生人類と出会っていたのではないかと考えるだけでも、世界に溢れる様々な仮説やまだ見ぬ地があるようにそこには、実際にホモ・エレクトスが存在しているのではと思います。考えれば考えるほど、実は、日本にもいるのではと疑問を抱いてしまいます。゛ホビットの脳は、猿人の祖先並みしかなかった゛とありました。そんなかなか、ホビットの骨と一緒にそこそこ発達した石器や絶滅した巨大なステガドンやコモドオオトカゲなどの大型動物を仕留めていた形跡もあったということからも、仲間で、試行錯誤し、仕留めていたのか、でも、脳は、猿人の祖先並みとあることからも様々な説ができますね。現生人類が何らかの理由で共に埋葬したかもしれませんし、もしかしたら協力した仲間への好意で一緒にとなったかもしれません。結論はなく、様々な説があることが、人類の歴史から現生人類のもつ能力がわかりそうですね。

  9. ホビットの脳は小さく、身体も小さいながらもはるかに大きい獲物を仕留めていたというのはただただ驚きの話です。と、同時に不思議さがこみ上げ、ワクワクもしますね。そしてそのホビットが人間と出会っていたのかもということもまた想像力を駆り立ててきます。その時に人間という種族=「石器の持ち主」となる生き物に食べられてしまったという解釈もできるのですね。今やゴリラや猿も食べられていたということから納得せざるおえないですね。ただ、調理した形跡がないことからどう食べたのかということも不思議です。発掘されたもので調理して食べたとかどういった生活をしていただとかというのを推測できる現代というのもまた改めてすごいなとも感じます。

  10. 私も何度か年長さんのお別れ遠足で国立科学博物館に同行しました。最近のブログを読んで、もう一度行き、展示物を先生のブログと擦り合わせて見学すると面白いでしょうね!
    皆さんが反応しているように、ホビットの脳が猿人並の大きさに関わらず、石器を作り、火を使い、自分よりも大きな獲物を狩ったりを可能にしたのは不思議です、ただ現世人類がオーストラリアに入る途中、インドネシアの森の中で出会っているならば、ホビットが現世人類から道具の使い方や火の使い方を学んだとなると疑問が解消されます。しかし、現世人類から学んだとなれば今も生き延びている可能性としてはあったのかもしれませんが、絶滅しているとなると、やはり原因があるのでしょう。

  11. ホビットたちも社会を作り、協力しながら生活するといった能力を駆使しながら生活していたのですね。生物においても協力して狩りをする哺乳類はたくさんいますが、ホビットはどう狩りをしたのでしょうか。道具を使ったのか、それとも身体を使い仲間とともに戦ったのか。ここでは石器の発見もそのヒントをくれます。しかし、それはホビットが使ったのかもしれませんし、逆に別の「石器の持ち主に食べられた」という過程もあるのですね。つい、チンパンジーやゴリラを食べるということを知らないため、抵抗がありますが、その時の環境によってはホビットでさえ、捕食される対象であったのかもしれません。出土したものから過程される人々の営みや進化から様々なことが見えてきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です